スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

トルコ料理『キョフテ』のレシピ@北京 

トルコ料理の「キョフテ」を作った。

キョフテとは、「団子状の食べ物」を意味するトルコ語。
牛または羊、山羊などのひき肉を炒めた玉葱、にんにく、パン粉(挽き割り小麦)バターなどと捏ねて焼いたり煮たりした料理。トルコ風ハンバーグと言っても良い。

いや、正確にはわたしが作っているのが「キョフテ」なのかどうかわからない。

数年前(日本で生活していた時だから4年以上前)、何かのレシピで見て美味しかったので何度か作ったのだけど、今ではそのレシピが紛失したため、「こんな風だったよなぁ」という記憶で作っている。
その時のレシピに「トルコ料理を参考にした」みたいなことが書かれていたので、たぶんキョフテなんだろうなぁ、と思っているだけ。

まぁ、いずれにせよ、これ、ウチでも実家でも人気のメニューなので、「キョフテ」が不正確なら「ピリ辛ハンバーグ」でも良いと思う。

@@@

《材料》

090919_kofte(1).jpg

牛ミンチ300g/ニラ 80g/ベーコン 50g/パン粉 大匙2/牛乳 大匙1/卵 1個
豆板醤 小さじ1~(辛さのお好みで) /塩・コショウ・ナツメグ(お好みで)・サラダ油

《作り方》

1.ニラ・ベーコンを小さ目に切る。パン粉は牛乳に浸しておく。

090919_kofte(2).jpg 090919_kofte(3).jpg

2.牛肉にニラとベーコンを混ぜ込む。

090919_kofte(4).jpg 

3.牛乳に浸したパン粉と卵も混ぜ込む。

090919_kofte(5).jpg

4.3に豆板醤・塩・コショウ・ナツメグを入れてさらに混ぜる。

5.手のひらで丸め、両手でキャッチボールをしながら空気を抜き、中央を窪ませてサラダ油を引いたフライパンで焼く。ハンバーグより小さめの円形。

*元のレシピでは竹串に刺したケバブのような成形をしていましたが、家で食べるのに面倒くさいので、小さめの円形ハンバーグ状に成形しています。
BBQなどにするなら、串状のほうが楽しいかも。

090919_kofte(8).jpg

6.裏返して両面焼けたら出来上がり!

*元のレシピでは、タレとして何かを付けていましたが、このままで十分美味しいので、わたしは何も付けていません。 

090919_kofte(9).jpg
 

090919_kofte(10).jpg
ベーコンと豆板醤の味がミソ。

@@@

いつも使っているのは李錦記の豆板醤なのだけど、これが何故か北京ではなかなか手に入らない。

日本では中華の定番調味料となっている豆板醤が、北京ではあまり売っていないのだ。
何故???
南方系調味料なのかなぁ。


京客隆はもちろん、BHGにジェニールーにもカルフールにも売っていなかった。
これ、どこで買ったのかなぁ。
もう無くなりそうなのに・・・!

※みなさまからの情報、ありがとうございました!北京では以下の場所に豆板醤はあるのでは・・・とのことです。

・亮马桥外交公寓に隣接した、地下の城市超市
・ウォルマート
・国貿に入ってる「O!le!」
・ケリーセンターの地下のスーパー
・リド広場にある「Nick's Mart」
・Vanguard(たぶん)
・ジェニールー(リド近くの)(たぶん)

メールやコメントで教えてくださった皆様、ありがとうございました!(9月25日 追記)

090919_kofte(6).jpg

豆板醤が手に入りにくいため、北京で入手しやすいピリ辛調味料と言えば・・・と考え、今回、数個分は豆板醤ではなくて、コレを入れて作ってみた。
 

090919_kofte(7).jpg
老干媽豆豉
「豆豉(トウチ)」は日本でも中華食材として売られているが、
北京で最もポピュラーなのは、この「老干媽豆豉」。
唐辛子漬になった豆豉。
セブンイレブンでも売っている。
これ、かなり辛い。
辛くない豆豉はなかなか手に入らない。

結論から言うと、キョフテに関しては、豆板醤のほうが、合う。

豆板醤バージョンだと、肉を噛んだと同時に辛さも感じて美味しいのだが、老干媽豆豉バージョンの方は、肉の味よりちょっと遅れて辛さを感じるため、一瞬肉に何の味もしないような錯覚を覚える。
これが食べていてちょっとつまらない。

合うと思ったんだけど、意外と合わなかったな。

ってことで、これを作る場合は、がんばって豆板醤を探してください。

あと、豆板醤で塩味が付くので、塩の加減は調整してください。というか、入れなくてもいいかも。

+++

   

(↓)ポチッと押していただけると嬉しいです☆

tag_green.gif  

+++
 
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。 
 

《週刊中国的生活》 
index:レストラン 
《週刊中国的生活》 index:中国茶 

《週刊中国的生活》 
index:北京おもしろSpot 
《週刊中国的生活》 index:料理《胡同食堂*菜単》

+++  

 

 

スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

おいしそう~

牛ミンチ+ベーコン・・・最近肉好いているうちのお嬢が喜びそうだあ^^ お子ちゃま用にコチュジャン代用でやってみよう。
日本からチューブ入りのとか持ってきてたこともあるけど、なんかキレ味が違うような気がして現地調達に切り替えたけど、そうそう、このただの「豆板醤&豆豉」って見つかんないですよね。「○○豆板醤」ってプレーンじゃないのなら売ってあるんだけど・・・。私は香港行ったときに、プレーン豆豉とプレーン豆板醤買って帰りました。

確かにこの2つの調味料は、
上野の「むら珍」にいつも置いてあります。

李錦記

はじめまして。
夫の赴任に合わせ北京に来て1ケ月半。赴任前から、こちらのブログ参考にさせていただいています!(いつも読み逃げです、すみません。)
李錦記の豆板醤ですが、たまたま私、数日前に亮马桥外交公寓に隣接した、地下の城市超市で購入しました。
他の方からもう情報があるかもしれませんが、お知らせまで…。

豆板醤はウォールマートに売っています。 うちにあるのはちょっと前にウォールマートで買ったもので、正確に「今ある」とははっきり言い切れないので今度身ときます。

Izgara Köfteですね

ブログ上でははじめまして。
トルコ料理、中でもこのキョフテを串に刺したシシ・キョフテや、ドネル・ケバプなどは私の大好物なので、つい反応してしまいました。
ふつうは羊肉で作るのですが、これは牛肉なので正確にはイズガラ・キョフテですね。ほんでもってキョフテには必ずといっていいほどクミンが入ります。こっちでは羊肉串にかかっている孜然てやつね。お嫌いでなければお試しあれ。
でもニラと豆板醤入りも美味しそう・・・

Re: おいしそう~

コチジャンもイケそうですね!

そうそう!doramiさんのコメントみて思い出しました!
この豆板醤、香港で買ったものだと思います。香港のスーパーで見つけて、2個ぐらいまとめ買いした記憶が…!

どうりで北京で買った記憶が無いんだ!
今回、みなさんが豆板醤情報を下さったので、これからは北京でも調達できそうです。

〉つるるん

上野の「むら珍」は中華屋さん?
豆板醤はともかく、老干媽があるのはスゴイですね。

〉こばこさん

いつもありがとうございます!

城市超市にあったんですね!
頂いた情報の中で、ココが一番近いので、今度行ってみます!
ありがとうございます。

今後とも宜しくお願いいたします!

〉ruruさん

情報ありがとうございます!
ウォルマートはチェックしていなかった・・・。
やはり外資系はあるんですね~。

>S.I. さん

「ブログ上でははじめまして。」ということは、普段お会いしている方ですね!
コメントありがとうございます!

詳しい情報、ありがとうございます。

クミンが入ると、ぐっと本場っぽくなりそうですね!今度試してみます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/571-d7bfdfa9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。