スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

インドスパイス屋《起源》とユニクロ+J@北京・三里屯 

丁未堂さんのブログで、三里屯にインドスパイスを売っている“小売部”(“Shop”じゃなくて!)があると知り、行ってみた。

091101_qiyuan (2) 
あ、本当に“小売部”だ・・・。
「起源」というインドっぽい深い名前が付いているようだが、
垂れ幕(?)がよれてしまってわかりにくい。
よく見ると、入口の頭上のガラスに「起源」と書かれている。

場所は、三里屯ビレッジを北西(左の奥)の角まで行くと、正面が派出所で道を挟んで「杭州包子」があるのだが、その間の道を入ってすぐの左側。

風景に溶け込んでる感じだけど、よく見ていると欧米人やインド人っぽい人たちが次々と店に入っていく。みんな良く知ってるなぁ。

で、わたしはこんなもんを購入。

091101_qiyuan.jpg 
“小豆蔲”はカルダモン100g@28元。
真中のはココナッツフレーク200g@7元。
コーン缶@10元ぐらいだったかな?

丁未堂さんはずっとカルダモンを探していらっしゃり、ここで発見して喜んでいらっしゃった。

わたしは以前、「カルダモン」を辞書で調べたら「小荳蒄(しょうずく)」と出て来たので、同仁堂で「小荳蒄」を買ってきたのだが、カルダモンとは見た目が違う・・・。

090114_03_puer.jpg 
同仁堂で買った「小荳蒄」
味もカルダモンとはちょっと違う。

ネットで検索してみても、「小荳蒄」=「カルダモン」なのだけど、そこに出てくる画像は、起源で買った方のカルダモンと同じく、緑色のカボチャの種みたいな方だ。

じゃ・・・これは何???

ちなみに、「ナツメグ」は「肉荳蒄(にくずく)」らしい。

まぁ、とりあえず、カルダモンがゲットできたし、ジェニー・〇ーでは結構お高くて買うのを迷っていたココナッツフレークもお安く手に入った。
粉チーズは16元で売っていた。
この前、同じものをフレッシュ〇スで22.5元で買っちゃったよ・・・。
次はここで買おう。

コーン缶は特に安く無かったので、全部が他より安いわけではないようだけど、特にスパイス系では珍しいものが置いてあるので、一見の価値はアリ。

+++

三里屯まで行ったので、ついでにユニクロも覗いてみたら、ヒートテックが安くなっていたので、相棒の分を購入。
わたしの分より相棒の分を・・・というような優しい気持ちではなく、わたしの分は既に昨年購入済みだったから。
わたしは昨年10月の帰国時に日本でガッツリ買ってきたのだが、暑がりの相棒は「ヒートテックなんていらない!」とほざいていたため購入しなかった。
その後、日本でもヒートテック人気で品薄状態、北京ではまだ買えたのに、要らない!なんて言うので買わなかった。
しかし、11月1日の雪以来、寒い寒いと言いだしたため、「ほらね!」とばかりに購入に至ったのである。
しかも、まだ季節の始めだというのに、安くなってたし。

091106_ht.jpg 
上:Tシャツタイプ;半袖79元(1106円)、長袖99元(1386円)
下:ズボンの下に履くタイプ 定価129元(1806円)が59元(826円)に!
包装から見て、去年の売れ残り?

気になったので、日本での販売価格も見てみた。

今回買ったのと同じボーダーVネックT(長袖)・・・11月8日までの期間限定価格で990円(敢えて人民元換算すると70元)
同じく半袖・・・1000円(72元)
タイツ・・・11月8日までの期間限定価格で990円

北京で買うと、ユニクロも無印も日本より高くなるのが普通なので、これ程度の差額だったらOKかな、と。(それにしても、ユニクロって日本での価格を人民元換算すると、めっちゃ安いなぁ。ユニクロの横にある雅秀市場では、P◇L◇のニセモノ長袖Tシャツを100元以上で売っているけど、質はそれほど良くないよ。ユニクロで買った方がよっぽどコスパが良いと思う。)

やっぱり冬はヒートテックっす。
*他の冬物商品も、11月15日までの期間限定値下げ販売をしていたよ。

日本では購入が大変と聞いているジル・サンダーとのコラボ商品も普通に買える。
日本だと1人1点しか買えないらしいけど、北京では一応そういう注意書きは書いてあるけど特に人気コーナーにはなっていないので、普通に何点でも買えそう。
わたしは買わなかったけど。

+++

昨日の追加画像。

布市場でアフリカンな布も購入。
6m1セットで82元(1148円←6mでの値段だよ!)って、日本では絶対に買えない。
これで何つくろー?
わくわくする!

091101.jpg 

++

何かお役に立てたなら、クリックしていただけると嬉しいです!

tag_green.gif  

+++ 
 
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。 
 

《週刊中国的生活》 
index:レストラン 
《週刊中国的生活》 
index:中国茶 

《週刊中国的生活》 
index:北京おもしろSpot 
《週刊中国的生活》 
index:料理《胡同食堂*菜単》


+++
 

 

 




スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/613-f658f4fa

【米】インド、日本を味方にして中国に対抗する戦略―米誌[11/08]東アジアニュース速報+@2ch掲示板

したらば掲示板限定シリーズ三部作雑記:【東アジア共同体】「米国は加えない」 岡田克也外相が表明 - 名無しさん@十周年 - livedoor Blog(ブログ) つか日本はインドとは特にトラブル抱えてないしな 領土問題もないし インドみたく、日本と国境接してない中国...

  • [2009/11/09 01:39]
  • URL |
  • したらば掲示板限定シリーズ三部作雑記 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。