スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

哈爾浜極寒旅行記 其之拾@ハルピン駅/《大清華餃子》/マイカル地下スーパー 

まだまだ続くよ、ハルピン旅行記。いよいよ最終回。

哈爾浜極寒旅行記 其之壱@氷の世界/《露西亜》 
哈爾浜極寒旅行記 其之弐@氷点下20℃の松花江&中央大街 
哈爾浜極寒旅行記 其之参@氷の国のディズニーランド 
哈爾浜極寒旅行記 其之四@ロシア料理レストラン《華梅西餐庁》 
哈爾浜極寒旅行記 其之五@侮れなかった《東方餃子王》 
哈爾浜極寒旅行記 其之六@太陽島の雪祭り 
哈爾浜極寒旅行記 其之七@本命の“氷雪大世界”へ。  
哈爾浜極寒旅行記 其之八@串屋とロシア料理レストラン 
哈爾浜極寒旅行記 其之九@大型水族館《極地館》 

@@@

《極地館》から相乗りバンに乗ってハルピン駅へ移動。

やはりハルピンの玄関は空港ではなくて汽車の駅。

駅を降り立った人々が駅前の氷像を見て「ハルピンに来た~♪」と実感できるように、結構立派な氷像が立っている。

こういう配慮はすごくいいと思う。

100116_eki(3).jpg
ハルピン駅

100116_eki(1).jpg
4つの異なるビルが美しいシルエットを作っている。 

100116_eki(2).jpg
駅前ロータリーにある氷像。
公園の氷像に比べたら小さいけど、
最初にハルピンに着いた時にこれを見たら、
大興奮すると思う。 

100116_eki(4).jpg

100116_eki(5a).jpg 

@@@

駅周辺を散策。

この辺にもロシア商店がたくさん並んでいる、と聞いたのだけど、みたところそういう店は全く見当たらなかった。
ロシア物は中央大街ぐらいでしかみかけない。
もっと別の場所に、ロシア人居住区があって、そうい場所に土産ものじゃないロシア物を売っている店があるのかもしれないが、今回はそういう場所を探しだせなかった。

その後、再びタクシーで移動し、《大清華餃子》へ。

100116_daqinghua(1).jpg

100116_daqinghua(3).jpg 

メニューは餃子しか載っておらず、他の料理は厨房エリアで指指し注文をする。
手前が前菜、奥の方に水槽があり、魚料理も調理可能。

ただ、一皿が大変大きくて、2人ではとても食べ切れない。

100116_daqinghua(2).jpg 
ハルピンビール
「氷純」

100116_daqinghua(4).jpg
餃子を食べに来たので、前菜はジャガイモの細切りのみオーダー。


100116_daqinghua(5).jpg 

これも、前菜の域を逸した大皿。
4人でも多いぐらい。
お味の方は・・・というと、なんとなくしんなりしていて、イマイチ・・・。
茹で過ぎ?
もう少しシャキっとしていたほうが美味しいと思う。

クラゲが入ったちょっと高級「土豆絲」で、1皿20元前後ぐらいしたかな?
(「土豆絲」はシャキっとしたジャガイモと香菜だけで、1皿6元ぐらいの小皿で良いと思うんだけどね。メイン料理じゃないんだから・・・。)

我々は餃子を食べに来たので、後はひたすら餃子をオーダー。

100116_daqinghua(6).jpg
東北の漬けものである「酸菜」と豚肉の餃子(水餃子)

この店は最低オーダー両が3両(150g)と言っていたが、数は15個しか入っていなかった。
3両で8元(写真の量で72円!)。(安っ!)

100116_daqinghua(7).jpg

皮が、あのつるっ!とした、東北地方の餃子特有の食感で美味しい。

この滑らかさなんだよな~。

麦子店街の《宝源》の餃子にこの食感が無いのは残念だけど、《宝源》は皮では負けていると思うが、餡では勝っていると思う。

このお店の餃子、皮はすごく美味しいのだけど、餡の種類と味がイマイチ・・・。

100116_daqinghua(8).jpg
豚肉と白菜の餃子
「酸菜」とほとんど同じになってしまった・・・
だって、食べてみたい餡があまりなかったんだもの・・・。

100116_daqinghua(9).jpg
海老の蒸し餃子
これは3両で12個。18元。

100116_daqinghua(11).jpg
海老がゴロっと入っていて美味しかった!

100116_daqinghua(10).jpg
同じく蒸し餃子で「満州風餃子 牛肉餡」を頼んでみた。11元。
こっちはクミンがきつくて、イマイチ・・・。

エビの蒸し餃子も美味しかったけど、皮が硬くなってしまうのが難点。

期待値が高かったのと、ロシア料理のリベンジ的意味合いもあり2人で12両(54個)の餃子を完食した。

結論は・・・結構有名な餃子専門店のようだけど、このレベルなら北京でも食べられる程度。

料理の盛りとサービスが“東北クオリティー”。
つまり、かなり大雑把。

餃子12両+土豆絲+ビール+お茶で合計88元。

@@@

毎回旅行の際はどんな料理が食べられるのか期待満々で行くのだけど、今回の結果としては・・・

「コストパフォーマンスを考えると、《東方餃子王》が一番良かったね…」

という残念な結果に。

ある意味、《東方餃子王》スゴ過ぎ!

レストランからホテルまで歩けそうな距離だったので、もう慣れてしまった極寒の中、散歩することに。

 100116_harbin(4).jpg
路上でそのまま売られている冷凍食品。
外気は氷点下20℃前後だから、冷凍庫の中より冷たい。

100116_harbin(5).jpg
アイスだって売っているよ@路上

100116_harbin(6).jpg
夜の中央大街。

100116_harbin(11).jpg

100116_harbin(9).jpg 
相棒がアイスクリームを食べたい、というので食べてみた。

外気が氷点下20℃前後なものだから、このアイス、1時間持って歩いていても溶けない、と思うと不思議。

で、食べてみると、アイスの方が温度が高い(?)からか、意外にも口が冷たくならない。

ゆっくりと美味しく頂きました♪ 

100116_harbin(10).jpg
これは日中撮った写真だけど、結構老舗のお店らしい。
ドアの向こうに綺麗なロシアのお嬢さんが立っている。

100116_harbin(13).jpg 
相棒がカメラを向けたら看板娘が手を振ってくれた。

100116_harbin(1).jpg 
先程の店の横に「冷飲庁」と書かれた小さな店舗がある。
物欲しそうに覗いているのはわたし。

寒い中、この「冷飲庁」から出てくる若者が皆、アイスクリームを食べているのがずっと気になっていた。
中はレストランで、お会計の後アイスをくれるのかな?と思い、中に入ってみると・・・。

中国北部では珍しい甘味屋で、アイスは入口付近で販売しているものだった。
この寒いのに、若者たちが先を争うようにここのアイスを買って食べている。
非常~~~~~~~~~~~に気になったが、アイスは先程食べてしまったので、ここは我慢。

更に奥に入ると、エッグタルトやぎゅうひにあんこを包んだようなお菓子を売っていたので、夜のおやつに購入。

気の効いた甘い物屋が無い東北地方で、こういう店は珍しいと思う。

部屋に戻り、プーアル茶を淹れてタルト&ぎゅうひのお菓子を食べてみた。

タルトも美味しかったが、ぎゅうひのお菓子が想像以上にイケた。
皮は柔らかく、あんこはナツメ餡で甘みが控えめだけど、パサパサしていない。

餃子を2人で12両食べた後だったが、結局タルト&ぎゅうひ各2個、一人で完食。

@@@

昼のハルピンの街画像UP。 

100116_harbin(3).jpg 

100116_harbin(2).jpg

100116_harbin(12).jpg

100116_harbin(14).jpg

以前、「パリ銀座吉祥寺 経堂店」という“どこやねん!”的店があったが、そのハルピン版か。

@@@

最終日。

バスで最寄りの空港バス乗り場へ。

タクシーで10分少々。

空港バス乗り場からは、30分に1本の割合でバスが出ている。料金は20元。
空港までタクシーで行くと、事前調査によると100~130元かかるとか。 

*ホテルのフロントの人に最寄りの空港バス乗り場を聞くと教えてくれると思う。
或いは、タクシーに乗ってから「空港バス乗り場へ」というと、運ちゃんが勝手に最寄りの乗り場に連れて行ってくれると思う。我々はこのパターンだった。

100117_harbin(2).jpg 
空港でランチ。
ジャガイモのキムチ和え、ふかし芋、トウモロコシのパンケーキ。
東北っぽいでしょ?

100117_harbin(3).jpg 
ピーマンと豚肉の炒め物、娃娃菜のスープ、白米
2人で合計50元ちょっとだったかな?

100117_harbin(4).jpg
店内はこんな感じ。

100117_harbin(5).jpg
ハルピン空港
綺麗で大きい。
お土産は市内の値段の数倍する。

@@@

ちょっとしたお土産情報。

中央大街のロシア商店ではどこでもキャビアが売られていた。
どの店も、30元と70元の2種類でパッケージも同じ。
興味があったのだけど、いかにも・・・という感じで、かなりの確率でニセモノなので、買わず。

ホテルの建物がマイカルと繋がっていたため、マイカル地下の食品スーパーに行ってみたら、ここが意外と良かった。

100117_harbin(7).jpg
他では見なかったウニや蟹ミソの瓶詰め。
各20数元だったと思う。
まだ食べていないので、味は不明。

100117_harbin(6).jpg 
なんと!日本のカレーが1箱19元(266円)
で販売!
(45元のものが賞味期限が迫っているのでSALEに。)
北京で買うのの半額程度なので、これも購入。

100117_harbin(1).jpg
ハルピンビール各種。
一番右の「小麦王」は北京でも売っている。

その他、おつまみ系も充実していたので、ibisに泊まるなら、ここでビールやお菓子等買って来るのが非常に便利。
マイカル地下スーパーは20時まで営業している。

その他、聖ソフィア教会周辺にも食品市場がある。
わたしはそこで「秋木耳」という肉厚のキクラゲを購入した。
200g15元だったけど、同じような品質のキクラゲが空港では60数元で売られていた。

この辺の市場は綺麗で売られてるものも面白かったので、時間があったら覗いてみる価値大。
(相棒はチャーシューを買って部屋で一人宴会を開催していた。)

@@@

・・・ということで、えらい長編となったハルピン旅行記、これにて終了~~~☆

ものすごく寒かったけど、あれぐらい寒いと逆に面白かったデス。

+++
 
◆中国茶の販売を開始いたしました!@三全公寓 《種字林》
三全公寓内『種字林』さんにてお茶を販売します!@北京 

◆上海でも販売を開始いたしました!@泰康路《種字林》
上海でもお茶のお取扱い始めます 
 

御愛顧のほど、宜しくお願いいたします!
 
+++
 
何かお役に立てたなら、クリックしていただけると嬉しいです! 
 
tag_green.gif  
 

+++ 
  
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。  
 
《週刊中国的生活》 
index:レストラン 
《週刊中国的生活》 
index:中国茶 
《週刊中国的生活》 
index:北京おもしろSpot 
《週刊中国的生活》 
index:料理《胡同食堂*菜単》
 
+++  
 

 

 

 

 

スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

ハルピン旅行記、楽しく拝見しました(=^▽^=) 路上でそのまま売られている自然冷凍食品にはびっくりヾ(゚0゚)ノ でマイナス20℃の中でともこさんがアアアアアイスを食べているのにもびっくりヽ(・〇・!) 水餃子をお二人で56個&デザートにもびっくりm)゚O゚'(m 、でもすっごく楽しいのが伝わってきまーす☆ 私もいつかハルピンに行って氷祭りを見たいと思いまーす♪♪♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ソフトクリーム食べて欲しかった!

-20度でのアイスって、溶けないどころかソフトクリームはハードクリームになるってことだよね(爆笑)。っていうか、あるのかこの時期、ハルピンのマックの外売りソフト??

それにしても読み応えのある氷灯報告でした。本気で楽しかった~~! ありがとう~~!!!!
何度「あんたたちまた食うんかい!」とつっこませていただいたことか。相棒氏、とどめに一人宴会だしv-275。いいわぁ~この最強のコンビ♪
今頃また日本で食ってるんでしょうね。楽しんできてね~!^^

>tamaさん

餃子、食べすぎました。
旅行ではいつも食べすぎてしまいます・・・。

アイス、意外に寒く無かったのが発見でした!

氷祭り、本当に綺麗だったので、お勧めですよ~♪

>zhaoさん

お~!さすが鋭いご指摘!
たしかにソフトクリームはハードクリームになりますね。
ソフトクリーム、見なかったしなぁ。やっぱり無理なんですかね~。
マックはあったけど、確認しなかった!外で食べている人は見なかったですね。

えぇえぇ、今回も体力の限り食いました!
相棒は毎回、一人宴会を楽しみにしております。

そして、想像を裏切らず、日本でも食べまくっております!
北京に戻ったら、また遊んでくださいませ~。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/681-dcdeedbb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。