スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

中国茶の販売のご案内@囍 Double happiness 

お久しぶりです。

やっと北京に戻ってまいりました。

復帰後(?)第一弾のエントリーは、わたしからのお知らせです。

 

あの

三全公寓にて

わたし(囍 Double happiness名義)
プロデュースの

中国茶が

販売されることになりました!

\(^o^)/

いやいや、自分でもこの展開にビックリです。

発売予定日なのですが、既にブロガー会やお茶会などでは12月10日とお知らせしていたのですが、諸処の都合により、若干延期となっております。

まだ発売日が決定していませんが、既に10日とお伝えしてしまった皆様、
まだです・・・。

発売日が決定いたしましたら、またこのブログにてお知らせしたいと思います。

場所は、

三全公寓フロント横の
「種字林」さん

という、シノワズリーな服や雑貨を取り扱っていらっしゃる素敵な雰囲気のお店です。

@@@

というわけで、今回はどんな商品を取り扱うのか、この場をお借りしてご説明したいと思います。

まず、商品のコンセプトですが、

北京の茶葉市場に流通している中国茶の
セレクトショップ

という位置づけです。

北京には数多くのお茶屋さんがあり、産地から直送しているお店も既にたくさんあります。
現時点では、わたしはこのような既存のお店と競合する商品を敢えて扱おうとは思っていません。
それよりは、今の北京に無いものを扱いたい、と思っています。

それは、一言でいえば、「お土産になるような中国茶」です。
または、「中国茶にそれほど深い興味の無い方でも気軽に飲める中国茶」。

中国茶を教室で習っていらっしゃる方は、御自分の御贔屓のお店もあると思いますし、ロットが多めのお茶でもお飲みになれると思いますが、そこまでお茶に関心はないけれど、せっかく中国に住んでいるから、手軽に飲めるのだったら飲んでみたい、という方にトライアル感覚で飲んで頂ける中国茶を扱おうと思っております。

そこで、北京の茶葉市場で入手できる茶葉の中で、日本人の方でも飲みやすい種類のお茶、飲みやすいレベルの等級のものをセレクトし、御提供していくのがこのショップのコンセプトです。

北京の茶葉市場は非常に広く、予備知識なしではどのお店に入って良いのかわからないと思います。(わたしが最初に行ったとき、まさにそうでした。)
卸売市場だから安いか、というと必ずしもそうでもなく、中には質の悪い茶葉を高額で売る店もありますし、少量では販売してくれない店もあります。

また、最初に飲んだものが質の悪いものだと、もう二度とその茶は飲んでもらえなくなります。
プーアル茶や中国紅茶によくあるパターンですね。
なので、最初に飲むお茶は質の良い、そのお茶の本来持っている実力が存分に出せているレベルのものを飲んで頂きたい、と思っています。

以上の理由から、良質の茶葉を出来る限り良心的なお値段でご提供したい、と考えています。

今後は種字林さんにおいて、季節の中国茶のテースティング会やお茶会などの開催も予定しておりますので、ご興味のある方は是非ご参加ください。

各イベント等につきましては、このブログにてご案内したいと思っております。

@@@

12月と言えば、一時帰国のシーズン。

お土産砂漠の北京において、こんなお土産は如何でしょう?

というものを御紹介いたします。

chinese_tea(13).jpg 
プチプーアル茶セット

貝型ケースに2つの小さなプーアル茶が入っています。
1個約2.5センチで、1回分です。
中に入っているのは、宮廷プーアル茶(左)と菊花プーアル茶(右)です。(ともに熟茶)

ここ数年の投資目的のプーアル茶ブームは中国在住の皆様なら御存知かと思いますが、その狂乱的ブームのため、よく目にする“餅”型(円盤型) のプーアル茶の値段は乱れ、市場はまさに玉石混合となってしまいました。(いや、殆ど“石”になってしまいました・・・)
プーアル茶に興味のある方は多いかと思いますが、“餅”1個は多いし値段も高いのか安いのかよくわからない・・・そういう方向けに、良質で1回で飲みきれるタイプのプチプーアル茶を探してきました。

もちろん“餅”1枚数百元(いや、数千元以上?)する最高級のプーアル茶と味を比べてはいけませんが、コストパフォーマンスを考えると、御家庭やオフィスで日常的に飲むにはかなりイケているプーアル茶だと思います。

コスパ的にはイチオシ商品です。

【プーアル茶と健康】

プーアル熟茶は身体を温める効果が高いため、寒い時期に飲むのに適しています。

最近の研究によると、以下の効果が報告されています。

抗がん作用…プーアル茶にはガン細胞の形を変形させ、付着や転移の能力を失わせる作用があることが報告されています。普段飲む場合の1%の濃度ですでに効果があるそうです。また、発がん性物質生成に対する抑制効果も報告されています。

抗肥満作用・・・プーアル茶の体脂肪減少作用、及び血中の中性脂肪・血糖値の低下作用が明らかになっています。これはプーアル茶の貯蔵年数に関係なく効果がみられるということです。
日本でプーアル茶が「ダイエット茶」と呼ばれているのは、この効果に由来しているようです。

動脈硬化抑制作用・・・高コレステロール食を投与したラットに黒茶(プーアル茶を含む発酵茶)の熱湯抽出物を与える実験を行ったところ、コレステロール値が低下し、その結果動脈効果指数が改善されたというデータがあります。

整腸作用・・・発酵のための微生物の働きにより、腸の働きが改善されます。便通が良くなり、結果として美肌効果に繋がります。

その他、食欲増進効果、消化促進作用(特に高脂肪の食事)、解毒作用、抗疲労作用(精神作用を高める)、覚醒作用(酒酔いを醒ます)、抗炎症作用、去痰作用、抗菌作用(下痢を治す)などが中国の茶史には記録されています。

プーアル茶を始めとする黒茶と少数民族との深~い関係など、興味深い話は尽きないのですが、今日のところはここまでとします。

【宮廷プーアル茶】

宮廷プーアル2 

一般的なプーアル茶は葉と茎が入っていますが、宮廷プーアル茶は芽だけで作られた、非常に繊細なプーアル茶です。
プーアル茶は中国茶の中でも唯一微生物により発酵を促進させる、一種の発酵食品なので、発酵が上手くいっていない、或いは質の悪い材料で作られた廉価なプーアル茶の中にはカビ臭いものもあり、最初にそのようなお茶を飲んでしまうとプーアル嫌いになってしまう方が多いと思います。

上質のプーアル茶にはそのようなカビ臭い臭いはありません。

プーアル熟茶は一般的に2~3年経ったものが飲み頃だと言われていますが、この宮廷プーアル茶も2007年のもので既に2年経っており、味もまろやかになっています。

飲み方としては、1回熱湯でさっと洗った後、1煎目を淹れます。
1煎目はお茶がほぐれるための時間もあり、30秒ほどでカップなどに出し切ります。
2煎目はすぐに濃いお茶が出るため、蒸らし時間は不要です。
以降、5煎以上濃い状態で飲むことができるので、プーアル茶は非常に経済的なお茶でもあります。

宮廷プーアル3
赤味がかった濃い水色はワインにも例えられます。
良いプーアル茶は濃い赤ワインのような美しい色をしています。

 宮廷プーアル4 三七プーアル7
左;宮廷プーアル茶の茶がら
右;一般のプチプーアル茶の茶がら

宮廷プーアル茶は芽で作られているため、茶がらはひじきみたいな感じです。
一方、一般的なプチプーアルの茶がらは、右のように大きな葉や茎が入っていますが、これは一概に質が悪いとは言えません。
大きな葉や茎が入っていると見た目はよくありませんが、成熟した葉や茎には糖類が多く含まれているため、これが芽のお茶とは異なるまろやかさを作りだしています。

@@@

菊花プーアルまで書こうと思っていましたが、長くなってしまったので、今日はここまで。
続きはまた次回UPします。

その他、漢方的功能が強いプーアル茶など各種準備しています。

ではでは、また次回!

+++

何かお役に立てたなら、クリックしていただけると嬉しいです! 

tag_green.gif  

+++ 
 
 
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。 
 

《週刊中国的生活》 
index:レストラン 
《週刊中国的生活》 
index:中国茶 

《週刊中国的生活》 
index:北京おもしろSpot 
《週刊中国的生活》 
index:料理《胡同食堂*菜単》


+++  

 

 

 


スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

相互リンクのお願い

ともこさん

こんにちは。
你好,我们是中国人女子小組

はじめまして。
私たちは上海で日本語を勉強しています!
ともこさんは中国茶を販売するですね、すごいです。
上海にも是非遊びに来てください♪

私たちは上海に住んでいまるOLと、女子大学生みんなで
「いーあるしゃんはいブログ」というグログをしています。

日本のブログを参考にして、
日本語の勉強もしながらみんなでブログを書いてます。
FC2という日本のブログサービスですを使ってまして、
こちらになります。

http://12shanghai.blog28.fc2.com/

あなたのブログのリンクを私たちのところに追加しました。
もしよろしかったら私たちのブログもリンクしてください。

ありがとうこざいます。

>いーあるしゃんはい さま

さすが上海!
コミュニティーも発達していますね。
楽しそうなコミュニティーですね。
わたしからもリンクを貼らせていただきます。

今後とも、宜しくお願いいたします。

はじめまして
毎年北京に行っていますが、
やっぱり困るのはお土産です。
お茶を買っていっても結局飲んでくれないんだろうなー、といつも思っていました。でもこんなお手軽なプーアール茶だったらいいかもしれませんね。
それよりも私の方が飲んでみたいものばかりで、春節の時に北京に行くのですが、今から楽しみです。春節の時も
やっておられますか?

質問なのですが・・・
私は武夷肉桂が好きなんですけど、馬連道では50gいくらが相場なんでしょうか?

お土産で

こんにちは、ご無沙汰しております。

みどりさんより「宮廷プーアル茶」他をお土産でいただきました!
早速、家で飲んでみましたが、いやぁ...流石です!
日本で一般的に流通しているものにある特有の臭いがなく、とても美味しかったです。
他にも色々いただいたので、毎日ちょっとづつ飲む楽しみができました♪

次、そっちへ行けるタイミングがまったく見えないので、店頭に伺うことができないのが残念...。
そのうち、日本への発送もお願いしますw

あ、私の記事から、こちらへリンクさせていただきますね。

>linmeiさん

コメント、ありがとうございます!
お茶も気に入って頂けたようで嬉しいです。

ただ、このお茶を取り扱ってもらっている種字林は、春節期間、休業ということです。
具体的には、春節前夜の2月13日正午から、早くても18日までは休業ということです。
まだ、いつまで休業なのか決定していないそうなので、報告が来次第、このブログでもお知らせいたします。

馬連道も同様で、わたしの懇意にして頂いているお茶屋さんは、早い店だと、1月25日から1ヶ月間、他の店でも2月上旬から旧暦明けて2週間程度は雲南や福建に帰るため、休業するようです。
開いている店もあるかもしれませんが、かなり閑散としていると思われます。
(毎年、春節期間中に馬連道に行っていらっしゃるようでしたら、余計なお世話ですみません。)

相場については、店の位置づけ(産地から直接買っているのか、間に業者が入っているのか、マニア向けの店なのか、飲食店等に卸す商品を扱っている店なのか)、茶葉の等級によりピンキリなので、具体的な数字を言うのは非常に難しいです。
市場では、自分が納得した値段がその商品の値段、になる、としか言えないでしょうか…。

>ヨシダさん

早速のコメント、ありがとうございます!
お茶も気に入って頂けたようで、本当に嬉しいです♪
特に宮廷プーアルは、茶葉のクオリティー・包装なども考慮すると、北京では他になかなか見つからないぐらいコストパフォーマンスが良いお茶ではないか、と秘かに思っているので、美味しく飲んでいただけて、ホント、嬉しいです。

他のお茶も、かなり苦労して見つけてきたアイテムなので、ゆっくり楽しんでください。

TBありがとうございます!

わたしからもしたいのですが、何故かYahoo!ブログには上手くTBができないのです・・・なんでだろう???


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/636-ae1b3947

北京から「みどりさん」が来たよ!の報告

2月24号 星期天、12点。←精一杯の中国語 [http://blogs.yahoo.co.jp/yorinotorimidori/ みどりの果敢な北京生活]の'''みどりさん'''&ちびっこ2名 [http://blogs.yahoo.co.jp/ctzx531_fengxu/ 夢中人・くまねこのつぅ~な日常in京都?...

  • [2010/01/25 01:32]
  • URL |
  • 三十路独身道楽者 |
  • TOP ▲

北京から「みどりさん」が来たよ!の報告

2月24号 星期天、12点。← 精一杯の中国語を使ってみました [http://blogs.yahoo.co.jp/yorinotorimidori/ みどりの果敢な北京生活]の'''みどりさん'''&ちびっこ2名 [http://blogs.yahoo.co.jp/ctzx531_fengxu/ 夢中人・くまねこのつ...

  • [2010/01/26 00:25]
  • URL |
  • 三十路独身道楽者 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。