スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

三全公寓内『種字林』さんにてお茶を販売します!@北京 

本日、搬入してきました!

北京にお住まいで無い方向けにご説明しますと、三全公寓とは、あの“お金の神様”と言われている邱永漢氏が建てた超高級マンションで、住人の殆どが日本の方です。

マンション内には、プール・ジム等北京の高級サービスアパートメントには常備されている施設の他、日本人の美容師の方がいる美容院、日本人の感覚に合うイタリアンが食べられるレストラン、“Q’sカフェ”という、日本人の味覚に合ったパンやケーキを販売しているお店などが入っています。

ローカルのパン・ケーキがイマイチ美味しくない北京では、“Q’sカフェ”の存在は絶大で、誕生日のケーキなどが出てきて、「Q’sのだよ♪」と言われるとテンション上がります。

その他、雲南に独自の農場を経営し、自家農園の雲南コーヒーも取り扱っています。(南鑼鼓巷の文鳥カフェさんのコーヒーはQ’sのコーヒーを自家焙煎したものです)

“Q’sカフェ”のパンは今ではいろいろなところで買えるほど広がっています。(ヨーカ堂、セブンイレブン、発展大廈1階の「英虞」など。)

つまり、北京在住の日本人にとって、三全公寓&Q’sカフェは非常に大きな存在であるわけです。

北京在住日本人なら知らない人はいない三全公寓で、邱永漢氏とは何のコネクションもないわたしがお茶デビューさせていただけることになったのか。
全く謎ですね。(まぁ、いろいろ“御縁”があったのです。M子さんに心から感謝です!)

あ、以前邱永漢氏とお会いしたときに隣の席に座ったことは、ほとんど関係ありません。

◆邱永漢氏に関する過去のエントリー
お金の神様に会ってきた@北京 

@@@

で、ついにディスプレイも終わりました!

091214_sanquan (8)
種字林さんはこんな感じのお店。
扱っている商品とともに、家具も素敵です。
ディスプレイされている家具も商品だそうです。
地下に行くと、もっとたくさん家具が見られます。

091214_sanquan.jpg
お茶は、可愛い農民画の下に置かせていただいています。

091214_sanquan (7) 

091214_sanquan (5) 

091214_sanquan (3) 

091214_sanquan (2) 

これらを並べている最中に、日本人女性の御一行様が入店され、早速いくつかのお土産向け中国茶をお買い上げいただきました!

その中のお一人が、このブログを読んでくださっているとのこと。

ありがとうございます!

北京に住んでいると、お会いできる確率が高いですね。

中国人女性スタッフの方が2名いらっしゃるので、わたしは常駐していませんが、ちょくちょくお店に出没していることと思います。見かけたら、お気軽にお声をおかけくださいませませ。
いくらでもお茶の説明をいたします。

ということで、三全公寓のお近くにお寄りの際には、是非お立ち寄りください。

また、御旅行等で北京にいらっしゃる方も、この近辺は観光地では無いのであまり近づかないとは思いますが、お土産向けの中国茶を揃えていますので、お時間の余裕がございましたら、是非お立ち寄りください。

【以下のページで紹介しているお茶を取り扱います】
中国茶の販売のご案内@囍 Double happiness 
菊花プーアル茶/その他のプチプーアル茶 
三七花プーアル茶/その他漢方系プーアル茶 
ライチ紅茶/金木犀紅茶/ジンジャー紅茶 
滇紅/四川公主/祁門紅茶/ラプサンスーチョン 

+++

《種字林》

北京市朝陽区麦子店街38号
三全公寓内 フロント横

ph;010-6507-9663

am10:00~pm19:00
(土日も営業しています)

三全公寓map 2 
地下鉄10号線 亮馬橋駅より徒歩約10分
駅から麦子店街西街を通ってくる場合、左手に花市場が見えます。
ここの2階はあまり広くはありませんが食器市場になっています。
今のシーズンだとクリスマスデコレーションが売られていて、楽しいですよ♪

+++
 
何かお役に立てたなら、クリックしていただけると嬉しいです! 

tag_green.gif  

+++ 
 
 
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。 
 

《週刊中国的生活》 
index:レストラン 
《週刊中国的生活》 
index:中国茶 

《週刊中国的生活》 
index:北京おもしろSpot 
《週刊中国的生活》 
index:料理《胡同食堂*菜単》


+++   

 

スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

おめでとう♪
近いうちにうかがいます。
早速、今日三全ご近所にお住まいのママさんに宣伝しときました。彼女もお友達と近いうちに伺うはずです。
それにしてもすごいですね。「準備は120%」どころか300%くらいじゃないですか?いつも感心させられてばかりです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

絶対行きます!

凄いですね~!
コーヒープーアールが、興味あります!
早速近いうちに伺いますね!

絶対行きま~す!

凄いですね~!
コーヒープーアールが、興味あります!
早速近いうちに伺いますね!

美味しかったです

昨日お茶を買わせていただいた者です。うわあ、ブログに私の事が~と感激しました。
帰ってからブログを読んだら今日から販売だったのですね!準備中なのにお騒がせして申し訳ありませんでした。e-452
早速宮廷プーアル茶をいただきましたが、まろやかでとても美味でしたe-266また、寄らせていただきます。

>doramiさん

ありがとうございます!

是非是非、お立ち寄りくださいませませ♪

いやいや・・・準備を120%したつもりでしたが、いざディスプレイしてみると、あれが足りない、これは作り直そう…と、やはりNGは出るものですね。

幸い近いので、今のところ毎日通って、微調整しています。

>ロータスさん

ありがとうございます!

珈琲プーアル、イロモノ的な感じをイメージしていたのですが、
飲んでみると意外とあっさり味で、イケてます。
いろいろなプーアルを飲み比べてみると、それぞれ味が違って面白いですね!

>そらまめさん

お客様第一号です!!!

お買い上げ頂き、ありがとうございます。

営業時間中なのに、こちらこそバタバタしていてすみませんでした。

今後とも宜しくお願いいたします!

寄らせていただきます

おみやげには、やっぱりお茶です。
(というか、食べ物はいらないって言われるので、お茶しかない!)

僕はここの住民でしたが、夏に引越しました。けど近くなのでぜひ帰省の際に寄らせていただきますよ。

>ひろちゃいなさん

お~!ありがとうございますぅ~~~!

夏までここに住んでいらっしゃったんですね。
惜しい・・・。
帰省の際には、是非是非ご利用くださいませ♪

日曜に行きました~

はじめまして、ともこさん。現在語言大学留学中の私もさっそくお邪魔させて頂きました。落ち着いた店内にセレクトされたお茶はよくマッチしてますね。ともこさん自信のお茶はホント見た目も香りも味も素敵。おいしいです。自分の分は勿論ですが、一時帰国用のお土産としても便利で助かります。ありがとう~~~!

おめでとうございます!!!

こんにちは~。
お茶の販売おめでとうございます!!!
私も直ぐに買いに行きます~☆
楽しみです。

記事を書かせていただきました。
もし不都合がございましたら
仰ってください。

>たにまんさん

コメントありがとうございます!
そして、種字林にも行って下さったとのこと!
重ね重ね、ありがとうございます~~~☆

ご帰国時のお土産用にも、また御自宅用にもお使い頂けると、
本当に嬉しいです!
今後とも宜しくお願いいたします。

>mayusayaさん

ブログに掲載して頂いてありがとうございます!

ご帰国の際のお土産などに御利用いただけると嬉しいです。
今後とも、宜しくお願いいたします!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/644-09a6463a

ともこさんセレクトの中国茶、「種字林」 で販売スタート

     北京情報満載の人気ブログ 「週刊中国的生活」で知られるともこさんがこのほど、北京市東部の三全公寓内のショップ 「種字林」 で中国茶の販売をスタートされました!  ともこさんのコーナーは、「北京の茶葉市場に流通している中国茶のセレクトショップ」 ...

  • [2009/12/17 13:10]
  • URL |
  • 北京メディアウオッチ 〔ブログ〕 |
  • TOP ▲

ともこさんのお茶~☆

趣味のお茶を極めた、彼女のセレクトしたお茶が麦子店で販売を始めてくれたそうです、素敵ですね~☆ともこさんのブログ~☆週刊中国的生活  *:..。o○☆゜.:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゜.:,。*:.               《種字林》〇 北京市朝陽区麦子店街38...

  • [2009/12/22 01:38]
  • URL |
  • mayusaya@北京ヒルズ2 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。