スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

これが話題のトマト鍋!@Japan 

Japanは不景気に伴い、“内食(ウチショク)”ブーム、“巣篭もり傾向”だそうで、去年から安くて簡単な鍋料理が流行っているとか。

キムチ鍋や豆乳鍋などに続き、カレー鍋などのスープが売られているが、特に人気があるのがトマト鍋だ、という記事を読んだ。

トマト鍋って、貴州ミャオ族の???


◆過去の関連記事;
《貴州籮籮酸湯魚》トマトスープの鍋料理@北京 

って、まさかね・・・。でも、貴州省ミャオ族の鍋もトマトベースでかなりミネストローネ。
最後にドロっとなったスープをご飯にかけて食べたらめちゃ旨だったけど、日本のトマト鍋の紹介記事にはミャオのトマト鍋については触れられていなかった。

そんな話題のトマト鍋。近所のスーパーで鍋のスープが258円で売られていた。
親も食べたことが無い、というので、早速試食会。

100131_tomatonabe(2).jpg
気になるのは、トマト鍋本体もそうだが、
最後の〆にオムライスができる、という謳い文句。
むしろ、それが食べてみたい…!

 100131_tomatonabe(3).jpg
シンプルにトマト鍋をする他、
ベーコンとチーズを入れて「ピザ鍋」、
〆にスパゲティーを入れて「ナポリタン鍋」などできるのだという。

100131_tomatonabe(4).jpg 
作ってみた。
具材は鶏腿肉、ソーセージ、フレッシュトマト、ニンジン、シメジ、
ジャガイモ、キャベツなど。
要はミネストローネになりそうな具であれば良さそうである。

100131_tomatonabe(5).jpg 

100131_tomatonabe(6).jpg 
途中、チーズを入れ、トロリと溶けたところにパンをつけて、
フォンデュ風も楽しんでみた。

実は父がトマト味が嫌いだったので、お父さんだけ別メニュープランも考えていたのだが、まぁ~一口食べてみてよ、と勧めると、最初は嫌がっていたが、食べてみたら・・・

「これ、旨い。」

と。

「甘熟」と書いてある通り、このスープ、かなり甘いので、トマトの酸味が苦手な人でも美味しく食べられるようにできている。
わたしはもっと酸味があるほうが好きなので、最初は「甘い・・・」と思っていたが、食べているうちに「酸味が効いている方が味に飽きるかも」とも思えてきた。
刺激が足りない分は、タバスコを振りかけてカバー。

考えるに、この商品を開発したのは20代の女性ではないか、と。
最初の試作品はきっともっと酸っぱかったのでは?と思う。
しかし、30代の男性社員などにも試食してもらったところ、もっと甘い方が食べやすい、子供も甘い方が良い、ということになって、この味になったのではないか・・・と勝手に推測。

さすがカゴ〇!
酸っぱくないので、トマト嫌いの父も普通にバクバク食べていた!

100131_tomatonabe(1).jpg
〆は期待のオムライス

オムライス、っていうか、ドロっとなったスープにご飯を入れ、最後に溶き卵をかぶせるわけだけど、汁っ気が多いのでむしろリゾット。

いや~・・・これが期待を裏切らない美味しさ!

旨かったっす!

またもや、ドロリゾットを見て父は、

「こういうのは俺はあまり好きじゃないんだよね。」

と言っていたのだけど、再度、

「一口食べてみてよ。」

と言って食べてもらったら・・・

「あ、旨い。こういう味だったらいいんだよね~。」

と、またもや普通におかわり。

最初はプチプラ食材に大きな興味を見せなかった母も、

「これ、(奥さま同士の)ランチ会で作って、ワインと一緒に食べたら合いそうよね~。」

とファンシーなプランを考えて御満悦。

258円の鍋スープでこれだけ楽しめるなんて、日本の食品メーカー、やっぱスゴイ。
(或いは、ウチのメンバー、ハイテンション過ぎ?)

@@@

“内食”ブームはバレンタインにも影響しているようで、伊勢丹などで限定発売される高級チョコは相変わらずあるようだけど、今年は特に手作りチョコブームなのだとか。

道理で、ダイソー、ドンキ、スーパー・・・どこでも製菓コーナーがえらい充実。
ハンズは、休日は製菓コーナーは歩けないぐらいの混雑なのだとか。

新聞で読んだ記事では、バレンタインは彼氏と一緒に料理を作ろう、ということで、ABCクッキングスタジオでは彼氏と参加するバレンタインクッキングサロンを開催しているらしい。
“手打ちパスタとチョコフォンデュ”を彼氏と一緒に作って過ごすのだとか。
(最近の男子は結構料理やお菓子作りをするもんね。SMAPとか、ロンブーの淳とか、キム兄とか。わたしもそういうお料理男子が家に欲しい。)

森永製菓、ABCクッキングスタジオとのコラボ企画「彼と一緒に作るバレンタイン1dayレッスン」を開催

「当社(注※森永製菓)が実施した『男と女のバレンタイン意識調査』では、女性の6割以上、男性の7割以上が『一緒にチョコを作ってみたい』と回答しており、とくに男性の関心の高さがうかがえる結果も得られた」と、男性側からバレンタインというイベントに参加したい意向があると述べていた。

わたしなんてのは、学生時代がバブルだったので、クリスマスやバレンタインのイベントと言えば、ブランド物のプレゼント、高級チョコ+ベイエリアのホテル、みたいな印象が拭えないのだけど(個人的には演劇部だったので、ペンキ塗れでバブルは全くスルーしてましたが。)、今のこの、内食ブーム、手作りブームって、良いと思う。
こういうほうが健全でクリエイティブで楽しいよね。

+++

本日、東京は夜から大雪。

しんしんとかなり降り積もっている。

1002_snow (2) 

1002_snow.jpg 

わたしは出勤の無い身なので申し訳ないのだけど、明日朝出勤する人たちは大変だろうなぁ。(ヒトゴトでスミマセン!)

東京の雪はやっぱりべしゃべしゃで、重くて、すぐに溶けるので、靴もすぐに濡れるし、道もドロドロになる。
明日は外出予定があるのだけど、歩くの大変そうだなぁ・・・。

※北京の雪はこんな雪→雪が結晶で降って来た♪@北京 

昨日は母の誕生日だったのだけど、毎年母の誕生日(1月31日)近辺は大雪が降る。
わたしが小学生の時も、母の誕生日に大雪が降って学校が休みになったので、母と一緒にケーキを作った記憶がある。
外から雪を持ってきて、生クリームをホイップする時に冷やす氷代わりにしたこととか、今でも良く覚えている。
そしてやっぱり今年も大雪だった。(翌日だけど。)

おっと!そして日付が変わって、

平成22年2月2日だ!

何かの日とか、あるのかな・・・?

+++
 
◆中国茶の販売を開始いたしました!@三全公寓 《種字林》
三全公寓内『種字林』さんにてお茶を販売します!@北京 

◆上海でも販売を開始いたしました!@泰康路《種字林》
上海でもお茶のお取扱い始めます 
 

御愛顧のほど、宜しくお願いいたします!
 
+++
 
何かお役に立てたなら、クリックしていただけると嬉しいです! 
 
tag_green.gif  
 

+++ 
  
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。  
 
《週刊中国的生活》 
index:レストラン 
《週刊中国的生活》 
index:中国茶 
《週刊中国的生活》 
index:北京おもしろSpot 
《週刊中国的生活》 
index:料理《胡同食堂*菜単》
 
+++  
 

 

スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/685-6b9a0278

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。