スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

簡単で美味☆自家製ドライトマト@北京 

市場でミニトマトが大量に売られているのを見て、ふと、「ドライトマトって簡単にできるのでは…?」と思い、ネットで作り方をいろいろと検索して作ってみた。 
 

やってみたら、超簡単!
 

で、美味しい!
 

お茶請けのお菓子で売られているドライトマトが甘くて美味しいのは、原料のトマトが違うのかと思っていたのだけど、普通のトマトもドライにすれば甘さと美味しさが凝縮されて美味しくなることが分かった。
 

今回作ったのは、正確に言うとセミドライトマト。
カチカチのドライトマトだと戻すものひと手間かかるから、セミドライのほうが実際に使いやすい。
 

以下、作り方をご紹介。
これはオーブンを使った作り方。
電子レンジでもできるみたい。
 

Cpicon レンジで簡単だよ♪セミドライトマト by ここあママ
 

@@@
 

0.事前準備
・オーブンを140度で予熱しておく。
・瓶詰めにする場合、瓶を煮沸消毒しておく。
(冷凍保存という方法もある)
 

1.トマトを切って鉄板に並べる。
トマトの切り方は、写真のように種が出るような方向で切るのがポイント。
 

090911_drytomato(2).jpg
  

2.鉄板にトマトを並べたら、軽く塩を振る。(塩分で水分を出すため)
*今回の場合、全体で4つまみぐらいかな?
 

3.オーブンで焼く。
140度で1時間半~2時間。(トマトの様子を見ながら)
 

4.30分経ったら一旦出し、トマトの表面をペーパータオルで拭いて余分な水分を取る。
これを30分ごとに行う。
(必須作業ではないけど、これをした方が早く乾燥する)
 

090911_drytomato(4).jpg   
30分経ったところ。
 

5.写真(↓)のように外側の皮が内側に巻いてきた感じになったら出来上がり。
冷ました後、オリーブオイルと一緒に瓶に入れて保管する。
 

090911_drytomato(11).jpg 
 

6.瓶に入れるオリーブオイルはエクストラバージンオリーブオイルのような質の良いものが良いらしい。
 

090911_drytomato(5).jpg 
オリーブオイルに漬けたもの
 

090911_drytomato(6).jpg 
ニンニク・唐辛子と一緒に漬けたもの
 

他に、オイル漬にせず、冷凍したものが3分の1。
 

+++
 

制作には時間がかかるけど、トマトを半分に切るだけだから手間はほとんどかからない。
 

で、出来上がったトマトを食べてみたんだけど、これが美味しい!
 

甘さと旨みが凝縮されていて、生のときより断然美味しくなる。
これはいいよ。
 

@@@
 

出来上がったセミドライトマトのオリーブオイル漬けの利用方法は、エクストラバージンオリーブオイルを使っていることもあり、サラダとかパスタに最後に和えるときにトマトとオイルを使うとか、パンにそのままオイルを漬けて食べるなどが一般的かな?
 

わたしはまだ「この料理にセミドライトマトを入れると画期的に旨くなる!」というレシピを編み出していないのだけど、こんなサラダを作ってみた。
 

@@@
 

《生ズッキーニのサラダ》
 

Cpicon 生ズッキーニのサラダ by そらもよう

  

ズッキーニって生で食べても美味しいんだって、初めて知った。
 

090911_drytomato(10).jpg 
真中に乗っているのは梅干しではなく、セミドライトマト。
 

1.ズッキーニはスライサーで薄く切る。(緑・黄色半本ずつ)
玉ねぎはみじん切り。(量はお好みで)
 

090911_drytomato(7).jpg 
 

090911_drytomato(8).jpg
オイルに漬けたセミドライトマトを半分に切る
 

2.オリーブオイル大匙2(トマトに漬けていたもの)/レモンの搾り汁大匙1/塩・コショウ 適宜で和える。
(わたしは酸味がもうちょっと欲しかったので、酢を少々足した)
 

090911_drytomato(9).jpg 
 

3.出来上がり。
 

090911_drytomato(10).jpg 
ズッキーニの独特の食感が美味しい。
トマトの甘みがアクセントに!
 

@@@
 

茄子・ズッキーニ・ベーコンを炒め、水とチキンコンソメを入れて少し蒸し煮をし、セミドライトマトを投入し、最後に塩・胡椒で味を調えたものをコンキリエに合わせてみた。
 

090911_drytomato(12).jpg 
 

コンキリエってクリーム系の方が合ったかな・・・と思ったが、貝の中に野菜とベーコンのエキスがたっぷり入ったスープが入り、意外と美味しかった。
 

ドライトマトが無かったら美味しくない・・・というほどの存在感は出せなかったけど、普通のトマトを使うよりは味が濃くて美味しいので、これはこれで良かったと思う。

@@@

ミニトマトは北京ではとても安いし、セミドライトマトにしておくと保存も利く上、トマトが美味しくなるので、これ、お勧め!

090911_drytomato(3).jpg

+++

090911 (2) 
棗が美味しい季節になった。
これも今しか食べられない果物だから、
今のうちにたくさん食べておこう。
(もっと全体が茶色くなったものの方が甘くて美味しいね)

090911.jpg 
今日の秋空

+++
 
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。 
 

《週刊中国的生活》 
index:レストラン 
《週刊中国的生活》 index:中国茶 

《週刊中国的生活》 
index:北京おもしろSpot 

+++

 

 

スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

自家製ドライトマト
みごとです

美味しそうです
お料理 楽しめますね

すばらしいです。
ぜひ、やってみます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

〉ryuji_s1さん

コメントありがとうございます。

ドライトマト、簡単に作れて美味しくて、保存が効くので重宝します♪

〉つるるん

これ、簡単で美味しいので、是非是非♪

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/561-04ce376a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。