スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

《2007・日中文化・スポーツ交流年》グランドフィナーレコンサート@人民大会堂 

11月29日日記

 

《2007・日中文化・スポーツ交流年》グランドフィナーレコンサート@人民大会堂に行ってきました。

071208_01.jpg
人民大会堂
天安門から見て人民広場の右手にある建物。
国会議事堂のようなものです。
大きすぎてパースが狂いますが、下のほうに人がいます。


071208_02.jpg
人民大会堂に入るからなのか、セキュリティーチェックも厳重。
(でもカメラチェックは無し!)


071208_03.jpg
ロビーはこんな感じ。


071208_13.jpg
ちなみに机はこんな感じ。
共産党の全国大会を行っている場所にしては普通って感じ。
 
机つきのコンサートって初めて。


《2007・日中文化・スポーツ交流年》自体がどれほどの認知度を得ているのか疑問ですが、北京の一部ではこの1年、いろいろと盛り上がりました。


 

わたしが参加しただけでも、北京日中民間文化節「美麗新世界-当代日本視覚文化」展2007ANA北京マラソンどなどあり、HPを見るとこの1年でなんと中国中で302のイベントが認定事業として登録されているのですから驚きです。

で、この交流年の締めくくりとしてのコンサートがコレ。

出場者の豪華さにビックリ!交流年親善大使ののりピー(やたら中国で人気がある)や上海の音楽大学の常任教授の谷村新司は分るにしても、のユーミンやGacktまで来ちゃうんですよ!ユーミン、来るんだ~!(大興奮!)

 

【《2007・日中文化・スポーツ交流年》グランドフィナーレコンサート 出場者】

・女子十二楽坊(中)

・紅櫻束(中)

・ヒダノ修一 with 太鼓マスターズ(日)

・Rin'(日)

・w-inds.(日)

・韓雪/中孝介(日中)

・人民大学付属中学 舞踏団(中)

・張也(中)

・酒井法子(日)

・福建雑技団(中)

・徐子崴、Rin'(日中)

・中央民族歌舞団(中)

・沙宝亮/松任谷由実/巫慧敏(amin)(日中)

・高澤偉/ヒダノ修一 with 太鼓マスターズ(日中)

・Gackt(日)

・譚晶(中)

・人民大学付属中学サッカーチーム(中)

・谷村新司(日)

・河南塔溝武術学校(中)

・孫楠(中)

 

こんな顔ぶれなんですが、日本人として言いたいことはたくさんありました。

 

●司会者●

まず、司会者ですが、これはすごかったです。

中国側からは中央電視台(CCTV)の孫宝印さん・朱迅さんの二人がでていたのですが、まず二人の日本語力にビックリ!

孫宝印さん(男性)はCCTVのニュースでも特に日本に関するニュースに出てくるアナウンサーなのですが、ちょっと聞いただけでは日本人が喋っているのかと思うほど流暢な日本語を話します。

朱迅さんといえば、90年代前半、NHKの中国語会話(TV)にずっと出ていた方。わたしはこれを見て中国語を勉強していたので、彼女がCCTVのアナウンサーというのは今日、初めて知りました!もちろん日本語は流暢。

日本側からはNHKの鎌倉千秋アナウンサーが来ていました。中国語で挨拶されましたが、さすがに発音がとても綺麗でした。

3人とも適任!というラインナップで、これは「さすが!」と思いましたね。

 

●出場者●

前述のリストを見るとわかりますが、日・中、釣り合ってないと思いません?

日本側の出場者は軽く紅白?といったぐらいの豪華さと言っても過言ではないと思います。

一方、中国側の“人民大学付属中学”だの“河南~~”だの、文化祭じゃないよ!というような出場者です。

日本人的に「お。」と思うのは女子十二楽坊ぐらい。

前のお祭りの時も同じことを感じたんですが、中国、明らかにナメてません?

そのくせ、出場者の出場時間は中国の方が長くて、春節のときの歌謡番組並みのゴテゴテ衣装のダンサーが何十人も舞台に上がっていて、数でも時間でも圧倒的に中国の方が多い。でも、質は日本のほうが高い。って、何コレ?って、正直思いましたね。

 

●ユーミン●

071208_05.jpg

この3人は愛知万博の時に作られたユニットなのかな?《Friends Of Love The Earth feat.》というユニット名で「国・人種・文化・伝統の違いや歴史の営みによって存在するアジア各国間にある様々な壁(=ボーダー)を“音楽によって乗り越え、一つになろう”というムーブメントを広げていく試み」を行っているそうです。

青春がユーミンの歌と共にあった世代であり、発売日に必死でユーミンのコンサートチケットを取った思い出のあるわたしとしては、北京で生ユーミンを聞けるなんて、神に会ってしまったも同然の感激でした。ユーミンが舞台にいる間は、そこは異空間に感じましたね。

ただ残念だったのは今回はユニットでの参加だったので、ユーミンのあの高音が出る楽曲が無かったこと。

でも、ユーミンが歌った途端「ユーミンだ~~~~!」と感激!

もう一つ嬉しかったのは、生aminを聞けたこと。

aminって誰?っていう人も、サントリーの烏龍茶のCMを歌っていた人、と言えば思い出すかも。

わたしはあのシリーズが好きで、特に《大きな河と小さな恋》という歌は自分達の結婚パーティーの時にも使った大好きな曲です。そのaminの歌声を生で聞けたのも感激しました。

《大きな河と小さな恋》 試聴

●Gackt●

中国語、めっちゃ上手かったです。歌も2番は中国語で歌ったんだけど、ちゃんとGackt風に中国語になっていてカッコよかったし、歌の間に中国語でメッセージを言ったのだけど、上手かったです。初Gacktですが、ものすごい好印象。大河ドラマ、来週から見ます。


071208_06.jpg



●のりピー&新司●

中国での認知度はやはり絶大。中国人の反応が他の日本人出場者とは違いました。

それぞれ1曲しか歌わなかったのは残念。

谷村新司の生『昴』には感動したけど、のりピーはなぜ『世界中の誰よりきっと』を歌ったの?日本人席からは「それはミポりんやん・・・」の声が。

071208_11.jpg


●中孝介●
初めて聞きましたが、「地上で最も美しい歌声」と言われるだけのことはありますね。もっとシマ唄の良さを生かした楽曲で聴きたかった。

●チケット●
今回のコンサートチケットは非売品で、日本人側は大使館や日本人会を中心に配布されていたようです。
が。
相棒がコンサート前に会場付近のKFCにいたところ、相棒が見ていたコンサートのちらしに反応し、女子大生らしき中国人女子が話しかけてきたという。聞くと、彼女達はw-inds.のファンで、チケットを1枚400元で買ったが2階の奥の席なので見えない!と悲しんでいたらしい。「チケット見せてもらっていいですか?」と言われ相棒が見せたチケットは1階席。当然女子からは羨望のため息が・・・。彼女達の情報によると、2階の前方の席は2000元(!)で売られていたとか。(彼女達も遠慮して相棒のチケットの値段は聞かなかったとか。無料だとは言えないよな・・・つか、本来無料なんですけど。
この話に興味を持ち、会場付近のダフ屋に1階席の値段を聞いてみたところ、1枚400元でした。開演直前、ということもあったろうけど、彼女達、足元見られましたね。
今回のコンサートは日本人/中国人各3000人を招待、という企画のはずなんだけど、明らかに中国人の方が多い。
主にw-inds.とGacktの中国人ファンを狙っての不当販売及びダフ屋へかなりチケットが流れていたようです。
2階の後ろ席に400元出せる学生もスゴイけどね。
(ちなみにw-inds.狙いの中国人ファン、めっちゃ多かったです)




●以下、やってくれました!中国シリーズ!●

071208_04.jpg
春節の歌番組風
もじもじ君風柳の精?


071208_07.jpg
日本人観客がどよめいたシーン。
本来は中国人歌手が五輪真由美の『恋人よ』を日本語で歌う、という聞かせるシーンのはずなのですが、横から巨大なボールの中に入った男女が出てきて、目はそちらに釘付けに。

071208_08.jpg
ボールを中から転がしながら踊っています。

071208_09.jpg
しかも反対側ではヨガボールみたいなものを抱えて
何かを演じている青年が・・・。
ダンサーが気になって歌を聞く余裕がありませんでした。
果たしてこの演出の意図は・・・?!
ユーミンやGacktは必死でダンサーの出演を断ったのだと思います。

071208_10.jpg
人民大学付属中学サッカーチーム
こんなこと練習しているヒマがあったらサッカーの練習をしろ、と言いたい。

071208_12.jpg
フィナーレは男の子と着物風の服を着た女の子が登場。
これは可愛かったです。
2005年の反日騒動を思うと、嘘の様な展開です。



総括として、人民大会堂でこんだけの歌手が来るコンサートをタダで見られた、というのは非常にお得であったと思います。

非常満意!

+++
全然関係ないおまけ画像

帰りの地下鉄の駅にて撮影。

071208_14.jpg
パンの広告
よく見ると・・・

071208_15.jpg
BINBO
幸せの味、って言われても・・・。




 

 


 

スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

バックダンサーはホント訳が分かりませんでしたね。
わたしとしては『昴』のバックで無駄に優雅に踊っていた社交ダンスも相当気になりました。

「世界中の誰よりきっと」は、今年酒井法子がカバーしたんですよ。
ということで、一応彼女の持ち歌ってことになるようです。

おもしろそうな会でしたね。私も行きたかったなあ。

すごーい!つっこみどころ満載ながらも、なかなか楽しいコンサートだったようで、無料でこんなに寝たを見られてうらやましいです!日本人会入ろうかな。。。

v-255けいさん
けいさんもいらしていたんですね!
昴のバックダンサー、確かに気になりました。
ついそっちを見てしまうので、あれはダメですよね・・・。(中国人は気にならないのか?!)

v-255xiaomiさん
そうだったんですか!北京の人は知らない情報ですね。しかし何故今年・・・しかも、酒井法子って日本でまだ歌手として認知されているんでしょうか?

v-255ガア子さん
毎度の事ながら、つっこみどころ満載ながらも豪華ゲストで楽しめました!
確かにタダっていうのもポイント高かったですね。

ともこさんの突っ込みサイコウっす!

僕は、ほら、みなさんと違ってご招待されなかった口ですから、ブログに突っ込みの日記を書いても、ひがみっぽいじゃないですかw

v-255ジウさん
今回のチケット、結構入手経路が偏っていて、わたしも職場方面では全くチケットが回ってこず、実は相棒経由で留学生方面からアクセスして入手しました。会場に若い人を多く呼びたい、ということで、留学生の方に情報をたくさん流していたようですよ。

凄い詳細なレポート形式blogですね!!私も現場にいたのに、写真も撮らずボンヤリしすぎでした!!
バックダンサーの皆様は強烈でしたよね。特にバランスボールで切なげに踊っていた男の子に目が釘付けになってしまいました。
Gacktさん、一人だけ中国語で持ち歌を披露されてましたね。その努力に感心しました。そして最後の閉幕際にファンの声援に答えて手を振ったりと優しい所が垣間見えて好印象でした。
ノリピーは体調でも悪かったのでしょうか。オーラが無くて、これもまたビックリしました。

v-255ネコバカさん
バックダンサー、どれも強烈スギでしたよね。
そうそう、バランスボールの人も何をやっているのかわからなくて気になってしまいました。
わたしもGacktは好印象!
のりピー、本当に「ホントにのりピー?」っていうぐらい印象薄かったですね!

帰国以来お世話にになっている美容師さんがw-indsのヘアメイクしてるんです。この間美容院に行ったときこの話題になりました。

私、「w-indsってジャニーズなんですか?」とかきいちゃう人なのですが(笑)、今年は数回渡中してて、何ヶ月かに一回は美容師さんから中国行ってきました報告を受けてます。

ちなみにこの美容師さんは北京時代にお世話になった美容室b××gsの○田さんに紹介いただいた方です☆

v-255Pingaさん
お久しぶりです!
わたしもw-indsってジャニーズなのかナンなのか良く知りません・・・。w-indsのヘアメイクさんって、ファンにはタマラナイ存在ですね!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/84-89920917

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。