スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

上海放浪記 其之弐;新天地+《許留山》  

12月上旬、ちょいと仕事があり上海に行った件の続き。
 

淮海中路の《滄浪亭》で夕食を済ませたのが8時前。まだ時間があるね、ということで、そのまま徒歩で新天地へ。
 

上海放浪記 其之壱 《滄浪亭》 
このお店は、地下鉄1号線の「陝西南路」駅と、「黄陂南路」駅の間の、淮海中路沿い(陝西南路のほうが近い)にあるので、陝西南路で降りて、、《滄浪亭》で食事をして、それから腹ごなしに20分ほど黄陂南路方向に歩くと、新天地に到着する。(淮海中路を東に進み、馬当路を右折、5分ほど歩くと新天地に到着。)
新天地の店は23時ごろまで開いているので、食後のお散歩コースに良いかも。
 

091130_sh(9).jpg
@淮海中路
 

091130_sh(7).jpg 
ライトアップされていて綺麗。
 

091130_sh(8).jpg 
あ・・・でも、赤い提灯・・・
やっぱ上海でもこうなっちゃうんだ・・・
クリスマスというより、春節対応?
 

新天地は、上海の観光ガイドブックには必ず紹介されているショッピング&観光スポットなのだけど、前回行ったとき、既に面白くなくなっていて(或いは、元々こんな感じ?)大きな興味はないのだけど、雑貨チェッカー(え?そうだったの?)としては、上海に来た観光客がどんなものを見ているのか見ておきたかったことと、どうしても買いたかったものがあったのだ。
 

それは、《上海灘》のCD。
 

《上海灘》と言えば、香港の芸能人なども愛用しているお高めのシノワズリー服や雑貨のお店だが、前回行ったとき、《上海灘》オリジナルCDを売っていたのだ。
普段音楽をあまり聞かないわたしも、30年代の上海スウィング的なJAZZは好き。
その時は、同じく新天地にあった確か《シンプルライフ》だったと思うけど、そこで30年代上海JAZZのCDを買ったので、《上海灘》のは見送った。
 

でも、「やぱーり欲しいわー」と思い、上海の空港の《上海灘》に行ってみたら、「このお店では取り扱いがありません」とのこと。で、北京のお店に行ってみたら、「北京ではお取り扱いがありません」と。
じゃ、次上海に行った時。と思い、それが一番の目的で新天地に行ってみたのだ。
 

結果。
 

「現在、香港でのみお取り扱いがあります」
 

とのこと・・・。う~む・・・。じゃ、いつか香港に行ったときに買うか。(行くのか?)
 

たったひとつの目的も果たせず、しかも新天地は2007年に行った時と比べても、より一層レストランだらけになっていて、雑貨屋もチャイニーズスイーツ屋も無くなり、わたし的には面白くなくなっていた。
(日本の“Afternoon Tea”は入っていたよ)
 

一応2007年当時に買ったガイドブックを持って行っていたのだけど、お店は3分の2は変わっている感じ。
やっぱりこういう場所の変化は早いね。
 

091130_sh(11).jpg 
@新天地
 

091130_sh(10).jpg
@上海灘
 

ここで“一人夜お茶”するつもりだったわたしは、欧米人御用達的なバー&レストラン街と化していた新天地に失望し、とりあえずぶらぶら彷徨ってみることにした。
淮海中路沿いに行けば、夜遅くまでやっている、女子御用達のスイーツ店があるような気がしたのだ。
というか、香港なら、ある。
北京には、無い。
上海なら・・・あるんじゃない?という勘に頼って・・・。
 

新天地は外国人観光客がわんさかいたけど、そこからちょっと入ったローカルな道には上海の若い子たちがたくさんいて、8時過ぎでも並んでいる店もあった。
でも、スイーツ屋は見つからない。
 

う~む・・・コンビニでも探すか・・・と諦めかけていたところ、「香港新世界大廈」というビルを発見!
 

やった~~~~~!
 

チャイニーズスイーツ=香港
 

きっとこの中には、ある。
 

ビルの中に吸い込まれるように入って行く。
 

091130_sh(1).jpg 
あったーーーーー!
香港ならどこにでもある“許留山”♪
大好き~~~☆
 

赤と金で派手に彩られた、香港のプチプラ☆スイーツの“許留山”とは若干イメージが異なるが、北京ではまだ食べられない“許留山”。
これは絶対に食べなければ。
(実は、この下の階に“糖朝”もあったのだけど、ちょっと高級レストラン風だったので、さすがに一人でスイーツだけのためには入れない雰囲気だった。“糖朝”発見の時点で勝利は確信できましたが。)
 

過去の関連記事;
不夜城★香港・マカオの旅 その3~JUMBO:許留山篇~ 
☆勝手に香港スイーツ選手権☆ 
 

091130_sh(12).jpg 
芒果布甸 28元
マンゴプリン
 

メニューを見ていろいろと悩んだが、結局マンゴモノに決定!
 

マンゴプリン+アイス(白いアイスにマンゴソースがかかっている)+フレッシュマンゴ+マンゴソース!
 

結構大きいよ♪食べでがあるよ♪
 

ちょっと寒かったので、暖かい飲み物も欲しかった。
 

本当は、「桂圓枸杞紅棗茶」(乾燥リュウガン・枸杞・ナツメのお茶)が飲みたかったのだけど売り切れだというので、これにしてみた。
 

091130_sh(13).jpg
川貝蜜棗炖雪梨 30元
川貝(四川省産貝母;漢方薬)、ナツメを雪梨で煮たスープ
温かい。
 

091130_sh(14).jpg
ナツメに細い切り込みが綺麗に入っている。
技あり!
食べやすくて美味しかった。
 

お店が空いていたこともあり、マンゴプリンと梨のスープをちょっとずつゆっくりと食べた。
 

どちらも意外と大きくて、お腹が更にいっぱいに。
 

うぷす・・・。
 

食事より夜お茶のほうが値段数倍高いじゃん!というのは、気が付かないことにして。
 

上海の一人ご飯。やりたい放題☆
 

明日はお茶城と泰康路(田子坊)散策。
 

+++
 
中国茶の販売を開始いたしました!@三全公寓 《種字林》
 

詳細は・・・
中国茶の販売のご案内@囍 Double happiness 
菊花プーアル茶/その他のプチプーアル茶 
三七花プーアル茶/その他漢方系プーアル茶 
ライチ紅茶/金木犀紅茶/ジンジャー紅茶 
滇紅/四川公主/祁門紅茶/ラプサンスーチョン 
 
御愛顧のほど、宜しくお願いいたします!
 

+++
 
何かお役に立てたなら、クリックしていただけると嬉しいです! 
 
tag_green.gif  
 

+++ 
  
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。  
 
《週刊中国的生活》 
index:レストラン 
《週刊中国的生活》 
index:中国茶 
《週刊中国的生活》 
index:北京おもしろSpot 
《週刊中国的生活》 
index:料理《胡同食堂*菜単》
 
+++   
 


 

 

 

 

スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

許留山!

上海にはあるのか、許留山!!
嗚呼、マンゴープリンの写真が目に染みます。

>丁未堂さん

そーーーなんですよーーー!
上海にはあっちゃったりするんですよ!しかも数店舗!
北京にも「満記」が来たので、あともうちょっとです!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/647-a0401c44

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。