スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

冬は風呂吹き大根@北京の食卓 

春はあけぼの。冬は大根。 (←そんなこと言ってないって?!)
 

・・・ということで、“風呂吹き大根”を良く作っている。
 

これ、圧力鍋で作ると超簡単!
  

Cpicon 【圧力鍋】ふろふき大根 by あこ425
 
 

材料(水・酒・大根・米・だしの素)を鍋に入れて火にかけておくだけで良いので、手間もかからない。
圧力を15分かけておくだけ。
クックパッドバンザイ!
 
 

100108_daikon.jpg 
 

味噌も、材料を耐熱皿に入れて、チンするだけなので、簡単!
ここに、ちょっとひと手間加えて、ゆずごしょうをほんの少しいれると、ゆず風味の味噌になって、ワンランク上な感じに。

「ゆずの無い北京で、なんでゆず味噌ができるの~?」

と、ちょっと技アリを演出できる。まぁ、ゆずごしょう自体が日本でないとなかなか入手できませんが。
(香りを強くしようと量を多めに入れると辛くなってしまうので注意!)
 

作るのが簡単で、材料も少なくて済んで、結構お腹に貯まるし、立派な1品になるので、「今日、何作ろう…」というときは、こればかり作っている。
(大根を1本買っても、これを作ると3分の2ぐらいはすぐに使いきれるのも嬉しい。面取りがちょっと面倒だけど、これもピーラーを使うと意外と早くできる。あ、みんなピーラーでやってるって?面取りで出た大根の細長いのは、そのまま味噌汁の具にGO!あぁ、小市民。)
 

大根、美味しいもんね~。
 

ちなみに、なんで“風呂吹き大根”て言うんだろう・・・と、ふと疑問に思い、調べてみた。
 

昔の風呂は蒸し風呂で、熱くなった体に息を吹きかけて垢をこすり取る者がいて、その行為やそういうことをしている人を指して「風呂吹き」と呼んでいた。
この料理を食べる時に息を吹きかける様子が似ていることから、「風呂吹き」と呼ばれるようになった、という説。
 

大根は身体にも良く、安くて経済的であることから、「不老富貴(ふろうふき)」の意味から、「風呂吹き」に転じたという説。
 

ある僧から、「大根の茹で汁を漆貯蔵室の風呂に吹き込むと、漆の乾きが早くなる」と聞いた漆職人が、その通りにしてみると大変効果があったので、大根の茹で汁を大量に作ったが、茹でた大根が残るため、近所の人に配ったことから「風呂吹き大根」と呼ばれるようになったという説。
 

しかし、元々この料理はカブで作られており、単に「風呂吹き」と呼ばれていたため「不老富貴」説と漆職人説は考えられない。
 

大根を使った風呂吹きが作られるようになったのは、江戸初期頃と考えられている。
 

語源由来辞典より

@@@
 

“風呂吹き大根”ももともとはカブ料理だったんだ!
 

ためしてガッテンでカブの特集をやっていたのだけど、カブって料理の仕方次第では、めちゃくちゃ甘くて美味しくなるらしい。
番組冒頭の実験では、おでんも大根よりカブで作った方が美味しいって言っていた。
“風呂吹きカブ”、美味しそうだな。
 

たった50秒!旬のカブ激うま大作戦
 

あ~・・・カブ、食べたい・・・。
 

北京って、カブは売って無くないですか?
 

ラディッシュ系の生で食べるようなカブ以外、カブ料理って、思いつかないですよね?新たな疑問…。辞書を引くと、中国語では「蕪菁[wu2jing1]」「蔓菁[man2jing]」というらしい。

wikiによると、「中国では詩経に記載され」とあるので、中国にもあるらしいけど、あの煮たり漬けものにしたりする日本の白い蕪と一緒なのかな?
 

+++
 

種字林さんでのお茶販売について、『コンシェルジュ』さんに掲載していただきました!(現在配布されている1・2月合併号13ページ)
 

100108_tea.jpg
 

『コンシェルジュ』さん、ありがとうございます!
 

 

+++
 
◆中国茶の販売を開始いたしました!@三全公寓 《種字林》
三全公寓内『種字林』さんにてお茶を販売します!@北京 

◆上海でも販売を開始いたしました!@泰康路《種字林》
上海でもお茶のお取扱い始めます 
 

御愛顧のほど、宜しくお願いいたします!
 
+++
 
何かお役に立てたなら、クリックしていただけると嬉しいです! 
 
tag_green.gif  
 

+++ 
  
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。  
 
《週刊中国的生活》 
index:レストラン 
《週刊中国的生活》 
index:中国茶 
《週刊中国的生活》 
index:北京おもしろSpot 
《週刊中国的生活》 
index:料理《胡同食堂*菜単》
 
+++   

スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

クックパッド私も利用してまーす^^風呂吹き大根美味しそう~~、名古屋は味噌おでん、八丁味噌、かけてみ~そ、食べてみそっ!ってコマーシャルがあり、名古屋人はこの味噌をご飯の上にかけて食べるんですよー(=^▽^=)串かつにも味噌、とんかつにも味噌、味噌づくしでございます~w(^_^)

今、記事アップしました

昨日は会えなくて残念でした。そしてストーカーのように電話してすみませんでした。★大根はうちは1本使っても食べるよ。子供が。土鍋で鶏肉と煮こんだり。でも甘い味噌がダメなのよ。息子が。こういうのは帰国したとき作ろうかな。

>makiさん

クックパッド、便利ですよね~。
「かけてみそ、食べてみそ」(商品名、これで良かったでしたっけ?)、2008年に名古屋に行った時に買いましたよ♪コンビニでも売ってるんですね~。そこにビックリしました!
ポピュラー過ぎ!
コンビニのおでんに味噌が付いてくるのもビックリ!
名古屋の食文化、深すぎます。
(味噌カツも旨かったです~!あと、コンパルの甘~いパンも食べましたよ~☆)

>親友みどりさん

ブログにUPしてくださってありがとうございます!
写真もたくさん撮ってくださって、有難いです。

大根、土鍋で煮たのも美味しそうですね!
2人だと野菜がなかなか減らないんですよね…。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/665-9b72dcc2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。