スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

三源里市場で秋刀魚・サーモン・ピーカンナッツ&都会派煎餅 

春節前の年末の買い出しで、三源里の市場へ。

三源里の市場と言えば、海鮮。
美味しそうな秋刀魚があったので、サーモンと一緒に購入。
秋刀魚(中国語も同じく“秋刀魚”[qiu1dao1yu2])は1斤(500g)8元で、2匹で4元(56円)。サーモン(三文魚[san1wen2yu2])は1斤34元で大き目のを買ったので、61元(855円)。

100212(1).jpg 
魚を焼く網が無いため、フライパンで焼いた。(1匹入らないので、半分にカット)
テフロンのフライパンに油を引かず魚を入れて、
日本酒を大さじ1程度垂らしたのち、蒸し焼きにして、
片面が焼けたらひっくり返して焼き、
最後に蓋をあけて焼いてみた。
魚グリルで焼くほどの美味しさにはならないけど、
北京で食べるには十分。
たっぷりの大根おろしとポン酢で。
秋刀魚ととん汁定食。

100212(2).jpg
サーモン
太いところで幅20センチ!

100212(3).jpg
分厚いのもできちゃったけど、スライスして塩じゃけに。
7切れ取れたので、1切れ約8.7元(121円)。
ちょっと高級品。春節だしね。

@@@

市場の中をぶらぶらと眺めていたら、先日Y子さん宅で頂いて美味しかった“長寿果[chang1shou4guo3](ピーカンナッツ)発見。
このナッツ、見たことはあったのだけど、いかにも固そうだったので食べたことは無かった。
それが、Y子さん宅で頂いたところ、非常に美味しく、割れ目が入っているナッツはなんとか手でも皮をむけることがわかったため、購入してみた。1斤35元で、20元分購入。

100212(5).jpg 

クルミより渋みが無くて甘みがあり、ちょっとチョコレートみたいな味がして、非常に美味しいのだけど・・・

ナッツ類で最も脂肪が多く(約72%)、別名は「バターの木」。

wikiより

あ~・・・美味しいものって・・・。

でも、パンやタルトに入れたらとっても美味しそうなので、今度がんばって皮をむいて調理してみたい。

@@@

この市場によくいらしていたさなえさんより、ここでプレジデントの生クリームが12元で買える、との情報を頂いていたので、それも探してみた。
なんせ、プレジデントの生クリームは、BHGで買ったら1個26元。高すぎる!でも、10元代のネスレは味がイマイチ・・・。

コーヒー豆とかチーズなどをやたら売っている、いつも外国人でいっぱいの店に行き、店の冷蔵庫を確認してみると、残念ながらプレジデントは売り切れだったが、「Elle&Vire」というフランス製の生クリームが198g入りで12元だったので、こちらを購入。これはBHGでは見たことが無いので他でいくらなのかわからないけど、12元だったら安いし、ネスレよりは美味しいだろう。
生クリームの買い置きがあると、お菓子や料理を作る際、ワンランク上の美味しさになるので、嬉しい。
(同じ店で、プレジデントのスライスチーズが1パック18元だった。BHGなら20元ちょい[今丁度BHGでもセールで17.8元で売っていた!]。コーヒーやチーズ類が充実している店は1軒しかなく、欧米系・インド系・アフリカ系の外国人が出入りしているので行けばわかると思う。)

さなえさん、お宝情報、ありがとうございます!

@@@

この市場の向かい側に京客隆というローカルスーパーがあり、ここのレジ前で焼いている“煎餅[jian1bing]”(クレープみたいなスナック)が雑穀系の生地で美味しい、との情報をさなえさんより頂いていながら、なかなかここまで来ることがなかったのだが、この日丁度お腹が激減りだったので、そのウワサの煎餅屋に行ってみた。

生地の種類が蕎麦・緑豆・紫米等5種類ぐらいの雑穀から選べる。

緑豆をセレクト。

大きな鉄板に薄~く生地を伸ばし、正にクレープのように焼く。

両面が焼けたらこの店の場合、まず卵を1個割り生地の上で伸ばし、刻んだザーサイ、ネギ、香菜をのせ、パリパリの生地を乗せた後パリンと手で割る。
その後、生地に味噌と唐辛子ペーストを塗りながら折り畳んでいく。

他の店と違うのは、生地がとても薄くてサクサクしていて軽いこと(小麦じゃないから?)、ザーサイが入っていること、“パリパリ”は普通“油餅[you2bing3]”という小麦の生地を揚げたものなのだけど、ここのは春巻きの皮を揚げたような、もっと薄くてパリっとしたものだった。

一口食べて、さなえさんが絶賛していた理由を理解できた。

めっちゃ、美味しい。

わたしが今まで食べた煎餅の中で、一番味が洗練されている。

まず、パリパリが薄く、折りたたんで何層にもなっているので、サクサクっと食感が良い。
これが油餅の場合、もっと油っぽいし、食べている間にサクサク感が無くなってくるが、このパリパリにはそれが無くてずっとサクサクしている。

生地を焼く時の油の量も少ないのか、食べる時に生地がべとつかない。
街角の屋台で買う煎餅は、もっと生地がテカっていて、生地自体は、サクサク感よりももっちり感のほうがある。

そして、畳まれた生地の間に塗られている味噌がこれまた旨い。

1個でかなりのボリュームがあるので、軽く1食になる。
1個4元で、このクオリティーはスゴイ。
ウチの近所にも欲しい。2日に1度は昼食にしたい。5種類あるから毎日でもいいや。

敢えて難があるとすれば、庶民の道端スナックである“煎餅”がこんなに洗練されていいのか?!というぐらい。
それぐらい、めっちゃ都会派煎餅。

また別の種類を食べに行きたい。
(ランチタイムは長蛇の列らしい)

北京の代表的な街角スナックの“煎餅”。
いつも屋台のを見ていて気になるけど、衛生面が気になって・・・という方、ここの煎餅は一応店内で焼かれているし、焼いている人はずっとマスクとビニールの手袋を着用しているので、ここなら安心か、と。
三源里市場のお帰りに、是非♪

@@@

100212(6)map 
地下鉄10号線亮馬橋駅(←“燕莎橋”じゃないから注意!)
から徒歩約15分。
三源里市場は、ハーブ類も比較的充実している。

+++
 
◆中国茶の販売を開始いたしました!@三全公寓 《種字林》
三全公寓内『種字林』さんにてお茶を販売します!@北京 
※種字林@北京は、2月13日~17日は春節休み、18・19日は10時~16時の短縮営業、20日から通常営業になります。

◆上海でも販売を開始いたしました!@泰康路《種字林》
上海でもお茶のお取扱い始めます 
 

御愛顧のほど、宜しくお願いいたします!
 
+++
 
何かお役に立てたなら、クリックしていただけると嬉しいです! 
 
tag_green.gif  
 

+++ 
  
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。  
 
《週刊中国的生活》 
index:レストラン 
《週刊中国的生活》 
index:中国茶 
《週刊中国的生活》 
index:北京おもしろSpot 
《週刊中国的生活》 
index:料理《胡同食堂*菜単》
 
+++  
 

 

 

 


 

 

スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

日本語の問題

まとめ読みして、ふと思い出す。ねぇどこかに「私は出不精」って書いてなかったっけ? 
その日本語の使い方、ともこさんが言うのは絶対に間違ってると思う。(笑)
おかえりなさーい!をまだ言ってなかったっけ。いよいよ虎年!今年もよろしく~♪

煎餅

京客隆の煎餅食べてみられたのですね!あのパリパリのは「緑豆的」って言ってました。油っこくなくてヘルシーですよね。
最近はその隣で餃子包んでいますよね。気になりながらも試せなかった。。。

> zhaoさん

新年快楽~☆虎年大吉~☆

いえいえ、わたし、日常的な買い物等は徒歩圏内から出ていませんことよ。
美味しいパン屋さんがあると聞いても、徒歩圏外だとついでがないと行かないので、これってやっぱり出不精では???
意外と引きこもってます。実は。

>さなえさん

京客隆の煎餅、あれ、本当に美味しかったです!もっと近かったら良かったのに~。
ウチの近所の京客隆にはなんで煎餅屋が入っていないんでしょ。
パリパリは緑豆ですか~。だからあんなに軽い食感なんですね!
あの味は忘れられない!また近いうちに他の生地を試しに行ってみます。
餃子も包んでました!あれも気になりますね。今度試してみようかな。

お宝情報、ありがとうございます!<(_ _)>

お手軽スナック

煎餅は子供の大好物。以前はお手伝いさんに買ってきてもらっていて、よく食べてました。今はそのお手伝いさんがいないので、なかなかおいしいものに出会えませんでした。今度試してみます。
私の好きな北京のお手軽スナック、肉莫餅。好きでいろんなところで、ためしますが、
中国語の先生に教えもらったお店がピカイチです。
場所は東三環路から三全公寓に行く道沿いにある、小さいお店です。(曲がってすぐにあります)パンもそこで焼いていて、注文すると、よく煮込んだと、ピーマン(辛い)、香菜を包丁でたたいて、パンにはさんでくれます。ひとつ5元です。

>テルさん

コメントありがとうございます!

肉莫餅も美味しいですよね!
教えて頂いたお店、ウチから遠くないので、今度行ってみます。
ありがとうございます!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/698-46d67ab1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。