スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

春は市場にやってくる@北京 

リアカーで果物を売っているおじさんの販売アイテムを見ていると、季節の旬がわかる。
彼らが一番季節に敏感なのかもしれない。

北京は黄砂が吹き始め、柳の輪郭がほんのり緑を帯びて来て、リアカーのおじさんたちが近郊で採れた桑の実と、南で採れたマンゴを売り始めた。

桑の実を見ると、「春が来た!」と思う。
そこで、春の味覚を探しに、三源里菜市場に行ってみた。

100326_haru(3).jpg 
 
あったあった!朝採りらしきフレッシュな筍!

1斤(500g)10元(約140円)で、これは小さめの350g程度だったので、8.2元。

日本人的には、春と言えば筍!なんだけど、中国人はあまりそういうのは無いのかな?
この市場でこそフレッシュな筍が山積みされているけれど、他の市場ではそうでもないし、ウチの近所の京客隆やBHGではまだ新筍はお目見えしていない。
そうかと思えば、夏の「え?今、筍?」というシーズンにスーパーで生の筍が売られていたりして、筍=春、というイメージが中国人にはあまりないような気がする。

去年何度も買いに通った白アスパラはまだお目見えしておらず。

100326_haru(1).jpg 
桑の実 (英語で「mulberry」、中国語だと「桑葚(sang1shen4)」)

 
桑の実もゲット。1箱10元。
リアカーのおじさんのだともっと安いけど、大量購入しないといけないので、ジャムなど作るのでなければこの程度で充分。

中国では蚕の幼虫をよく食べるので(少なくとも北京のスーパーでは普通に売られている)、蚕に食べさせるために桑の葉を育て、その副産物としてこの時期桑の実が出てくるのだと思う。

だとすると、どこで買っても無農薬品だからこれは生で食べても安心!(BHGで買うと、同じぐらいの量で18元!)


◆過去の関連記事;
桑の実でコンフィチュール@北京 

@@@

100326_haru(2).jpg 

 
春の味覚じゃないけど、この前作ったアボカド丼が美味しかったので、アボカドをついに購入!
すごく高いイメージがあったけど、市場で1個9元だった。
まぁ、高いと言えば高いけど、9元で2人分の丼になるなら、まぁいいか、と思って。
スーパーで買うと、もっと高い。(BHGだとこの約2倍の値段がする!)


@@@

家に帰ると、早速筍の下茹で開始!

100326_haru(4).jpg 
米のとぎ汁+唐辛子を入れた水を筍が浸かるぐらい入れ、
落とし蓋をして沸騰してから1時間、コトコト茹でる。
茹でたら湯が冷めるまでそのまま入れておき、
冷めたら筍をカット。

買った時には350gあった筍も、皮を剥いで、茹でて食べられるところだけにしたら意外とちょっとだけ。
なので、今回は土佐煮までは作らず、筍御飯と筍の澄まし汁で春ご飯に。



100326_haru(8).jpg  
ゴロゴロ筍入り!
これが食べたかった~♪
Cpicon たけのこご飯 by とほほ

@@@

先日見ていた『ためしてガッテン!』で、グリーンピースの美味しい食べ方をやっていた。
わたしはグリーンピースが苦手で、食べられないほどではないけれど自分からは調理はしない。
これって少数派かと思っていたら、『ガッテン!』で特集を組むほど多数派のようで、この放送はガッツリメモ取りながら見た。

『ためしてガッテン!」今が旬!豆ご飯革命:

で、試してみたのが、グリーンピースの天麩羅。

100326_haru(7).jpg  
奥がグリーンピースの天麩羅。
手前はトウモロコシの天麩羅。

グリーンピースを美味しく食べるコツは、フードプロセッサーなどで豆をまず米粒大に砕くことらしい。(包丁でも可。米粒より小さくすると食感が無くなるので注意らしい)
 
その後は、その“みじんピース”に1センチに切ったエノキダケを入れ、小麦粉+水を入れて溶き、揚げればOK。
トウモロコシの方も同じ感じで、こちらは砕かず粒のまま。

これは映画『歩いても、歩いても』の冒頭で希木樹林が作っているのが美味しそうで真似したものだけど、映画のように生トウモロコシの実を剥いで作ると、北京のトウモロコシは甘みが薄く、モチモチした食感があまり天麩羅に合わないので、今回はコーン缶を使用。

コーン缶から出したトウモロコシの粒に小麦粉+水+卵半個を溶いて混ぜ、ちょっと塩コショウを振って揚げたもの。


小麦粉の濃度が薄いとトウモロコシが揚げ油の中でバラバラになるし、濃いと小麦粉の味の方が前面に出てしまうので、小麦粉の量に注意することだけがコツ。
この天麩羅は甘くて美味しい。

みじんピースの天麩羅は、知らないで食べたらグリーンピースと思わないかも…というぐらい、あの独特の青臭さは消えていて、ほんのり野菜っぽい甘さが残る。
正直言って、思ったほど劇的に美味しくならなかったのだけど、この調理方法は面白いので、下味の付け方とか揚げ油の温度調整とかで、もっと美味しくなる可能性大。
色が綺麗なので、もう少し研究してみたい。

100326_haru(9).jpg  
市場で秋刀魚が美味しそうだったので、焼き魚+筍御飯定食に。
秋刀魚は1斤8元で、大き目を2本買って5元だった!
澄まし汁には余ったエノキダケを入れたら多すぎて、筍が見えなくなった・・・。

@@@

100326_haru(5).jpg 
桑の実はそのまま市販のヨーグルトに投入。

カップのまま、中にポイっ!
酸味も甘みも強くは無いが、プチプチした食感が好き。

100326_haru(10).jpg  
ストロベリー&桑の実(マルベリー)で、ダブルベリーのヨーグルトかけ。
これだけでも春のスイーツに♪

次の“春ご飯”はホワイトアスパラだな♪

+++

 
◆中国茶の販売を開始いたしました!@三全公寓 《種字林》
三全公寓内『種字林』さんにてお茶を販売します!@北京 
※種字林@北京 営業時間;(10時~19時) 土日も同じ。

◆上海でも販売を開始いたしました!@泰康路《種字林》
上海でもお茶のお取扱い始めます 
 

御愛顧のほど、宜しくお願いいたします!
 
+++
 
何かお役に立てたなら、クリックしていただけると嬉しいです! 
 
tag_green.gif    

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

+++ 
  
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。  
 
《週刊中国的生活》 
index:レストラン 
《週刊中国的生活》 
index:中国茶 
《週刊中国的生活》 
index:北京おもしろSpot 
《週刊中国的生活》 
index:料理《胡同食堂*菜単》
 
+++   


スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

はじめまして。
中国語の勉強を始めたものです。
リンクさせて頂きました。
宜しくお願いします。

〉パンーダさん

コメントありがとうございます!

リンクをありがとうございます。
サイトの方も拝見いたしました。
では、こちらからも相互リンクさせていただきますね。

今後とも宜しくお願いいたします。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/722-e638bd64

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。