スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

復帰後(?)第一弾はアワビ!@北京 

北京に戻ってきたところで、台所を見渡すと・・・米が無い!
春節を米なしで過ごすことはできない・・・買いに行かなくては。

できれば南湖綜合市場のお米屋さんの黒竜江省の米を買いたいが、春節前なので帰省してるかも・・・。無駄足を踏まないためにも電話してみたところ、まだいるよ~とのことなので、急いで市場へ向かう。

米を買い、キムチ・韓国海苔・カットわかめ等買い物を済ませたあと、アイテムチェックのため海鮮コーナーを覗いていると、前回松葉蟹と毛蟹を買ったお店のお兄ちゃんが、

「今日は蟹、買わないの?」

と声をかけてきた。

「今日は要らない

と言ったら、

「じゃ、アワビはどう?」

と大連産のアワビをお勧めされた。
アワビなど殆ど食べたことが無いため、これはこの機会に食べておかなくては・・・!ということで購入。
1個8元。

100209_awabi(3).jpg 
活きが宜しく、想像以上に気持ちの悪い動きをするため、
以後の調理は相棒にお任せ。
(左の2個はひっくり返ろうと思いっきり貝が伸びている)

100209_awabi(4).jpg 
1個7~8センチと小ぶり。

まずは活きている貝を良く洗った後、塩をすりこみ5分ほど放置。

100209_awabi(6).jpg 
流水で裏側まで良く洗う。
*相棒がやっています。

100209_awabi(5).jpg
塩を大量に刷り込まれ、硬くなってしまった貝。
拷問をしてるようで、申し訳ない気持ちに・・・。

放置後、再度洗って塩を流す。

調理方法を検索してみると、この後、先に貝を貝殻から切り離し、肝を取り除く、という調理方法と、蒸してから取り除く、という2つの方法が出てきたので、まず活きている段階で取り除こうとしたのだが、貝もがんばるのでこれがなかなか綺麗にできない。

1つだけ活きている状態で切り離し、あとの3つは蒸してから作業を行うことにして、貝の上に酒をたっぷりとかけ、蒸し上がった蒸し器に入れる。
蒸し時間は、今回は2分半。

蒸した後の貝は貝殻から切り離すのも簡単で、肝もつぶさずに綺麗に取れた。

緑色の肝を上に貝を置くと、下側に赤色っぽい貝の口が見えるので、口の周囲に切り込みを入れ、口と肝を貝から切り離す。
口の部分は捨て、肝は細かく切り、おろし生姜と醤油を混ぜて肝醤油に。

100209_awabi(8).jpg 
酒蒸しアワビの肝醤油添え

アワビちゃん、小さいながらも旨い!

わたしは魚介類の肝はあまり好きではないので、肝醤油もダメかな・・・と思いながらも食べてみたところ、生姜が効いていて、全然OK!
逆に、肝好きな相棒は、生姜がもっと少なくても良かった・・・と言っていたので、肝のみじん切り+醤油を混ぜたものを作り、生姜は自分でお好みのブレンドにする、というスタイルでも良かったかも。
ちなみに、今回は、肝4つに対し、生姜は小さじ1杯半程度、醤油は適量。

蒸し時間も、1分程度と書かれているものから2~3分、と幅があったので、試しに2分半蒸してみたが、もっと短くても良かったかも。(貝が小さかったので。)

小さかったけど、とりあえず1人16元でゼイタク気分を堪能できたので良かった。

この倍ぐらいの大きなアワビ、手に入らないかなぁ。(廉価で。)

実は、貝を買うにあたり、以前北京の某市場(南湖ではない)でアサリを買い、酒蒸しにしたところ、食中毒になり一晩七転八倒の苦しみを体験した我々は、アワビは大丈夫かな・・・と調べてみたところ、食中毒になりやすいのは、プランクトンを食べている2枚貝で、アワビは水草を食べている1枚貝なので、食中毒には殆どならないとのこと。
それを読んで、安心して2分半という超短い蒸し時間でも食べる気になった。
貝の食中毒は本当に怖いので、皆さんも気を付けてください。(見ても食べてもわからないから怖いんだけどね・・・)

@@@

100209_awabi(1).jpg 
市場で買った、ちょっとシックなトマト。
これで一応食べられる状態らしい。
お味はフルーツトマトよりあっさりと甘みが薄く、皮もしっかりと硬めなので、
生食より、タイカレーやパスタなどの料理で、
軽く火を通すのに向いているかも。

+++
 
◆中国茶の販売を開始いたしました!@三全公寓 《種字林》
三全公寓内『種字林』さんにてお茶を販売します!@北京 
※種字林@北京は、2月13日~17日は春節休み、18・19日は10時~16時の短縮営業、20日から通常営業になります。

◆上海でも販売を開始いたしました!@泰康路《種字林》
上海でもお茶のお取扱い始めます 
 

御愛顧のほど、宜しくお願いいたします!
 
+++
 
何かお役に立てたなら、クリックしていただけると嬉しいです! 
 
tag_green.gif  
 

+++ 
  
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。  
 
《週刊中国的生活》 
index:レストラン 
《週刊中国的生活》 
index:中国茶 
《週刊中国的生活》 
index:北京おもしろSpot 
《週刊中国的生活》 
index:料理《胡同食堂*菜単》
 
+++  
 

スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/696-77208906

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。