スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

哈爾浜極寒旅行記 其之弐@氷点下20℃の松花江&中央大街 

哈爾浜極寒旅行記 其之弐。

哈爾浜極寒旅行記 其之壱@氷の世界/《露西亜》 

+++

レストラン《露西亜》でランチをしたあとは、晴れてハルピンの街を散策。

100114_harbin(9).jpg 
建物が何気にロシアっぽい。

100114_harbin(10).jpg 
中央大街に展示してある氷像。
最初は珍しがって写真など撮っていたが、
あまりにもどこにでもあるので、次第に風景の一部と化して来る。
この時点ではまだ珍しがっていたので、写真を撮った。

100114_harbin(12).jpg
氷の滑り台も街中に普通にある。

100114_harbin(13).jpg 
相棒が買った帽子。
ファーが貼ってあるので暖かい。40元。
靴も中にファーが貼ってあるものが80元ぐらいで買える。
中央大街にたくさんあるロシア商店ならどこででも売っている。

100114_harbin(14).jpg
なんだ?!あの白い物体は…。

100114_harbin(15).jpg
噴水が凍ったものらしきものを更に芸術的にするために(?)
水を撒いているおじさん。

100114_harbin(16).jpg
凍る噴水。
おじさん作。

100114_harbin(17).jpg
中央大街の突き当たりが松花江。
この氷の大滑り台は松花江に降りて行っている。

100114_harbin(19).jpg
こんな感じ。
これ、全部氷でできている。
我々は滑らなかったけど、たぶん有料。
ここは既に川の上。

100114_harbin(18).jpg 
このエリアは、川の上でスケートやソリ、馬車に乗るなどして遊べるようになっている。

100114_harbin(27).jpg


100114_harbin(20).jpg 
結構幅がある。
ここからは氷祭りの会場は見えない。

100114_harbin(21).jpg
1人30元だという馬車を2人で30元にする、というので乗ってみた。
もっと遠くまで行くようなことを言っていたのに、
その辺を一周するだけだったので、はっきり言ってぼったくりだ。
川の向こうまで渡るコースもあるようで、その場合も30元らしい。
ちなみに、川を徒歩で渡ると約15分。
渡った向こう側が太陽島。

100114_harbin(22).jpg
川の上を車が走っている。

100114_harbin(23).jpg
氷の上でコマ回しをする子供。

 100114_harbin(24).jpg
何故か川の上でマトリョーシカを売っているおばさん。
マトリョーシカは中央大街ではどこででも売っている。
何故、敢えてここで?!

 100114_harbin(25).jpg
川の上で綿あめを売るおばさん。
さすがに足元が寒いのか、発泡スチロールの上に乗っている。

100114_harbin(26).jpg
看板をかけているおじさんたち。
梯子から降りるのが面倒なのか、上のおじさんは梯子に乗ったまま、
下のおじさん達が梯子をずらして作業をしていた。
危ないぞ。@川の上

@@@

以下、中央大街の写真。
この時の気温は氷点下20℃前後。
実はシャッター押すのも、「さむっ!」「いたっ!(←寒すぎて手が痛い)」と叫びながら必死で撮った。
空気が冷めた過ぎて、シャッター1回押す程度の時間でも素手を出しているのが辛い。
それが氷点下20℃。

 


 100114_harbin(28).jpg
ちょっと技アリの氷

100114_harbin(29).jpg 

100114_harbin(30).jpg 

100114_harbin(31).jpg 

我々は皮膚が出ているところは寒さで痛いぐらいだったのだけど、ハルピンの住民はこの寒さに慣れているのか、顔出しで歩いている人が多かった。
防寒マスク率は北京よりむしろ低いのが不思議。

上の写真を見ても、街の人の様子は、そこまで寒そうには見えないでしょ?

 100114_harbin(32).jpg

100114_harbin(33).jpg
古い建物が多い。

100114_harbin(34).jpg 

100114_harbin(35).jpg 
ブンカク時代?のスローガンがうっすらと見える。

100114_harbin(36).jpg
聖ソフィア教会

@@@

ランチを食べて、屋外を1時間ちょっと散策した時点で、つま先がビンビンに冷えて歩行が困難な状態に。(つま先用カイロを入れていたけど、やっぱり無理!)

一旦ホテルに戻り、暖を取ることに。

ロシアンカフェみたいなものもあったのだけど、たくさん着ているので、とにかく身体が重い。
下半身も4枚ほど着ているので、着膨れしすぎて身体が曲がらない。
部屋に帰って服を脱いでほっとしたい、というのがこの時の気持ち。
しかも、道が凍結しているので、注意して歩かないと氷で滑ってしまうため、(川の上じゃなくて普通の道でも)歩くだけで非常に体力を消耗する。
でも、さすが東北。ホテルの部屋は充分暖かいのが嬉しい。

この後は、日が暮れるのを待って、いよいよ最初の目的地、兆麟公園の「哈爾浜ディズニー氷雪遊園会」へ。

+++
 
◆中国茶の販売を開始いたしました!@三全公寓 《種字林》
三全公寓内『種字林』さんにてお茶を販売します!@北京 

◆上海でも販売を開始いたしました!@泰康路《種字林》
上海でもお茶のお取扱い始めます 
 

御愛顧のほど、宜しくお願いいたします!
 
+++
 
何かお役に立てたなら、クリックしていただけると嬉しいです! 
 
tag_green.gif  
 

+++ 
  
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。  
 
《週刊中国的生活》 
index:レストラン 
《週刊中国的生活》 
index:中国茶 
《週刊中国的生活》 
index:北京おもしろSpot 
《週刊中国的生活》 
index:料理《胡同食堂*菜単》
 
+++   

スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

すごいところだね・・・

想像以上にすごい。でもマイナス20度ってこの前行ったニセコの頂上くらい?なんでスキー場だとそこまで寒くないんだろう?動いてるから?
東京暑いです。明日は19度(マイナスじゃないよ~)になるらしいです。

そうそう、使い捨てカイロ自体が凍っちゃって全然あったかくないんですよね。

中央大街のあの富士額のネズミの彫刻、コピーライトはどうなのよ?って突っ込んでた我が家です。

ハルビンの小区の建物って、皆地下室があるのが特徴なんですって。なんで?寒いから?

  • [2010/01/19 23:05]
  • URL |
  • wanko@黒竜江スキー体験者
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>陸太太さん

スキー場の-20℃は、やはり動いているからそれほど寒くないのでしょうか?
湿度との関係もあるかもしれませんね。
哈爾浜は、天気予報などを見ると湿度が70%とか出ているのですけど、実際にはかなり乾燥していて、手がすぐにガサガサになりましたよ。
東京、ヤバいですね~。
桜、咲いちゃうんじゃないですか?

>wanko@黒竜江スキー体験者さん

外に出ている間はカイロの熱って殆ど感じなかったのですが、暖かい場所に入ると熱くなって、「あっちっち!」ってなるんですよね。
まぁ、それでも大分助かりましたが。特に手袋の中のカイロは有難かったです。

富士額のネズミ、中央大街のは怪しいですが、兆麟公園のはモノホンみたいです。

そういえば、古い建物のお店は、みんな半地下がありましたね。
あれは寒いからなのかなぁ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/672-e2c7732d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。