スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

美味しいお米を求めて@北京 

ちゃんとした統計を取ったわけじゃないから正確なところはわからないけど、おしゃべりベースでいろいろな方からヒアリングをした結果、北京の日本人駐在員家庭で日本から持ってきている家電製品でトップに上がるのは電気炊飯器なのではないか、と思う。

これは、かなりの家庭の方が日本から持ってきているし、その証拠に日本人が多く住むマンションの中のスーパーでは炊飯器の電圧対応の変圧器も売られている。

かく言うわたしも、最初はこちらで買える炊飯器で良い、と思っていた。
最初に住んだマンションにパ〇ソ〇ックの電気炊飯器がついていたので、ラッキー☆と思ったのだが、これがあまり具合が宜しく無い。
炊飯→保温、という感じなのだけど、炊きあがりがぱさつくし、保温していてもご飯がどんどんパサパサになっていく。

2年目は、ちょうど弟の結婚式の引き出物のリストに南部鉄の3合炊き釜があったので、それをもらい、北京まで持ってきた。
これを使ってガスコンロで手動で炊いたのだが、炊飯器を使うよりこっちのほうが美味しかった。
どうせ炊飯器の保温機能もよくなかったので、余った分は冷蔵か冷凍すればよい。

ただ、これも釜の手入れが面倒臭いのと、どうしてもお焦げがでるのが勿体なかったため、3年目にして一人暮らし時代に使っていた、3合炊きの安い電気炊飯器を持ってきた。
たしか6年ほど前に5000円ぐらいで買ったもので、白米・お粥・早炊き・予約・保温程度の基本機能しかついていない、もっともシンプルなタイプのものだ。
それでも、結構美味しく炊ける。
日本の炊飯器は優秀。
(北京でも高機能炊飯器は売られているが、同じ値段のものを考えると、日本の方が安くて良いものが買えると思う)

炊飯器が良くても、お米が良くないと美味しいご飯が食べられない。

北京は米があると言ってもやはり小麦粉文化圏。
レストランでご飯を注文しても、パサパサしていたり、完全に冷えていたりして、美味しいご飯というものにはまず出会えない。
ご飯はアツアツじゃなきゃダメだろっ!という日本人の心の叫びは北京には届かない。
(だから炊飯器も発展しない。その代わり、豆乳作り機は発展している。需要の問題である。)

安全なお米、と言えば、ときどきこのブログでも紹介させてもらっている、涼山州の日本のJAS認証を取っている有機コシヒカリ《喜徳の光》だと思う。

*北京ではヨーカ堂で買えます。
*「王府井華堂」はヨークベニマルなので、残念ながら店頭での取り扱いはありません。
*通信販売も
しています。→HP;ここ参照。(写真もたくさん出ています)

過去の関連エントリー;四川省の山奥でコシヒカリ米? 


国慶節旅行で、このお米の産地ではないけれど、同じ地域のやはり海抜が高い場所の田んぼを見てきたのだけど、バッタが飛んでいたし、田んぼの中を鴨が泳いでいた。
海抜が高いから虫もつきにくいのかもしれないが、本当に無農薬なんだな、と改めて思った。

091005_02wedding (50) 
わたしが見てきた涼山の田んぼ。
詳細記事は
こちら

《喜徳の光》は美味しいし、安全で何も問題が無いのだけど、それでも北京で美味しいお米探しをしてしまうわたし。

というのは、望京の韓国料理レストランで食べたご飯がとても美味しかったのだ。
ちょっとモチモチしていて、水分が多くて、まさにわたし好みの味。

そう言えば、五道口の韓国人留学生も、わざわざ望京まで米を買いに来ると聞いたことがある。
そうか、韓国人が買う米は美味しいに違いない。

ということで、お馴染の南湖綜合市場に行き、キムチを買うついでにキムチ売り場の朝鮮族の人に聞いてみた。(朝鮮族地域のお米も美味しい。こういう質問は、美味しいお米を食べる人たちに聞かないと、質問の意味を理解してもらえない。)

「わたしは日本人で、美味しいお米を探しているんです。北京の普通のスーパーで売っているお米は美味しくないと思う。望京の韓国レストランで食べたご飯が美味しかったんだけど、あぁいうお米はどこで売っているの?」

「市場の米コーナーに行けばあるだろ。」

とつれないお返事。

実はその前にスーっと通って観察してみたのだけど、どれも同じに見える。

あるのかなぁ・・・。

再度、何件かある米屋を観察。

内、1軒が結構流行っている。

店に近付くと、早速声をかけられたので、さっきと同じことを言ってみる。

「今、新米が入っているよ。黒竜江省のお米だよ。ほら、見てごらん!これは美味しいから!」

店の人が見せてくれたお米は、確かに他のお米と比べてふっくらとしていて粒が大きかった。

お店の人があまりに自信満々なので、試しに3キロ買ってみた。

自宅に戻り、早速炊いてみる。

結果;

旨い!

わたし好みの、モチモチで水分が多いお米だ!

やったーーーーー!

091022_rice(6).jpg 
精米の仕方のせいか、やけに白っぽいけど。
でも、かなり旨い!

091022_rice(7).jpg 
キムチも乗せちゃう!
キムチには白米!

091022_rice(8).jpg 
オクラも乗せちゃう!
ネバネバ料理には白米!
(オクラは三源里市場で購入)

091022_rice(9).jpg 
明太子も乗せちゃう!
明太子には白米!
(これは南湖綜合市場で購入)

+++

いやいや、満足満足!

お米についてはいろいろ試していて、上述の《喜徳の光》の他にも、いろいろな有機米や中国産秋田小町などを食べて来ていた。

《喜徳の光》は別として、スーパーで売られている有機米はわたしが買ったものはどれも味がイマイチだった。

091022_rice(5).jpg 
左;4キロ45元の黒竜江省産有機米。(5.6元/500g)
どうしてもパサパサするのと、しつこくといでも炊きあがりがぬか臭い。
比べると米粒が長細く見える。

右;今回市場で購入した米。(2.5元/500g)
精米の関係か、白っぽく透明度が高い。
精米技術の問題か、日本のお米よりは丁寧にとがないと少しぬか臭いが、
よくとげばにおいは気にならない。

091022_rice(4).jpg 
左;3キロ35元の中国産秋田小町(5.8元/500g)
炊きあがりがあまりふっくらしなくて、やはりパサつく。

右;同上。

*上述左側の2種類の米は水分が少ないのか、吸水力が弱い(?)のか、日本の炊飯器の目安の水の量で炊くとパサパサで、水を多めにしても今度は水っぽくなるだけで、もっちりとしない。
一方、右のお米は、日本の水の基準の分量で丁度良く炊ける。
*ただ、有機米では無いので、安全性の面では何の保証も無いけど・・・。
何を優先するか、だな。

+++

今までご飯は美味しく無かったので、「お粥でもいっか」と思っていたのだけど、美味しい白米があると思うと、毎日ちゃんと炊きたてを食べたくなる。

パサい米はチャーハン用に使っている。このパサさは、チャーハンには丁度良い。

南湖綜合市場に行くと、こんな美味しいアイテムもゲットできる。

091022_rice(2).jpg 
茄子の漬物?
すっっっごく辛いかと思ったら、あまり辛く無かった。

091022_rice(3).jpg 
軽く揚げた(たぶん)茄子の間に、味噌が挟んである。
これ、旨い。
ただ、香菜もたぷり入っているので、相棒はNGだった。
20元/500gだったけど、5個ぐらい頂戴、って言っても
他のものも買っていたら売ってくれる。

091022_rice(1).jpg
なめこも売っていた。
野生?デカイ!
日光の滝のそばで食べたキノコ汁を思い出した。
半分に切ってなめこ汁にした。
旨かったっす。

+++

《南湖綜合市場》

南湖綜合市場地図 
赤い場所が市場。
トイレは最悪なので、注意。
三叉路の突き当たりにある「招商銀行」が目印。(青丸)
SOLANAの前からだと、682のバス1本で行けちゃうヨ!
(棗営北里からだと677もOK!)

お米屋さんは、市場の肉売り場などの一番奥に数件並んでいる。
その中でも一番奥(だったと思う)の
F63号。 (←2010年1月にF70に移動)
わたしが行く時はいつも女の人が2人店番をしている。

「日本人の友人が、ここの米が美味しいと言っていた」
と言えば喜ぶと思う。

※2009年年末をもってこのお米屋さんの場所が変わるそうです。
2010年1月からは、同じ市場内のもうちょっと手前になるとか。
新しい店番号等わかりましたら、再度UPします。
販売員さんは変わらないそうなので、
リピーターの方は同じおねえさんを探してください。

※新しい場所は、F70だそうです。
はるかちゃんパパさん、情報ありがとうございます!

+++

今日の《週刊中国的生活》は何位かな?
クリックしていただけると、ランキングが見られます!

tag_green.gif  

+++ 
 
 
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。 
 

《週刊中国的生活》 
index:レストラン 
《週刊中国的生活》 
index:中国茶 

《週刊中国的生活》 
index:北京おもしろSpot 
《週刊中国的生活》 
index:料理《胡同食堂*菜単》


+++  


 

スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

いつもすごいね

相変わらずの研究熱心さに頭が下がります。つい先日炊飯器に38000円をだしてあわや離婚になりかけた(笑)陸太太です。米にかける情熱はやっぱり美国人にはわかってもらえまへん。あれだけの知日家であろうとも!でも中国でそんなにおいしくて安いお米がとれたらこれから日本のお米農家はどうなるの~?

  • [2009/10/23 20:42]
  • URL |
  • 陸太太@六本木
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>陸太太さん

日本の家電売り場も魅力的ですからねー。
横に10万円の炊飯器が並んでいたら、お買い得に見えますよね~。(←Mさんとこのブログのコメントで拝見しました!)
日本人は米に金と労力をかけるんです!
やっぱり美味しいご飯=幸せ、ですよね~♪

南湖市場大好きです

私もよく行きます。
スーパーに売っていない新鮮で
美味しいものがたくさんあるので。

お米は初耳です。
でも上海でも韓国のお店には美味しいお米があると評判でした。
やはり♪
早速買いに行ってみます!

もちごめ

 市場近隣住民よりも活用してらっしゃいますね。最近剥き栗も出てるよね!これでオクラやコブミカンも売ってくれたら、新源里まで行かなくていいのに…と思います。
 韓国料理店のお米がおいしいのは、うるち米だけではなくて、少しだけもち米や小米を混ぜているからだ、と聞いたことがあります。

>kokoさん

コメントありがとうございます!

南湖市場は他にはない果物や野菜もあるので、本当に楽しいですよね!

お米分野の開拓も是非☆

>丁未堂さん

剥き栗は便利ですね。
栗ご飯ができる~♪
オクラは無いんですね。
新源里では日本人が良く買うからか、「オクラ~」って日本語で言ってました。

やはりお店でも混ぜるんですね。
わたしもパサ米のときは、もち米を混ぜていました。

でも、今回のお米はもち米無しでもOKです。
南湖市場さまさまです♪


キムチとともにおコメも早速買ってみました。やっぱりよく研がないと臭いが残りますが・・・合格です。
日本人の女性から紹介されたと言ったらすごくよろこんでいました。

>さくらさん

コメントありがとうございます!

月曜日にお米を買いに行ったら、「友達が買いに来たよ」とお店の人が言っていましたが、
さくらさんのことだったのかな?

においは若干あるんですよね~。

合格いただけてほっとしました!

今日南湖総合市場に行ってきました。
F63にあったお米屋さんの移動場所ですが、同じ並びのF70みたいです。

お姉さんとおばちゃん(そのお母さん?)がいるのが目印です。

  • [2010/01/16 17:31]
  • URL |
  • はるかちゃんパパ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>はるかちゃんパパさん

コメントありがとうございます!
お米屋さん情報、ありがとうございます!
ブログ記事にも追加しておきますね。

今後とも宜しくお願いいたします。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/603-6359f672

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。