スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

798芸術区 シュールな空間 

大山子798芸術区で開催中の《美麗新世界》展に行ってきました。

事前に入手していたチラシによると、第一部の出品者は会田誠、草間弥生(!)、岡崎京子、第二部には押井守の、第三部には浦沢直樹の名前が!芸術にそれほど詳しくないわたしでも知っている名前が続々と出てきています。行かなくては!(さすが国際交流基金主催!)
 


071002_35.jpg
草間弥生の作品
日本じゃ写真撮れないよね・・・


071002_36.jpg
壁一面にプラレールを張り巡らした作品
(第1部)


071002_37.jpg


071002_15.jpg
この大きな人形が、一定の時間が来ると・・・


071002_16.jpg
立ち上がります!


071002_17.jpg
とっても大きいので、ちょっとビックリする!
(第3会場)


071002_18.jpg
この人、会場の演出したコスプレ?と思ったけど、どこにでもいたので
本当の警備員さんでした・・・
日本のアートと中国の普通の現実はほぼ同じラインにあって
とってもシュールです


日本で見たことのあるちょっと古い作品もありましたが、やっぱ、比べると日本の作品は面白いです。

これ、会場は3箇所ありますが、個人的には出品作家数の一番多い第1部のものが面白かったです。(第1部/長征空間、第2部/映画廊芸術中心、第3部/東京画廊)


071002_19.jpg
映画廊芸術中心の横のカフェは漫画喫茶になっていました
しかも、全部日本の漫画!中国語訳)
中央の本棚の搭の“中に入って”本を探します。


今日は《美麗新世界》だけでなく、798芸術区内で展示されている作品展をいくつか見て歩いてきました。

ここの魅力はなんと言っても“空間”ですね。中国人作家の作品自体はまだちょっと・・・というものが多いように感じます。奇をてらっているだけとか、やたら“死”や“血”を全面に押し出しすぎているとか、力技な気がして「面白い!」と感じる以前にちょっと押し付けがましい印象を受けるんですね。もしかしたらこれは良い悪いの問題ではなく、国民性の問題なのかもしれませんが・・・。

798芸術区はこんな雰囲気の場所です。↓(工場跡地)


歩いているだけで楽しいし、アートスペースはすべて入場無料なので秋のお散歩に107、デートに440、是非是非♪


071002_10.jpg


071002_01.jpg


071002_04.jpg


071002_08.jpg
これはオブジェじゃなくて、実物(現物?)です
蒸気とか噴出していてナウシカチックな感じ。


071002_09.jpg




071002_11.jpg


071002_12.jpg


071002_13.jpg
右手はアートスペースですが、左においてあるブルドーザーはオブジェではなくて
工事現場で使っているものです。
でもアートの展示より人気があって、学生がこれによじ登って写真を撮り合っていて
工人の親方みたいな人に叱られていました。


071002_29.jpg
作品の向こうに煙突とか見えちゃうのがイイです


071002_32.jpg


071002_34.jpg


071002_28.jpg
画集とか写真集は街の大きな書店より揃っています
写真集を立ち読みするのも楽しい☆


+++


アートスペースの中に、普通に民工の人たちがいるのがとってもシュール。現実とアートが周回遅れで重なってる感じ。


071002_02.jpg
ずっと動かないおばさん。
一瞬作品かと思った。


071002_03.jpg


071002_05.jpg
+++


071002_14.jpg
カフェではこんなランチも食べられます。



 結局一番気に入ったのはこの落書き!
しりあがり寿的確信犯だったら、惚れます。


071002_22.jpg


他の作家の作品は・・・↓(「続きを見る」をクリックして下さい!)




 

[PR] 中国語留学のサポートなら

071002_06.jpg


071002_07.jpg


071002_20.jpg


071002_21.jpg


071002_23.jpg
有名な《時態空間》
コスプレアートをやっていました


071002_24.jpg
大人気!


071002_25.jpg
外国人も!


071002_26.jpg


071002_27.jpg


071002_30.jpg


071002_31.jpg
これ、静謐な感じがして好きです。
中国で見ると、アートなのかただの工事現場なのかわかりませんが・・・。
一応、これはアートらしいです。


071002_33.jpg







スポンサーサイト

コメント

初めまして☆

798芸術区で、検索してるとこちらに飛んできました!!

いいですねぇ~!!草間弥生をはじめ数々の作品たち!!本当にうらやましいです!!現代アートも捨てたもんじゃないですね!私も早く北京へ遊びに行きたいです☆

>i-cchinaさん
コメントありがとうございます!
798芸術区、空間そのものが面白いので、是非遊びに行ってみてください!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/62-d6484bda

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。