スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

2009北京798芸術節 

10月25日まで大山子798芸術区で『北京798芸術節』を開催してるということで、天気も良かったため、秋の散歩がてら見に行ってみた。

※過去の798情報については、index:北京おもしろSpot  参照。

会場は、あの有名な「時態空間」より北側の「創意広場」。

前回行ったビエンナーレが思ったほど盛り上がっていなかったので期待しないで行ったが、正解だった。
やはり、想像していたほど盛り上がってはいなかった。
今回の芸術節は音楽ライブや舞台なども行われているようで、夜にはライブを行うのか、広場で舞台の設営をしていたので、夜の方が盛り上がるのかもしれない。

創意広場の正面にある大きな旧工場風の建物は、いつもは閉鎖されているのに、今回は会場として開放されていたので、ここに入れただけでも来た甲斐があったかな?

091024_798(3).jpg
「創意広場」は、これがあるエリア。

091024_798(2).jpg 
この正面の建物は、普段閉鎖されているので、一度入ってみたかった。

091024_798(4).jpg
中はこんな感じ。

091024_798(6).jpg 

091024_798(7).jpg 

展示作品については、面白いと思うものもあれば、学生の作品?と思うような、勢いだけみたいなものもあるけど、798はテーマパーク化されたとはいえ、空間の素材の面白さはまだ生きている。
ここも、作品よりも、空間が面白い。(残念ながら・・・)

091024_798(5).jpg
空間は面白いんだけどなぁ・・・。

前述の三角屋根のアートスペース「偑斯北京」では、張暁剛の作品展もやっていた。
その隣は艾未未の展示だった。
艾未未は一時帰国の時に見逃していたので、北京で見られてラッキー。
展示点数は少なかったけど。

過去の艾未未関連エントリー;草場地芸術区@北京 

091024_798(9).jpg 
艾未未の作品を展示していた場所。

091024_798(8).jpg 
艾未未作品

+++

奥のD広場というエリアでは、20日~25日まで、工芸美術展を開催している、と看板が出ていたので、そちら方向に歩いてみた。

途中の「see+」という画廊で、わたし好みの展示を発見!

091024_798(11).jpg 
“革命的浪漫主義”
様板劇~Model Opera~

「様板劇」とは、日本語にすると「模範劇」。
「革命現代京劇」のことで、今では「現代京劇」と言われている。
写真を見てもわかるように、革命における模範的な内容のストーリーを、京劇やバレエの表現方法を用いて表現する演劇様式。

わたしも京劇をちょこっと習っていたときに、老師の強い勧めにより《紅灯記》を1曲習いましたよ・・・。あれ、抗日の内容じゃないよね・・・。
そのときは、よくわからんまま習っていた。

「様板劇」も見たことがあるのだけど、これは面白いとかそういう評価を超越していると思う。
まず思うのが、「演じている人は、本気なんだよね・・・」ということ。
なんというか、北〇鮮の律動体操を見たときのような、軽い衝撃の後、思考の異空間に誘われる。
通常我々が持っている評価の軸では対応できない、別の美学がここには働いているように感じられる。
その不思議感が、結構好き。

091024_798(12).jpg
飛んだりも、する。

091024_798(13).jpg
モーホーっぽい表現も多数。

グッっと来ます。

+++

その後D広場に辿りついたのだが、20日からやっているくせに今日は何かの御招待日だったのか、平民は会場の中には入れず。
従って、何が展示されていたのかも不明。

091024_798(14).jpg 
エリアにだけは入れた。

帰りは時態空間のほうを周って帰ろう、と思い、覗いてみたが、こちらも準備中であった。

「7坊街新疆芸術北京特展」というのを10月24日(土)~25日(日)開催とのこと。
土曜日の11時から開催のようなので、週末暖かかったら、秋の散歩がてら798へどうぞ。
土日だと、新疆芸術展も見られるし、工芸美術展もたぶん見られると思う。
北京芸術節も25日まで。

+++

091024_798(10).jpg
工場跡をアートスペースに改造中の現場。
展示作品よりも、この現場のほうがアート風。

091024_798(1).jpg 
まさにプロレタリアアートそのもの。
798って、作品より空間やそこで働く工人さんのほうがアートっぽいのが面白い。

 +++

今日の《週刊中国的生活》は何位かな?
クリックしていただけると、ランキングが見られます!

tag_green.gif  

+++ 
 
 
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。 
 

《週刊中国的生活》 
index:レストラン 
《週刊中国的生活》 
index:中国茶 

《週刊中国的生活》 
index:北京おもしろSpot 
《週刊中国的生活》 
index:料理《胡同食堂*菜単》


+++  

  

 

スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

同感です

そこにある空間が飽きませんよね^^
工人さんの働く姿や工事中の様子とその空間がアートっぽい…うん、あそこに行くとその景色をアートと誤解しちゃう感じがします。あそこには工人さんと工事中は必須なんじゃないでしょうか。

>doramiさん

798は散歩がてら歩く程度の期待感で行くのが正しい楽しみ方ですね。

確かに、あそこの空間から工人さん&工事現場が無くなったら味気ない・・・。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/604-e24f23f7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。