スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

菊花プーアル茶/その他のプチプーアル茶 

三全公寓内「種字林」さんに於いて、囍 Double happinessプロデュースの中国茶を販売させて頂く件について、昨日UPしたのですが、今回はその続きです。
(発売は12月中旬予定です)
 

@@@
 

chinese_tea(13).jpg 
プチプーアル茶セット
右;宮廷プーアル茶 左;菊花プーアル茶
 

プーアル茶の効能、及び宮廷プーアル茶については、昨日のエントリーをご参照ください。
 

本日は、左側の菊花プーアル茶のご紹介。
 

【菊花プール茶】
 

菊花プーアルA2 
プーアル茶の中に、乾燥させた菊の花が1輪入っています。
直径2.5センチの小さなお茶だけど
包装紙もちゃんと可愛いと思いません?
 

菊花プーアルA3 
お湯を注ぐと、菊の花が開きます。
 

香港や広東省では、菊花プーアル茶は“菊普[ju2pu3]”(菊花普洱[ju2hua1 pu3er3])と略して呼ばれるほどポピュラーな飲み物です。
 
プーアル茶の脂肪分解効果とともに、菊の花の身体の中の余分な熱を排除する効果を組み合わせたブレンド茶です。
プーアル茶に菊の花を加えることにより、プーアル独特の香りが弱まり、菊の花のすがすがしい香りが漂うことで、飲みやすくなる効果もあります。
 
このプチプーアル、飲みきりサイズの1個につき、丁寧に1個ずつ菊の花が入っています。
お湯を注ぐと菊の花がフレッシュに開花するさまは、工芸茶のようです。
 
健康に良し、見た目も可愛い菊花プーアル茶、これもお勧めの1品です。
 

@@@
 

もうひとつ、別の種類の菊花プーアル茶もあります。
 

菊花プーアルB2 
直径3センチ弱の小さなプーアル茶
 

これは、前述の“菊普”がコイン型のプチプーアルなのに対し、“沱茶[tuo2cha2]”と呼ばれるお椀をひっくり返したような形をしているので、“小沱[xiao3tuo2]”と呼ばれるプチプーアル茶です。
こちらのタイプは菊の花びらが全面にちりばめられています。
こちらも、お湯を注ぐと花びらが広がり、菊の花の香りが仄かに漂います。
 

@@@
 

金木犀プーアル2 
 

こちらは姉妹品の“金木犀プチプーアル茶”です。
 

“菊普”同様に、こちらも全体に金木犀の花がちりばめられており、お湯を注ぐと花びらが見えてきます。
台湾茶の金木犀烏龍茶などと比べると、それほど強い金木犀の香りはしませんが、プーアルの中に仄かに香る花の香りを楽しめるお茶です。
 

@@@
 

珈琲プーアル2 
 

え?って感じの珈琲プーアル茶。
 

これ、珍しいと思います。プーアル茶を探してお茶市場を彷徨っているわたしも、これを扱っているお店はまだ1軒しか見たことがありません。
 

これも飲みきりのプチプーアル茶で、茶葉の中に粉砕した珈琲豆が入っている変わり種。
飲んでみると、98%ぐらいはプーアル茶の味なんだけど、最後~の方にちょっとだけ珈琲の香りが口の中に残ります。
珍しい物好きの方向け。
 

@@@
 

以上のプチプーアル茶5種(宮廷プーアル茶、菊花プーアル茶2種、金木犀プーアル茶、珈琲プーアル茶)をセットにした、プチプーアル茶トライアルセットも御用意しています。
 

chinese_tea(7).jpg 
そのままお土産にも使える、プチ小物入れに入っています。
 

まずは1種類ずつ飲んでみて、気に入ったお茶がありましたら、今度は1種類ずつ毎日のお茶として飲んで頂けたら・・・と思います。
 

chinese_tea(2).jpg chinese_tea(10).jpg chinese_tea(9).jpg
それぞれの8個入りパックもあります。
 

@@@
 

次回は、漢方薬成分が入った、健康に対して更に能動的なプーアル茶を御紹介します。
 

+++

何かお役に立てたなら、クリックしていただけると嬉しいです! 

tag_green.gif  

+++ 
 
 
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。 
 

《週刊中国的生活》 
index:レストラン 
《週刊中国的生活》 
index:中国茶 

《週刊中国的生活》 
index:北京おもしろSpot 
《週刊中国的生活》 
index:料理《胡同食堂*菜単》


+++  

 

 

 


 


スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

こんにちは、こちらにコメントのこすのは初めてです。
なんだかすごく楽しそうな展開になっていますね。
プーアル茶以外のお茶にも期待してます♪

興味あり!

ともこさん、ご無沙汰しています!
お忙しそう・・・と思っていたら、いよいよ♪始められていたのですね!?

色々なプーアールがあるのですね~
菊のお花が出てくるプーアール茶なんて初めて見ました!
可愛いし、これ絶対受けますよぉ~
私も是非早く飲んでみたいわ~
発売開始が楽しみです!

茶香に誘われて

ともこさんへ

初めまして、通りすがりのゆにんと申します。

北京出身の北方チャイニーズですが、6歳から日本暮らしをしているので、中国については自分よりもともこさんの方が詳しいかもしれません。

私もお茶好きなのですが、ご紹介しているお茶はどれもすごく美味しそうですね!年末に北京に帰るので、自分用とお土産用にぜひほしいです。三全公寓内「種字林」さんという場所を見付けられればですが…。(自分の泊まり先は中関村です。)

>MUZITさま

コメント、ありがとうございます!
今後は、季節ごとに、その季節に適したお茶を順次御紹介していこうと思っています。

>じゃすみんさん

あ~!じゃすみんさん!
ずっと不義理を重ねており、申し訳ございません!

この企画を進めるにあたり、「自分が欲しいお茶」という目線でセレクトしていたので、
なかなか納得のいくコストパフォーマンスのものがみつからず、
なんだかそれで忙しい感じになっておりました。

発売日が決まりましたらこの場を借りてお知らせしますので、
宜しくお願いいたします!

>ゆにんさん

コメントありがとうございます!

中国の方にそう言って頂けると本当に嬉しいです。

三全公寓は“燕莎”エリアにある、日本人の方が多く住んでいらっしゃる公寓です。
地下鉄だと最寄り駅は10号線「亮馬橋」です。
中関村からだとちょっと遠いですが、地下鉄を御利用いただくと、国貿などに出る途中なので、何かのついでに寄って頂けたら・・・と思います。
(SOLANA[藍色港湾]など新しいショッピングモールもあるエリアです)

発売日が決定いたしましたらブログでも地図を掲載いたしますね。

今後とも宜しくお願いいたします。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/637-f6c38d19

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。