スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

月餅の季節がやってきた♪@北京 

中秋節まで1か月もきり、月餅販売が盛り上がってきた。 (中秋節は今年は10月3日)

月餅は甘過ぎてあまり好きではない、という日本人の方が結構多いみたいだけど、わたしは大好き。
あまり頂くことが無いこともあり、毎年自分で買っている。

月餅が好き、と言っても好きな種類があって、最近多いフルーツ餡みたいなのは好きじゃない。
自分で買って食べるのは、「白蓮単(或いは“双”)黄月餅」と「五仁餡月餅」「黒胡麻」の3種類ぐらい。

「白蓮単黄月餅」は白い蓮餡の中に、月に見立てた塩卵の黄身が入っている。
甘いあんことしょっぱい黄身の組み合わせが最高!
でも、これが一番気持ち悪い・・・という日本人多し。
これが旨いのに~!
“単”だと黄身は1個、“双”だとなんと2個も入っているのだー。

090907_kako.jpg 
これは去年食べた「白蓮双黄月餅」

わたしの友人(日本人)がこれが食べたいと言って、以前秋に一緒に横浜の中華街に買いに行ったのだけど、「白蓮単黄月餅」と名前が入っている月餅も中の“月”が栗で、塩卵のものは1か所でしか売っていなかった。しかも1個850円!
高いね~。
わたしが毎年買っているのは、稲香村のもので1個10元ぐらいかな。これでも高いなぁ、と思うんだけど。 (でもあんまり安いのも気持ち悪いしね)

「五仁餡月餅」はナッツ餡。これと「黒胡麻餡」は日本の中村屋の月餅でも定番だね。

今年は「京式」(北京式)の「自来紅月餅」も買ってみた。
中は胡桃、青紅絲(オレンジの皮の砂糖漬)、ひまわりの種、金木犀の花などがごそっと入っていた。

090907(4).jpg
6個入り12元

090907(8).jpg  
皮の部分がもうちょっとまんじゅうっぽく
しっとりしていたらもっといいのに・・・。

全体的にぱさっとして、中国のお菓子によくある食感。(特に北方?稲香村のお菓子ってだいたいみんなこんな感じな気がする。)
このぱさぱさ感、あまり好きじゃないんだよねー。
やっぱり「広式」(広東式)のほうが好きかなぁー。

ホテルなんかで売っている高級月餅も食べてみたいけど、あれって個別売りはしていないんだよね。
スタバ月餅は4年前に食べたけど、小さい割には高かったな。

今年はどんな月餅が食べられるか、楽しみ! 

+++

090907(1).jpg
カロリー高そうな月餅には、プーアル茶で・・・

090907.jpg 
頂き物の宮廷プーアル茶。
普通のプーアル茶は葉を使って作るが、
宮廷プーアル茶は柔らかい芽のみで作られている。
ホコリ臭さが全然なくて、まろやかで美味しい。

+++
 
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。 
 

《週刊中国的生活》 
index:レストラン 
《週刊中国的生活》 index:中国茶 

《週刊中国的生活》 
index:北京おもしろSpot 

+++

 

 

スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

月餅の季節♪

単黄と言いながら「中の“月”が栗…」って、それ詐欺じゃん!!!←と怒るのは塩卵ファンだけ?
私も塩卵大好き。中から栗が出てきたらただの栗まんじゃんね~! 
稲香村なら広東式のが好き。私ナッツ好きだけど、月餅の餡はシャリシャリ系よりあんこ派だなぁ~♪

〉zhaoさん

やはりzhaoさんは塩卵派でしたね!
やっぱり塩卵ですよねー♪

〉中から栗が出てきたらただの栗まんじゃんね~! 

そうそう!

ナッツ餡も好きなんですけど、じゃりじゃりしていないタイプがいいです。
黒ゴマ餡はオーソドックスですが、美味しいですね。
棗餡はあまりすきではないのですが、椰子餡は好きです。

この季節に食べておかないとー!




コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/560-d090fa42

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。