スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

WESTINホテルの飲茶食べ放題88元也@北京 

みどりさんのブログに、5つ星ホテルなのにランチ飲茶88元(約1230円)食べ放題(しかもサービス料無し!)という素晴らしい情報が出ており行ってみたいなぁ・・・と思っていたところ、「今度行きますわよ!」というレディースにお誘いいただいたので、万全のコンディションで挑んだウェスティンホテルの食べ放題。

建設中時代から数え切れないほど前を通っているが、中に入るのは今回が初めて。

余程スタッフが余っているのか、入口にずらりと並んで客待ち(?)をしており、自動ドアから出てくるとすぐに、

「どこにいらっしゃいますか?」

と聞かれるので、トイレだけとかには使えない感じ。(トイレなら隣の発展大廈に入ればいいね)

レストランは4階だと聞いていたので上がってみたが、なんともゴージャスなお店で、

「本当に88元サービス料無しなのかな・・・」

と心配になったが、テーブルに敷いてあった紙にちゃんと「88元」と書いてあり、一安心。

今回は食欲旺盛なレディー6名で挑んだので、基本全メニュー制覇ね、というスタンスで。

ランチでは無い時間帯は普通に1品いくらの料金で食べるらしく、料理の横に値段が書いてあるが、さすが5つ星、お高い。いや、高すぎる。この値段で食べるのって、中国の物価を知らないで入った泊まり客の欧米人ぐらいじゃないかな。

だって・・・

091211_westin.jpg 

この「芥蘭菜」が、1皿68元。 (約950円)

これ、食べ残しを写したわけではない。

テーブルに運ばれた時のまんま。あまりにあまりなので数えちゃったけど、6本しか入っていなかった。

芥蘭菜6本で68元→1本10元以上。

5つ星ホテルって怖いね・・・。

北京の物価で言うと、ローカルの普通のレストランだと芥蘭菜はこの3倍ぐらい入って10元台前半(150円前後)じゃないかな。

これって、もう既に中国人の食べ残し程度の量。
しかも、「こんだけだし、芥蘭菜だから“打包”(持ち帰り)はしなくてもいいよね」と見捨てられてしまうぐらいの量だ。

ここで我々、5つ星のレストランが異空間である、ということを思い知る。

でも今日は食べ放題!

「(メニューの)ここからここまで全部ね!」

という勢いで食べまくった。

091211_westin (2) 091211_westin (3)

左;娃娃菜(小さい白菜) 右;腸粉

前述の芥蘭菜もだけど、いちいち美味しい。味が上品。高いだけのことはあるね。

 091211_westin (8) 091211_westin (9)
左;馬蹄糕(クワイ餅) 右;大根餅

左の「まーてぃーがお」、最初こっちが大根餅かと思った。
香港の飲茶屋で食べる大根餅ってこういう形をしているよね。
クワイのお餅で甘めだったけど、しゃくしゃくしたクワイの食感もよくて、さすが、美味しかった。

大根餅のほうは、XO醤で味付けをしてあったので、しっかりとした味がついていたけど、この味が結構ハマりそうで、箸が止まらなかった。

091211_westin (7)
いや~、食べた食べた!
坦々麺は麺が伸びたそうめんっぽい上、スープもイマイチだった。

テーブルに乗り切らないほどの料理を眺めるのはカイカン!だけど、それを次々に完食していくのは、もっとカイカン!

091211_westin (10)
もちろんスイーツは別腹。

マンゴプリン、楊枝金露(タピオカ入りマンゴスープ)、お汁粉(小豆のスープ)、タピオカ入りココナッツミルク、亀ゼリーを各2つずつ。

スイーツも美味しかった!
亀ゼリーは少し苦みが強かったので、ココナッツミルクとかお汁粉をかけて食べると丁度良い感じ。
(なので、オーダーする時は亀ゼリーだけじゃなくて、ココナッツミルクかお汁粉も一緒に頼んだ方が良いよ)

最近は“食べ放題負け”をするので、あまり食べ放題には食いつかないのだけど、ここの88元は、勝てるね。
すごい満足感。
サービス料を取らないのもいい。

飲み物は、お茶かソフトドリンクをオーダーするとプラス38元、アルコールだとプラス68元。
我々は「白開水」(お湯)にしたよ。もちろん、タダ。

このランチは、平日11時半~14時半で、週末は168元と書いてあった横に「買1送1」と書いてあったので、2人で来れば一人タダってことかな?偶数で来れば良いみたいです。(お店に確認してみてください)

+++

《Zen5es餐庁》
(↑“5es”って、“wes”って読むのかな?)

金茂北京威斯汀大飯店(金茂WESTIN)4F
*燕莎交差点北西角、発展大廈の南側
地下鉄10号線「亮馬橋」駅スグ。

ホテル代表電話;010-5922‐8888

+++
 
何かお役に立てたなら、クリックしていただけると嬉しいです! 

tag_green.gif  

+++ 
 
 
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。 
 

《週刊中国的生活》 
index:レストラン 
《週刊中国的生活》 
index:中国茶 

《週刊中国的生活》 
index:北京おもしろSpot 
《週刊中国的生活》 
index:料理《胡同食堂*菜単》


+++  

スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

かんぺき!

何とかんっぷぇきな記事!
もうワタシは忘れてもいいね。ここに読みに来ればいいもん。
おいしかったですね!またどこぞへご一緒しませう。
キレイなお茶もありがとうございました。

〉丁未堂さん

いやいや、大雑把ですみません・・・!
料理の名前も控えていないし、なんとなく全体的に大雑把・・・
ま、大事なことは、野菜炒めが6本で68元だった、ということで。

ちなみに、今日、ウチの近所で食べた野菜の涼菜はお皿にモッサリ盛ってあって
8元でしたわ!

さすが!

食事をしながら、こんだけいろんなことをチェックされてたんですね。
それにしても、ことごとく美味くて感動してしまいましたね。テーブルに乗り切らない料理、久々の圧巻さだったですよ。ご一緒できてよかったです。
お茶販売楽しみしてますねえ^^

なるほど!

近日中に行く予定にしていたので、
本当に参考になりました!
金額が安かったので、美味しいか、心配だったんですよ~。

以前、秋のお茶会に参加した者ですが、国宝の「チキンカップ」私も、今日、購入してまいりました!一個40元でした\(◎o◎)/!
コーヒープーアールって、三全で購入できるのですか?

>doramiさん

いえいえ、みなさんとお話&突っ込みを入れていたことをそのまま書いただけです。^^
美味しくて、久しぶりにお腹がはちきれそうになりました!
また美食ツアー、誘ってください♪
お茶も、いよいよ開始で~す☆
こちらも宜しくお願いいたします!

>ロータスさん

確かに、あのお値段だとちょっと疑ってしまいますよねー。
そのせいか、金額の割にお客さんは少なかったです。
でも、店も豪華だし、お料理も美味しいし、“没問題”ですよ♪

国宝が40元!さすがC国!

珈琲プーアルも三全で取り扱います!
是非お試しください。
宜しくお願いいたします。^^

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/641-f7a754f3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。