スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

秋の夜長のDVD鑑賞 

久しぶりにDVDを見たら、なんだか頭が冴えて眠れなくなったので、もう1本見てしまった。

映画1本目は『少年メリケンサック』。 
クドカンものは見ておきたいなぁ、と思って。

 


宮崎あおいって、『篤姫』見てないから久しぶりで・・・というか、『害虫』以来映画では見ていないかも。

宮崎あおいはさすがですね、って以外特にコメントは無く、おっさん陣に胸キュン☆でした。

ジミー役の若い時の峯田さん、サイコー。おっさん時代のトモロヲさん、サイコー。

佐藤浩市もスゴかった。『ザ・マジックアワー』見たとき、どうしちゃったんだろう?って思ったけど、あのまま突っ走ってる感じで面白杉。
その弟役がキム兄っていうのも、めちゃくちゃ杉。
目が細いから選ばれた???

『メリケンサック』で目が冴えてしまったので、今度は落ち着いた作品に。


映画熊坂出第1回監督作品という『パーク アンド ラブホテル』。

公式サイト;
http://pff.jp/park/

 


映画のコピーは

その街の ラブホテルの屋上には 小さな公園が ありました

主役は「りりィ」。

どんな映画か前知識無かったけど、もうこれ、絶対にいい映画だと思った。

結論としては、本当に良かった。

13歳の少女役の梶原ひかりって子の表情がすごく印象的だったけど、特典映像の舞台挨拶見たらアイドルっぽくてガッカリ。
この子、こういう演技できるのに、勿体ないなぁ。

59歳のラブホテルのオーナー役のりりィ、良かった。
(懐かしのちはるなんてのも出ている!)

この映画を見ていると、まず、「女っていいな」と思った。
この映画は主要な役はいろいろな世代の女なのだけど、どの世代も大変で、でも、良い。

りりィは皺もシミもあるけど、それもイイ。
年相応、って良いと思う。
よく、手術なんかで皺を取ったり、40代なのに20代(しかもギャル系。親子なのに姉妹に見える!とか)に見える人とかいるけど、あぁいうのはちょっと妖怪っぽい。
若く見えることが良いんじゃなくて、若いことが良いのであって、若くない人が若く見せるのは違うと思うんだよね。
若く無い人には、若くない人の魅力があるはずなのに、そっちを育てないで若い人が持つ魅力を維持しようと思うのは、無理が出て妖怪になる。

年を取ってハゲられない俳優は面白くないと思うし、
目尻の皺がカッコよくない女優も魅力無いと思うなぁ。

わたしは金八のころから倍賞美津子が好きなんだけど、あの人、今では目元の皺なんかスゴイけど、あの皺がカッコいい。
あぁいう皺がカッコいい女優さん、素敵だと思う。
まぁ、アントニオ猪木と結婚するぐらいだから、もともと気合入ってる人なんだろうけど。
(とういか、猪木と結婚していながらショーケンと不倫しているって、気合入りすぎ!)

映画の中では、りりィはほとんど笑わないので分からなかったけど、メイキング映像見ていて、誰かに似ている!と思ったら・・・
鬼奴にソックリ!
口元とか、笑い方とか、しゃべり方が凄く似ている!

鬼奴、もともとキャラ濃いけど、今後40代~50代にかけて、日本映画の世界で良い味出していくかも。
ラブホテルのオーナー役の鬼奴とか、見てみたい。

+++

その他、最近見た映画。

@@@

『ゆれる』


◆丁度TVで西川美和監督のインタビューをやっていて、いきなり見る気になった。

ジョー先生がセクシーすぎてクラクラしますた。

香川照之ってすごいね、と思った。

@@@

『ドロップ』

 

◆あの品川さんが撮った映画でしょ・・・と思っていたのだけど、見たら本当に面白くて参った。

最近のイケメン事情に疎く、水嶋ヒロって誰よ、と思ったのだけど、マヂで不良がカッコ良くて参った。
中学生役にしてはみんな老けてるけど。

『岸和田少年愚連隊』好きな人は面白いかも。

 レイザーラモンHGが出てたんだけど、サングラスしてないからわかんなかった。
素顔、あんななんだ!(もっとイケメンかと思った)
やけに身体イイ奴が出てんな、と思ったよ。

@@@

『デトロイト・メタル・シティ』

 

◆松ケンだから面白いんだろうな、と思ったけど、面白かった。

松ケンって引き出し多いよね。面白すぎで可愛すぎ。

松雪さん、パンツ丸見せでスゴイ。

こういうバカバカしい映画、大好き。

@@@

『歩いても 歩いても』

 

◆是枝裕和監督作品なので、見てみた。

タイトルはいしだあゆみの『ブルーライト ヨコハマ』の歌詞だって映画の中で言われるまで気がつかなかった。

映画に出てくる樹木希林が作っている料理が美味しそう。

阿部ちゃんの抑えた演技がまた良かった。
この監督のYOUの使い方、好き。

@@@

『パコと魔法の絵本』


◆今年見た映画の中で一番良かったかも。

2回続けて見ちゃったよ。役所広司じゃなきゃ、そこまで思わなかったかも。

あの大阪弁のヤクザが気になって、誰だか調べてしまった。

この映画は、良い。

@@@

『どろろ』

 

◆いつも思うのは、「柴崎コウさえ出ていなければ!」。

この人、いっつも原作に無い役をやって、「これさえ無ければ・・・」って思わせるんだよね。
キライだなぁ。

妻夫木クンは良いのに。

@@@

『めがね』

 

◆自分的に好きなんじゃないか、と思って見たのに、ものすごくイラっと来てしまった。
たぶん、わたしのコンディションに合わなかったんだろう。

2008年のヒット作らしいけど、日本で一生懸命働いている人の心にこそ響く作品なのかも。

『かもめ食堂』のアンサーソング(っていい方が適切かわからないけど)的な作品みたいだけど、実は『かもめ』の方もそれほどグッっと来なかったんだよね。
小林聡美は好きなんだけど、もたいの演技がダメなのかもしれない。
もたいまさこに「珍しいキノコ舞踏団」的要素が加わると、ちょっとあざとすぎるのかも。
最後の赤いマフラーとかね、いいんだけど、イラっとくるんだよなぁ。何故か。

(あと、何故か勝手に「おぎやはぎ」が出ていると思いこんでいて、出ていなかったのでガッカリした。)

大多数の賛同を得られないコメントだと思いますが。

@@@

『チャーリーとチョコレート工場』

 

◆アメリカの映画ってほとんど見ないのだけど、これは面白かった。
ジョニー・ディップって上沼恵美子に似ている。
要は大阪のおばさん顔。

+++

今日の《週刊中国的生活》は何位かな?
クリックしていただけると、ランキングが見られます!

tag_green.gif  

+++ 
 
 
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。 
 

《週刊中国的生活》 
index:レストラン 
《週刊中国的生活》 
index:中国茶 

《週刊中国的生活》 
index:北京おもしろSpot 
《週刊中国的生活》 
index:料理《胡同食堂*菜単》


+++ 


スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

ともこさん、こんにちは。
DVDレビューとってもうなずけるところが多かったです。
香川照之がすごいのも、松ケンの引き出しが多いのも、是枝監督がYouの使い方うまいのも、柴咲コウがいらないのも、激しく同意。
でも、ジョニー・デップが上沼恵美子似って...見た目だけじゃなくて雰囲気込みでもう少し観察していただきたいところです、全くの別物です(当たり前だけど)。映画「ショコラ」のギターを弾くジョニデとか、お勧めですよ~。

>Ricoさま

コメントありがとうございます!

とくに柴咲コウのくだり、同意していただけてうれしいです。
年末の三谷ドラマにも出るようですが、彼女の良さがどうしてもわからないので・・・。

「チョコレート工場」のほうは、ウンパルンパ(でしたっけ?ちいさいひとたち)が気になって・・・。
「ショコラ」ですね。探してみます。
ありがとうございます!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/608-fb67d1e0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。