スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

哈爾浜極寒旅行記 其之八@串屋とロシア料理レストラン 

まだ終わって無かったのか?!

ハルピン旅行記、まさかの続き記事UP!

哈爾浜極寒旅行記 其之八。 夜の串屋と昼のロシア料理レストラン。


哈爾浜極寒旅行記 其之壱@氷の世界/《露西亜》 
哈爾浜極寒旅行記 其之弐@氷点下20℃の松花江&中央大街 
哈爾浜極寒旅行記 其之参@氷の国のディズニーランド 
哈爾浜極寒旅行記 其之四@ロシア料理レストラン《華梅西餐庁》 
哈爾浜極寒旅行記 其之五@侮れなかった《東方餃子王》 
哈爾浜極寒旅行記 其之六@太陽島の雪祭り 
哈爾浜極寒旅行記 其之七@本命の“氷雪大世界”へ。  

@@@

ハルピン氷祭りの本命・氷雪大世界の帰りのバスの集合時間が20時半。約30分でホテルに戻った。

そこから食事に出かけたわけだが、行く予定だったロシア料理の店が閉店しており、予定が狂う。
土地勘が無いため、再度中央大街近辺に戻って来てみるが、北の観光地ということもあり、22時近い時間になると殆どが閉店してしまっている。

通りから少し外れたところを歩いていると、やたら人がたくさん入っている「焼烤」と看板が出ている店を発見!
中を除くとこの時間なのにほぼ満席という繁盛なので、焼き肉系と思って入ってみると・・串屋だった。

そういえば、東北では朝鮮族の食文化の影響か、漢族はあまりやらない“2次会”“3次会”文化があり、食事の後はカラオケ→串屋・・・というようにハシゴしていくことが多い。
22時頃、というと丁度夜食タイム。
それでこの店が繁盛していたということか。
串だけだと食事にはならなさそうだけど、他にめぼしい店も無かったので、ここでハルピンの若者に交じり、串を堪能することとした。

100115_kushiya(1).jpg

100115_kushiya(2).jpg
22時過ぎにも関わらず、若者でいっぱいの店内。

  100115_kushiya(3).jpg  
「老虎菜」と串。
串は1本6角程度だった。

100115_kushiya(4).jpg
「焼茄子」
普通、中国で「焼茄子」と言えば茄子を素揚げしたあと炒めた料理だけど、
この店のは、日本の「焼き茄子」と同じく、焼いた茄子に味噌を塗ってあった。
上の香菜が無ければ、日本の焼き茄子と同じだ。

100115_kushiya(5).jpg
主食の焼きマントウ。
マントウ自体は美味しかったのだけど、塩を振ってあったのが残念!
これ、練乳か砂糖だったらラスクみたいで良かったのに・・・。
え?そんなの主食じゃない?!

@@@

ホテルから出ている送迎バスで氷雪大世界に行くと便利だけど、帰ってくる時間が遅くなってしまうのが欠点。

中央大街近辺は21時以降で開いている飲食店が少ないので、駅前あたりのほうが良いのかもしれない。(後日行った駅前の大きい餃子屋などは、23時まで開いていると言っていた。)

+++

翌日のランチは、またもやロシア料理の店へ。

今回行ったのは、兆麟公園の西側にある《名典西餐庁》と看板が出ていた、クラシカルなお店。

100114_harbin(4).jpg  

100116_rosia(2).jpg
店内はこんな様子。

100116_rosia(3).jpg

100116_rosia(1).jpg   100116_rosia(4).jpg
ハルピンビール“特制超干”
スーパードライ?

100116_rosia(6).jpg  100116_rosia(5).jpg
左;お馴染のボルシチ
右;マッシュポテト

ボルシチは、今までの店のものと特に差別化されている点も無く、可もなく不可も無く・・・といった感じ。
マッシュポテトはちょっと甘めだったけど、結構美味しかった。

  100116_rosia(7).jpg 100116_rosia(8).jpg
左;黒パン
右;豚肉のカツ

ロシアと言えば黒パン、というイメージがあるのだけど、この店でフリーで出てきたこの黒い食パンは、色は黒いけど味は中国式で、柔らかくて甘かった。これ、本当にロシアで食べてるの?(きっと全然違うと思う)

カツの方も、揚げ方があまり上手ではなくて、脂っこくてギトギトしていた。
料理としては《華梅》のチキンカツと同じだと思うが、揚げ方は《華梅》のほうが油が切れていて、サクサクっとしていて美味しかった。

100116_rosia(9).jpg 
ローストビーフ風の肉にソースがかかった料理

当店お勧めっぽくなっていたので頼んでみたが、ソースにクミンの味がきつくて、羊肉串を食べているような気分に。

・・・というわけで、店の雰囲気は良かったけれども、料理の味はというと、「・・・」といったところ。

今回行った店が悪かったのかもしれないが、ロシア料理は全般的にイマイチだった。
味×価格、でいうと、《東方餃子王》が一番コスパが良かった、という結果に。

他にもっと美味しいロシア料理のお店、あったのかな?

@@@

ランチをすませた後は、相棒のリクエストにより《極地館》という大型水族館へ。

+++
 
◆中国茶の販売を開始いたしました!@三全公寓 《種字林》
三全公寓内『種字林』さんにてお茶を販売します!@北京 

◆上海でも販売を開始いたしました!@泰康路《種字林》
上海でもお茶のお取扱い始めます 
 

御愛顧のほど、宜しくお願いいたします!
 
+++
 
何かお役に立てたなら、クリックしていただけると嬉しいです! 
 
tag_green.gif  
 

+++ 
  
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。  
 
《週刊中国的生活》 
index:レストラン 
《週刊中国的生活》 
index:中国茶 
《週刊中国的生活》 
index:北京おもしろSpot 
《週刊中国的生活》 
index:料理《胡同食堂*菜単》
 
+++   


スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/678-5507ba50

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。