スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

不夜城★香港・マカオの旅 その1 

12月29日(土)


今年一番気になった街。マカオ。

最近TVを見ているとマカオのカジノがスゴイらしい。2006年の時点でカジノ収入がマカオがラスベガスを上回ったらしい。香港・マカオっていうと、今までは香港旅行に日帰りマカオ旅行をオプションでくっつける、というイメージだったが、こりゃ、香港よりマカオが見たいよ、ということで、メインはマカオのカジノに設定。
(とは言っても、マカオって結局カジノしかないから、年越しをマカオに設定し、前後は香港散策というプランにしてみました)

マカオに行く、と決めた後で、2007年8月にベネチアンリゾートとやらがマカオにオープンしていたことを知る。カジノのフロアは東京ドームより一回り大きい約5万平方メートルと、世界最大級の広さを誇るらしい。マカオの大きさが世田谷区の約半分ということなので、いかにマカオがカジノで動いているのか察せられよう。
ベネチアンリゾート、超楽しみ!

ってことで出発したわけですが、国際線は1時間前に搭乗手続きがクローズされるのに、何故か空港に1時間前についていればOKと勘違いしていた上に、乗る飛行機がCZ(南方航空)で、国内線のCZは第1ターミナルだけど国際線はどっちから出発するのかわからなくて、時間ギリギリな中、エイっと第1で降りたら国際線は第2だって言われて渡り廊下を猛ダッシュ!CZのカウンターに着いたのが出発50分前でダメだと言われたらゴネようと思っていたところ、実は国際線のクローズは45分前だったのでギリギリでセーフ!

・・・と安心しかけたら、ダブルブッキングなのかエコノミーの席がないので1人だけビジネスに行ってくれ、とのこと。いやいや行くなら2人でしょ?!と大声で抗議し続けたら、なんとなく2人ともビジネスにしてくれました。中国、声の大きいものが勝つの法則。

やったー!幸先いいね、この旅行♪





20080104234349.jpg



20080104234358.jpg
機内食もビジネス!
コースですよ♪
オードブルのポークの燻製、美味しかった☆


20080104234405.jpg
メインデュッシュ
鴨肉 やわらか~い☆


20080104234448.jpg
エビ
機内食は控えめにして香港着いてからガッツリ食べようと思っていたのに
機内食が美味しくて完食してしまいました。


20080104234507.jpg
鉄観音茶
これがまたとても美味しかった!
ビジネスだとティーカップでお茶が出るのね。
茶葉もいいものを使うのね。


 ビジネスクラスに大興奮したまま、香港に到着。


20080104234516.jpg
空港の前からバスに乗って移動。


本日の宿泊は油麻地という下町っぽい雰囲気の残っている地区。
普通の路線バスに乗ったので、35HK$(1HK$=15JP¥;¥525)で着きました。
2階建てバスの2階正面に乗ったので、ネイザンロードに入ると道路に突き出している看板の真下を通り抜けて、迫力満点!香港にキタ~~~~☆という気分を満喫できました。


20080104234523.jpg
ホテルの近くの夜店


20080104234531.jpg
天后廟の近くの占い通り
若者が並んでいました(PM10時ごろ)
20080104234538.jpg


20080104234545.jpg
蟹を食べさせる屋台の店
PM10時半過ぎなのにすごい人!


香港の記念すべき1食目は糖朝
スイーツで有名ですが、食事もできます。
今晩は機内食もしっかり食べたし、夜も遅いので、食事は軽めに、スイーツをメインに。
PM11時でしたが、まだ並んでいました。香港の食は時間帯が遅い!


20080104234554.jpg
糖朝チャーハン
卵の白身たっぷりであっさり塩味で美味しかったです。


20080104234601.jpg
豆腐花と湯葉春巻き


20080104234608.jpg
そして、マンゴプリン


90年代前半に初めてマンゴプリンを食べたのがこの《糖朝》で。
当時、「なんて美味しいものがあるんだろう!」と感激したことを覚えています。
日本に帰って早速自分で作ってみたいと思いました。(まだ日本ではメジャーなスイーツでは無かったのです)
マンゴプリンというからには、マンゴ+プリン、つまり卵と牛乳で蒸せば良いのだな、と考え我流で作ってみました。

結果は・・・。

自分で作った料理史上最悪の出来。
マジで吐きそうになりました。言ってみれば下呂の味。

そのとき、初めて知りました・・・マンゴプリンって言ってるけど、作り方的にはマンゴゼリーなんじゃないか、と。つまり、卵の蛋白で固めるんじゃなくて、ゼラチンで固めてるんですよね。

そのとき以来、マンゴプリンを食べるたびに思います、「お前は本当はマンゴゼリーなんだ!」と・・・。

でも、美味しいからなんでもいいんです♪

ちなみに、生まれて初めてマンゴプリンを食べた旅行で、やはり生まれて初めて「珍珠珈琲紅茶」を道端のスタンドで飲み、これもなんて美味しいんだ!と感動したことを覚えています。

初日を糖朝のマンゴプリンで〆られて、非常に満足!

ここから香港・マカオ 食い倒れの旅が始まります。


糖朝
九龍尖沙咀廣東道100号G-F
Tel:2199-7799
10:0~24:00(月-木)、10:00~23:00(金)、
7:30~翌日1:00(土)、7:30~24:00(日)
↑香港の人にとって、スイーツって夜も食べるものなのね





スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/98-bd7d9b04

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。