スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

中国茶 茶芸技師 第3回 緑茶(龍井・碧螺春)  

茶芸技師 第3回 緑茶(龍井・碧螺春)復習メモ 

1.龍井の有名な産地;獅峰/西湖山/梅家塢/(新昌)

2.注意点;
・身体を冷やす作用があるため、生理中や妊娠中の女性は飲まない方が良い。
(鉄観音も生理中はやめておいた方が良いらしい)
・免疫力を高める。
(緑茶は基本的には秋・冬は飲まないが、免疫力を高める→インフルエンザ対策として午前中に2煎ほど飲むのは良いらしい)
・胃が悪い人は向いていない。→緑茶より紅茶のほうが良い。
・心臓病の人にも向いていない。

3.テイスティング

【龍井】

091021_jishi(1).jpg 

(1)新昌龍井

091021_jishi(4).jpg

 

(2)龍井43号(西湖龍井)


091021_jishi(5).jpg 
左;新昌龍井 右;龍井43号
43号のほうが茶葉の色が若干濃い。

(3)獅峰龍井

【碧螺春】

091021_jishi(2).jpg 

(4)竹香

(5)蒙頂甘露(洞庭碧螺春のニセモノとして出回りやすい)

※科学技術が発達しても、結局人間の舌が一番細かい差を捉えられる、という話を聞き(考古学の人が土を舐めて地質を調べることから)、茶がらを食べてみた。
「蒙頂甘露」は「竹香」より少し硬め。
茶がらを食べてみると、違いが良く分かる。

(6)洞庭碧螺春
※茶がらの味:柔らかくて苦みがない。

@@@

キッチンで手作り茶点の試作を行っていたので、試食させて頂いた。
全て、茶葉を使ったお菓子。

091021_jishi(6).jpg 091021_jishi(9).jpg
091021_jishi(8).jpg  091021_jishi(7).jpg

どれも美味しかったデス。

 

+++

今日の《週刊中国的生活》は何位かな?
クリックしていただけると、ランキングが見られます!

tag_green.gif  

+++ 
 
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。 
 

《週刊中国的生活》 
index:レストラン 
《週刊中国的生活》 
index:中国茶 

《週刊中国的生活》 
index:北京おもしろSpot 
《週刊中国的生活》 
index:料理《胡同食堂*菜単》


+++  

 

 


スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

碧螺春

一昔前の中国映画見てたら、古い家の主が好きな客に碧螺春出して、使用人が「ワシだって飲んだことないのに」と言いながら運んでた。文学や映画の中でこういう演出にお茶を使うのって中国らしくてイイですよね。
ところで、左下の寒天っぽいお菓子が気になりマス。よくこんなキレイな緑に出来るね。

>丁未堂さん

さすが!面白そうな映画、見ていらっしゃいますね。
今はニセモノが出まくっていますが、昔の方が本物しかなくて、本当に高級茶だったんでしょうね。
日本では高級中国茶のペットボトルなぞが出ていて、「高級」の価値が失せて来ているのが残念です。

緑のお菓子は、日本の抹茶を使ったゼリーです。
すごく色が濃いですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/609-d71be985

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。