スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

サンザシでスイーツを作ってみた@北京 

北京で冬のお菓子と言えば、コレ!

091107_cookie (8) 
糖葫芦[tang2hu2lu]たんふ~る~
サンザシなどのフルーツを串に刺して飴で固めたお菓子。

これを作るためか、この季節、市場などの果物屋でサンザシを見かける。
サンザシを見ると、買って何かを作ってみたくなってしまうわたし。

091107_cookie (3) 
1斤(500g)5元だったので、10元分(1Kg)買った。
買いすぎ。

これを買った帰り道、ジャムを作ろうか、コンポートにしようか・・・と思いめぐらせているうちに、ハタと思いついた。

これをペースト状にして♪

パウンドケーキや♪

クッキーや♪

ベーグル生地に練り込んだら美味しそう♪

サンザシって日本であまり見ないのでどんな味かわかりにくいと思うのだけど、わたしはこれは「アセロラに近い」と思っている。
要は、とっても酸っぱくてビタミ~ンな味。

同じく日本にあまり無くて、サンザシと混同される果物に「棗(ナツメ)」がある。
こちらは甘くて、ドライになったものは「プルーン」っぽい存在だと思っている。
(果物の状態のナツメは姫りんごっぽい。)

この赤くて酸っぱい味を練り込んだら、ラズベリーを練り込んだみたいな感じになるんじゃないか、と思ったわけ。
(ムースにしても美味しそうだけど、それはちょっと作るのが面倒くさそう・・・)

で、早速作業開始!

まずは、サンザシをペーストにするところから。
これはジャムの作り方と同じにして、砂糖の割合を少なくしてみた。

ジャムの作り方は過去記事参照→サンザシのコンフィチュール@北京 

091107_cookie (4) 
砂糖で煮込んでいる途中、あんまり美味しそうだったので、ちょっとつまみ食い。
すっぱ甘くて美味しい♪

サンザシのコンポートの作り方も過去記事参照→サンザシのコンポート@北京 

で、ペーストは完成。

冷ました方が良いと思ったので、1日目はここで終了。

@@@

2日目。いよいよスイーツに練り込んでみる。

今回、やってみたのはクッキー。

頭の中で考えた手順としては・・・

1.プレーンの生地の材料を粉を入れる前の段階でまず2等分、

2.半分にした材料を更に3等分、

3.6分の1になった材料に、「サンザシペースト」「かぼちゃペースト」「黒ゴマ」をそれぞれ練り込む。

091107_cookie (7) 
要は、中国っぽい材料(中国で簡単に入手できる材料)
で着色したかったのよ。

4.それぞれの生地+最初に分けたプレーン生地でツートンカラーのクッキーを3種類作る。

それぞれのペーストを練り込んだあと、粉を投入した時点で失敗を認識。

あー・・・ペーストが緩すぎた!

ペーストに水分が多かったため、規定量の粉では生地がまとまらず、追加で入れてしまった。
これじゃ、出来上がりが粉っぽくなってしまう。

むー・・・。

ま、もしかしたら美味しくなるかもしれないので(←すごい楽観主義)、とりあえず成形して、焼いてみる。

091107_cookie.jpg 
あ~・・・成形も失敗!
ピンクのサンザシクッキーは、まん丸にしたかったのよー。
なんか正月のかまぼこみたい。

で、アフター。



091107_cookie (2) 
3~4センチの一口クッキー。
ゴマのペーストが一番硬かったので、
うずまきクッキーは比較的硬く焼けた。
かぼちゃクッキーは黄色い部分が柔らかくなり過ぎてしまったけど、
白いプレーンの部分がまだ多いのでなんとかギリギリ。
サンザシはプレーン生地が少ないので、完全アウト!

まぁ、頭の中で考えたものを作ってみたものとしては、ギリギリ食べられるレベルで焼き上がった。(除 サンザシ)

今回の敗因を分析すると・・・

・ペーストが柔らかすぎた。また、1つのクッキーを作る分量を3等分(正確には6等分)してしまったため、カラー生地1種類あたりの量が少なすぎて、粉が上手く混ざらなかったのも敗因の一つ。

・生地の固さが一定でなかったため、形も変な風になった。

成果としては、かぼちゃが意外と色が出ることがわかった。

今回、全くダメだったのがサンザシで、ペーストを作る時点で水分を入れ過ぎて、結果的にゆるいペースト→ゆるい生地→粉を多めに投入→味も悪くなるし色も薄くなる、というダメなことばかりだった。
当然味も悪く、うずまきの黒ゴマとダイヤのかぼちゃはお茶教室のお茶請け用に皆さんに食べて頂いたのだが(出来が悪くてスミマセン・・・!)、サンザシクッキーだけは、わたしが自己責任で消費しなければならない味だった。
ピンク部分が粉っぽく、またグニャっと嫌にソフトで、食感も悪い。
サンザシの味はかすかにするので、味の点では良かったのだけど、やっぱ、水分の問題だ。

ってことで、サンザシスイーツについては、再度研究してみる予定。

大量にできちゃったペーストをもう一度火にかけて水分を飛ばし、濃度を上げれば使えると思うんだけど。

@@@

サンザシペースト、ジャムとしてはちょっとすっぱい、って感じに仕上がった。
味見しているうちに、このペースト&クリームチーズでベーグルを食べたいっ!と思い、オーブンを温めたその勢いでベーグル作成。

091107_cookie (5) 

091107_cookie (6) 
クリームチーズの上に酸っぱいサンザシペーストをたっぷり!
これが旨い♪

あ~・・・でもこの程度の消費では追いつかないわー・・・。

(ベーグルって、最初は生地にサンザシ練り込む予定だったのに、すっかり忘れてしまった!ので、次回はサンザシパウンドとサンザシベーグルに挑戦したい。乞う御期待?!←たぶんまた失敗する。)

+++

今年は10月31日の夜から雪が大量に降ったりして(後半は人口雪だったらしいけど)変な天候だったけど、立冬の日(11月7日)も夜、霧がすごかった。

091107_kiri.jpg 
ウチの部屋から外をみたところ。
なーーーーんにも見えない。

普段はこれぐらい見える。


 

091107_kiri2.jpg 

この日相棒は外に出ていて、深夜タクシーで帰って来たのだけど、タクの運ちゃんもこんな霧は見たこと無いって言うぐらい深くて濃い霧だったらしい。
次の交差点も信号も見えないので、乗っている相棒も怖くて、「ゆっくり!ゆっくり!」と叫びながら乗っていたらしいし、別方向に帰った友達は、周囲が真っ白で自分たちがどこを走っているのかわからず、北京のど真ん中で道に迷っていたらしい。

翌日の朝はそうでもなかったけど、あの恐ろしい霧は何だったのだろう。

+++

ふとブログのアクセスカウンターを見たら、キリ番だった!

アクセスカウンター 

いつも見てくださっている皆様、ありがとうございます!

++

何かお役に立てたなら、クリックしていただけると嬉しいです!

tag_green.gif  

+++ 
 
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。 
 

《週刊中国的生活》 
index:レストラン 
《週刊中国的生活》 
index:中国茶 

《週刊中国的生活》 
index:北京おもしろSpot 
《週刊中国的生活》 
index:料理《胡同食堂*菜単》


+++
  

 





スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

サンザシデザート♪

サンザシってまだ食べた事がないので、是非食べてみたいです。
さて、「ムースにしたら・・・作るのが面倒そう」との事ですが、温めたサンザシペーストの中にマシュマロ投入して溶かしてから冷やし固めたら、ムースというかババロアのようになるかも~♪
(ちょっと甘くなりすぎるかな?)

成功を祈る!

>>>ま、もしかしたら美味しくなるかもしれないので(←すごい楽観主義)

↑このノリ大好きー!!^ ^
クッキーの練り込み系応用バリエーションってけっこう難しくない? 私は失敗してあっさり諦めたクチ。成功を祈る!!!

>beixiaojie5 さん

サンザシは加工したお菓子モノも美味しいですが、フルーツ系も今、スーパーにあることもあるみたいです。
フルーツのままだと酸っぱすぎるので、なんらかで甘みを加えた方が美味しいですけど。
あと、ジャムの既製品も売っています。
是非、試してみてください!

>温めたサンザシペーストの中にマシュマロ投入して溶かしてから冷やし固めたら、ムースというかババロアのようになるかも~♪

いやん♪beixiaojie5 さん天才?!
マシュマロって発想はありませんでした!
たしかに、材料は卵白とゼラチン・・・いけそうですね!
早速やってみます!
スゴイ~~~☆

>zhaoさん

ちょっと足りない感じなので…^^;

クッキーの練り込み系応用バリエーション、めっちゃ難しいです。
たぶん、科学的に、粉との配分を計算しないとダメみたいですね。
このクッキー、数日たった今、かなり無理目に不味くなっています…(T T)


さんざしジャムののった、
チーズケーキとか大量消費できるんじゃないでしょうか??

ブルーベリーチーズケーキ みたいなのりで。

>Hnoriさん

コメントありがとうございます!

サンザシジャムの乗ったチーズケーキ!
おいしそー♪
それ、すごく良いアイディアですね。

あ~・・・カロリーが・・・!でも、それ以上に魅力的~~~危険~~~!

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/623-82c3b027

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。