スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

龍潭廟会@昆虫宴とアニメ篇 

2010年春節@龍潭公園廟会  続編。

北京でも規模と人気を二分する地壇公園廟会と龍潭公園廟会。

わたしはそれを、以下のように定義する。

「見世物小屋の地壇、昆虫宴の龍潭。」

 で。

今年の昆虫宴を定点チェック!

※食べ物とは思えないような昆虫画像が登場するので、苦手な人は見ないでネ♪

100217_longtang(6).jpg 

キタよーーーーーーーーーーーーーー!


100217_longtang(7).jpg 

アップで。


100217_longtang(7a).jpg 
サソリの串刺し

100217_longtang(7b).jpg
これが看板の左に書いてあった
タイ国の「黒サソリ王」?
デカイ・・・
こんなんかぶりつくヤツ、いるか?

100217_longtang(7c).jpg
ムカデ&芋虫の一本串。
どや!

100217_longtang(7d).jpg 
北京的には定番のカイコ&幼虫の串刺し。

見てるだけでめちゃキショイ。
勿論わたしは食べてません。

でも、これ、若い男の子などは比較的普通な感じで齧っている。
罰ゲームとかではなさそう。
習慣って、スゴイな。

100217_longtang(20).jpg 
羊肉串屋だと油断していると・・・

100217_longtang(21).jpg
ここにも虫が~!
サソリ&蚕
このあたりだと、「昆虫宴」レベルには未だ至らないらしい。

@@@

100217_longtang(14).jpg 
菱の実
日本だと忍者が武器として撒く“巻き菱”ぐらいでしか聞いたことが無い
中国では食べるらしい。

100217_longtang(17).jpg 
たこ焼きの次はタイ焼き。
何故か「韓国」と書いてある。

100217_longtang(18).jpg 
並べ方がちょっと不思議だが、まぁ外観は合っている。
食べていないので、餡は未確認だが、
日本の進化したタイ焼きがここにくれば圧勝できると思う。

100217_longtang(27).jpg
“台湾湾式エッグタルト 可麗餅”
って、大判焼きじゃん!
完璧に日本のだろ。
餡はジャムが入っていて不味そうだった・・・。
日本の大判焼きやさん!ここでも勝てますよ~♪


100217_longtang(19).jpg
生牡蠣も焼いていた。
怖いから食べてない。

100217_longtang(16).jpg
たこ焼き以外で唯一食べたのが、
ちゃんとコックの格好をした人が調理しているコーナー。
以前、ここのを食べて美味しかったので。

 100217_longtang(15).jpg
1個2元のパオズ。
味は良かったが冷えていた。
やっぱりこんなところで買うんじゃなかった・・・。

100217_longtang(26).jpg
蜂蜜糕
山東省名物、と書いてあり、廟会以外では見かけない。
蜂蜜の味がしたサクサクしたお菓子で、
口の中で溶けるのが美味しい。
毎年買ってたけど、甘過ぎて食べきれないので、
今年は買わなかった。

 100217_longtang(10).jpg
今まで正規のブースが並んでいた場所がかなりチベット屋になっていた。
みんな同じものを売っていて、売れているのか?

100217_longtang(23).jpg
無許可で販売していたらしく、警察に撤去させられているチベット屋。

100217_longtang(24).jpg  
その横で買ったばかりの鉄砲で遊ぶおじさん。

100217_longtang(28).jpg 
のぞき小屋。
じゃなかった、覗いて紙芝居みたいなのを楽しむやつ。
意外と大人に人気。

100217_longtang(29).jpg
今年の人気アイテムはパロディーZippo。
「処男証」「禁止借煙(もらいタバコ禁止)」など書かれたライターが
1個10元で売られていた。
日本人は絶対スナックで使うんだろうな。

100217_longtang(30).jpg
日本のアニメ雑誌

龍潭廟会の面白いのは、最後のエリアがDVDや本のコーナーになっていて、最初は真面目な書籍なのだけど、後半はアニメ一色。ほぼ100%日本のアニメ。
アニメのDVDもあれば、日本語のままのアニメ関連雑誌もざっくざく。
ジブリの絵コンテ集も日本語のまま売られているし、中国語に翻訳された画集もある。

写真の雑誌は日本語のオリジナル版。
最新のもので2009年12月号だからかなり新しい。
価格も日本円価格と同程度だったので、これは日本で売れ残った雑誌を安く買い取って中国に流しているんじゃないかな。
普通の本屋では見かけないけど、中関村に行けば、こういう雑誌を売っている店があるのかも。
ジブリの今年のカレンダーは15元だった。

@@@

ってことで、今年も廟会も堪能しました~☆

◆過去の廟会情報◆

【2009年廟会】
朝陽公園廟会@北京 
【地壇公園廟会】参拝編@北京 
【地壇公園廟会】煮え煮え見世物小屋編@北京 
【龍潭公園廟会】煮え煮え昆虫宴とチベット族のアクセサリー商編@北京 

【過去の廟会】
北京の廟会1*おかしなグッズ篇 
北京の廟会2*ゲテモノ屋台篇 
北京の廟会3*『双頭姑娘』篇 
北京の廟会4*チベット寺院 雍和宮篇 

+++
 
◆中国茶の販売を開始いたしました!@三全公寓 《種字林》
三全公寓内『種字林』さんにてお茶を販売します!@北京 
※種字林@北京は、20日から通常営業(10時~19時)をしています。

◆上海でも販売を開始いたしました!@泰康路《種字林》
上海でもお茶のお取扱い始めます 
 

御愛顧のほど、宜しくお願いいたします!
 
+++
 
何かお役に立てたなら、クリックしていただけると嬉しいです! 
 
tag_green.gif  
 

+++ 
  
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。  
 
《週刊中国的生活》 
index:レストラン 
《週刊中国的生活》 
index:中国茶 
《週刊中国的生活》 
index:北京おもしろSpot 
《週刊中国的生活》 
index:料理《胡同食堂*菜単》
 
+++  
 



 

スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/703-c30a844e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。