スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

北京で雛祭り。 

3月3日は雛祭り♪

100303_hinamaturi(2).jpg 

これは先月一時帰国していたときに、実家の母が一足早く出しておいてくれた雛人形。

冬に帰国するのは2005年に北京に来て以来初めてだったので、この雛人形を見るのも5年ぶり。

これは母の年上のいとこか誰かが買ってもらったものを母がもらい受けたものなので、60年以上の歴史がある古いお雛様。
特にこれと言った家宝も名誉も無い我が実家だが、敢えて“我が家のお宝”を挙げるとすると、この雛人形か。

昔のものなので、人形の顔が小さく、古い日本人の顔をしている。
つまり、お公家さん顔?

 100303_hinamaturi(3).jpg

 100303_hinamaturi(4).jpg 

人形は買った当初のままだが、パーツが古くなっていく、ということで、一番最近屏風やぼんぼり、橘などのお花を買い替えたのが、昭和44年!(パーツの後ろに書いてあった)=1969年!40年前。

これって実はわたしが生まれた年・・・。

女の子が生まれたから、パーツだけ買い替えたのかな?

その当時買い替えた祖母が、既に

「最近の雛人形は大きいから、パーツが大きすぎてうちのお雛様に合わない」

と言っていた。(実際にわたしが聞いたのは、小学生になってからだけど。)

それから40年も経ち、再びお花が古くなったので、先日の帰国時に母と買いに行ってみたのだが、やはり大きいし、色見も華やか過ぎて、ウチのお雛様には合わないな~と言って、結局浅草橋まで行ったのに買ってこなかった。

最近のお雛様は、目がぱっちりとしていて、やはり昔のものとはお顔が違うし、御着物の色合いも違う。

この件については、またまた来年に持ち越しとなった。(こうして数十年が軽く過ぎて行くんだな・・・)

@@@

そして、我が家の雛祭り。

100303_hinamaturi(6).jpg 
ちらし寿司・ミートボール・春菊の胡麻和え・白梅紅梅みたてのお吸い物
おしんこ

気分だけでも・・・と、ちらし寿司を作ってみた。

我が家にちらしの素があるかと思ったら無かったけど、三源里の市場で入手したすし酢があったので、煮漬けた具を混ぜて、意外と簡単にできた♪
かんぴょうが無くて、レンコンを買い忘れたので、代わりに三杯酢で下味をつけたキュウリを最後にサクっと混ぜたら、さっぱりして美味しかった。

100303_hinamaturi(5).jpg
京深海鮮市場の乾物コーナーで入手した「どんこ」。
これが肉厚で美味しかった!

半日かけて水でゆっくり戻したが、肉厚だったので、細かく切るのが勿体なくて、大きめにざくざく切って、食感を楽しんだ。


余談だが、日本で初めて「どんこ」という言葉を聞いた時、

「どういう意味???」

って思ったのだけど、中国に来て、肉厚の干しシイタケ(まさに「どんこ」)の袋に

冬[dong1gu1];どんぐぅ

と書いてあるのを見て、

「これかっ!!!」

と思った。

どんぐぅ→どんこ、合ってますかね?


 

 

+++

 
◆中国茶の販売を開始いたしました!@三全公寓 《種字林》
三全公寓内『種字林』さんにてお茶を販売します!@北京 
※種字林@北京は、20日から通常営業(10時~19時)をしています。

◆上海でも販売を開始いたしました!@泰康路《種字林》
上海でもお茶のお取扱い始めます 
 

御愛顧のほど、宜しくお願いいたします!
 
+++
 
何かお役に立てたなら、クリックしていただけると嬉しいです! 
 
tag_green.gif  
 

+++ 
  
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。  
 
《週刊中国的生活》 
index:レストラン 
《週刊中国的生活》 
index:中国茶 
《週刊中国的生活》 
index:北京おもしろSpot 
《週刊中国的生活》 
index:料理《胡同食堂*菜単》
 
+++   

スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

えらい!

日本に住むとどんどん手抜きになる。だって~便利なものがあふれてるんだもの~。私はちょっと奮発して金沢のちらしのもとで作りました。ごまあえか~。うちのアメリカ人はあまい和風の野菜を認めないんであっさりとおひたしに。でも季節感を楽しむのも海外では重要ですよね、意外と。

  • [2010/03/05 08:29]
  • URL |
  • 陸太太@六本木
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

うちは先週日本で寿司三昧(っても、買って帰ってくるとか、手巻きとかで、寿司屋には行ってない)だったので、ひな祭りが来る頃にはちらし食べる気も起きず、パスタで終了でした。

日本の実家のお雛様は、亡き祖母が生まれた大正8年に曽祖父母が購入したもので、祖母の実家にあったのですが、曾祖母が亡くなったときに祖母が妹達に取られちゃかなわんと、実家から強奪してきたと言う曰く因縁つきのもの(苦笑)。桐製の御殿の中に入ってます。
我が家にも子供が生まれたときにお雛様を実家からもらって、ちゃんと飾ってます~。

体調如何ですか?ご自愛下さい。

>陸太太@六本木さん

わたしも日本にいたら、便利グッズ使いまくりです。
まぁ、ここでは無いのを前提に、無いところを工夫するのが楽しい、というのもありますが。
こちらでは、こちらの風習と、日本の風習と、両方楽しめるので、結構お得感ありますね!(元宵節には元宵を食べたり…と、楽しんでいます)

>wankoさん

おかえりなさいませ~♪
日本帰りだと、北京はより一層寒いですね。

wankoさんのところはお嬢さんお2人なので、雛人形も飾り甲斐がありますね。
実家の雛人形は、まだ所有権は母にあり、わたしにも譲渡されていません。
まぁ、北京に持ってこられないですしね。

雛人形って、一時しか飾らないけど、良いものですね。

体調、回復しつつあります。
ありがとうございます!<(_ _)>

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/711-afc80e08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。