スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

5分でできる!韓流お肌ぷるぷるスープ! 

一時帰国中に『魔女たちの22時』という、見た目や経歴にギャップがある人を紹介している番組を見ていた時、「42歳なのに20代に間違われる、ぷるぷるの赤ちゃん肌を持った女性」というのが登場した。

もちろん、ガン見。

この女性、韓国人で、最初は日本での生活に疲れ、肌がとても荒れていたのだが、夫が二日酔いに効くから作ってくれ、というので毎日“プゴク”という韓国スープを作り始め、夫と一緒に飲んでいたら、自然と肌が“ぷるぷる赤ちゃん肌”になったのだという。

プゴクって何・・・?

母と更にガン見。

そのぷるぷる肌魔女が、プゴクの作り方を説明してくれた。
(この番組では、見た目や経歴にギャプがある女性を“魔女”、男性の場合は“魔王”と呼んでいる)

1.鍋に水を入れ、干しタラを入れる。

2.ダシダを入れる。

3.沸騰してから3分煮る。

4.完了。

超~簡単じゃん!

つか、「ダシダ」って・・・あの、京客隆にも売っている「大喜大(daxida)」じゃん!

干しタラも南湖総合市場に行けば手に入るし、これ、北京に戻ったら絶対に作ろー♪と決意。

ちなみに、番組の影響力を見るために、放送直後ネットショッピングのサイトで検索してみたら、「ダシダ」が検索上位に上がっていて、「干しタラ」に至っては売り切れ店続出。
うわー!みんな見てるんだー!で、買ってるんだー。

*こんな結果も!

韓国料理プゴクの材料「ダシダ」の落札数上昇を発表~テレビ放送の反響か!放送前と比べて約12倍の差~

韓国の調味料「ダシダ」が日本で旋風的な人気 日本のテレビ番組「魔女たちの22時」に登場し、月平均輸出額が6倍に


@@@

で、北京に戻り、プゴクの材料をゲットしに南湖総合市場に出かけた。

干しタラゲッツ。

090903_daxida(3).jpg 
タラは中国語で「明太魚(ming2tai4yu2)」
店で聞くときは「有没有明太魚?」でOK。
その卵が“明太子”って、成程!と合点。

これぐらいの量(既にパックされていた)で30元。
思ったより高かったけど、 あまり安くて、生臭くても嫌なので、これを購入。
南湖総合市場の食品エリアを入口から入り、 向って一番左の列に乾物屋が並んでいる。

同じ店で、ダシダもゲッツ。

090903_daxida(2).jpg 
京客隆で売っているのは、中央に漢字で「大喜大」と書かれたタイプ。
わたしが買ったものも、生産地は山東省青島市なので、
「大喜大」と中身は同じだと思う。
300g入り15元
(スーパーの方が安かったかな?)
ちなみに、いろんなメーカーから出ているみたいだけど、
どこのが良いのかはわかりません。
誰か知っていたら教えて!

[doramiさん情報]
この「CJ」(CJ第一製糖[チェイルジェダン])が本家のようです。
doramiさん、ありがとう!

*ダシダ(牛肉粉)とは・・・


牛肉、にんにく、たまねぎなどの野菜と薬味成分を顆粒にして、塩味をつけたもので、韓国版ビーフコンソメのこと。
牛肉スープにコラーゲンが豊富に含まれているらしい。
牛肉以外のテイストもある。
韓国ではどこの家庭にも置いてあるような、常備調味料なのだとか。

これで材料は入手完了。

帰宅後、早速魔女のレシピ通り作ってみる。

090903_daxida(6).jpg 
干しタラは2人分でこれぐらい使用した。
お好みで良いと思う。

090903_daxida(7).jpg 
調理用ハサミで5センチぐらいの長さにチョキチョキ。
その後、鍋に投入。

分量としては、2人分で水600cc/干しタラ3本(5センチ程度に切る)/ダシダ大さじ1.5ぐらい。
(ダシダは結構塩分が多いので、ダシダの量もお好みで。)

090903_daxida(4).jpg
白胡麻をかけてみた。
お好みで、ゴマ油やネギを入れても良いと思う。
もちろん鱈も食べられるよ。

一口飲んでみて、思わず

旨ーーーーーーーーーーー!

相棒も、一言、

旨ーーーーーーーーーーー!

魔女も、最初は夫の二日酔い用に作ったと言っていた通り、塩っ気が多くて、魚の味が内臓に沁みる感じで、いかにも二日酔いに効きそう!
飲んだ後にラーメン食べたくなるって言うけど、そういうときにもこれ、美味しそう。
塩味と干しタラのエキスが五臓六腑に沁みる感じ。

これ、韓国レストランで食べるクッパの味がする。
そっかー。あれはダシダの味だったんだ!

で、たまらなくなってクッパにしてみた。

090903_daxida(5).jpg 
溶き卵を落としてもイイね!

やばいね、コレ。

旨い~~~~~~~~~~~~!

アミノ酸、ヤバし!

相棒と、これ、何かの味に似ているよね、と考える。

そうだ!日清のカップヌードルシーフード味のスープの味だ。
“辛”ラーメンのスープにも、ダシダ、入ってるね。

要するに、ちょっとジャンクな味なのだ。
でも、アミノ酸ガツンガツン入っていて、むまいよ。
干しタラじゃなくて、わかめでスープ作っても美味しそう。
要はこれを使えば、韓国味になるってわけだ。

京客隆でずっと気になっていた「大喜大」がこんなに美味しかったなんて!


しかも、魔女によると、これを毎日食べているとお肌がぷるんぷるんの赤ちゃん肌になるんだとか。
美味しいし、簡単だし、これは続けられそう。

・・・ということで、朝ごはんは胃が重くて食べられないわたしも、強烈なアミノ酸の味が忘れ難く、朝一でプゴクを作り、クッパ状態にして食べた。キムチ付きで。

朝は胃に何も入らないわたしでも、これは食べられたよ。
恐るべし!プゴク。

しばらく、これ、朝ごはんにしたいと思う。

お肌、ぷるんぷるんになるかしら・・・。

・・・ってことで、韓国料理ファンには常識だったと思うけど、遅ればせながらダシダデビューをしたのでした☆

※普段は自分で料理などまずしない相棒が、酒をたくさん飲んだ翌日、自らキッチンにはいり、何やらゴソゴソ・・・。
いそいそとプゴクを作り、飲んでしばらくした後、「マヂであれ、効くわ。」と。
相棒の方が先にお肌ぷるぷるになりそう・・・。

「信じられるのは、素肌だけ。」by桃井かおり

+++
 
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。 
 

《週刊中国的生活》 
index:レストラン 
《週刊中国的生活》 index:中国茶 

《週刊中国的生活》 
index:北京おもしろSpot 

+++ 
  

 

スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

不覚にも知らなかった!ダシダ。即手配。
ところで、干タラって生卵+醤油を混ぜた物に
漬けながら(ディップ風)食べると、つまみに旨いとか、
まず、干鱈買わなくては。

これはいいですね!
私も早速買いに行きます。

ダシダは元々CJという会社の出した混合調味料の商品名です(ウォークマンと同じですね)。んで、どこのがいいかと言われると…本家CJのなら問題ないと思います。ちなみに、ともこさん購入のはCJのです。他のメーカーでもいろいろ出てるけどお好みでって感じだと思います。ただ、中国じゃ得たいの知れないメーカー名の物も韓国商品のふりして店に並べられてるんで要注意です。ハングルで表記されると韓国人以外にはわかんないよね。
混合調味料だから、にんにくやしょうが、その他諸々の成分も混ざってます。他の調味料は無くても基本的にはOKですが、化学調味料なんでやっぱり使い過ぎたくない物だからあくまで「だしのもと」という使用法がいいかもしれません。貝味やいりこ味も台所にあると便利ですよ^^
私がプゴク作るときは干し鱈と長ネギと溶き卵で作ります。そう、最後はご飯入れて♪おいしいよねえ。

味精もガンガン入ってるって事なのかな~。興味深いけど、そっちを考えると…

>つるるん

干し鱈のディップ、美味しそう♪
これだけでダシが充分でるので、これに牛肉ベースの混合調味料が入ったら、旨み倍増デス!
つるるんだったら、ダシダを使った料理のバリエーションが増えそうですねー!

〉ruruさん

ダシダだけでかなり味があるので、韓国風スープが簡単にできちゃうのが楽ちんです。
普段インスタントものしか作らない相棒も、非常に珍しく、このスープだけは自分で作ってました。

〉doramiさん

マッテマシタ!doramiさん情報!
ありがとうございます~♪
店で買う時も迷って、「どれが“正宗”?」と聞いたら、一応このメーカーのものを渡されたので、これにしたのですが、おじさんの言っていたこと、正しかったんですね。
これの中にいろいろなものが入っているので、これだけでスープが出来て、便利ですよね!

〉wankoさん

一応簡単にですが調べてみたら、ダシダと味の素を両方使う、という調理をされている方もいるようなので、ダシダの中には味の素自体は入っていないようですね。
ただ、なにがしかの化学調味料は入っているかもしれませんね。
大前提として、即席調味料ですから、インスタント的なジャンクな味とも言えると思います。

↑>wankoさん 訂正!

ちゃんと調べてみたら、ダシダの成分は味の素とほぼ同じですね。
各種野菜成分の他に、うまみ成分としてグルタミン酸ナトリウムとリボヌクレオチドナトリウムが入っています。
つまり、アミノ酸系調味料と核酸系調味料の典型的な成分ですね。
アミノ酸系調味料は昆布等のうまみ成分、核酸系調味料はかつおぶし・にぼし・肉・シイタケのうまみ成分なので、この辺は、ほんだしとかそういう一般的な出汁調味料にも含まれているものです。
成分的に身体に良くないとは思いませんが、あとは味のお好み、ということでしょうか。

↑わたしも気になったので調べてみました。^^

はじめまして。
いつも拝見させていただいてます。
レシピを見て挑戦しようと思ってるのですが、
食材を手に入れるのが難しくて
苦戦してます。
"ダシダ"はどこに行ったら手に入るんでしょうね。
頑張って探してみます。

グルタミン酸ナトリウムが直接体に悪いというのは
都市伝説ですからご心配なく。

醤油も飲めば毒になるように、
何事も程々にってことでしょうね。

〉ハナコさん

コメントありがとうございます。

日本だと、「ダシダ」は通販が一番手に入り易いようですね。
わたしも大久保のドンキを見てみましたが、ここにもありそうでありませんでした・・・。
韓国人の人が買い物に行くようなお店だとあるかもしれませんね。

〉グルタミン酸ナトリウムが直接体に悪いというのは
都市伝説ですからご心配なく。

たしかに、味の素も、大量に摂取(1回に何十グラムも)摂取したら身体に悪い・・・みたいな話が、過大解釈して世間に広がったという経緯もあるようですね。
あとは、味の好き嫌いでしょうか・・・。

「ダシダ」が手に入ったら、是非いろいろと使ってみてください!



コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/555-8ab76c80

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。