スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

消えた自転車修理屋@北京・2009 

8月24日に一か月の一時帰国から北京に戻った。

090828(3).jpg
北京もすっかり秋空。
1年で一番素敵な季節がやってきた!

090828(4).jpg
川沿いには“あかまんま”。

北京は変化が激しいので、1か月見ないだけでも景色がマイナーチェンジしてしまう。

25日に近所を散歩していて、あっ!と思った第1位。

川沿いにあった自転車修理屋の行方。

090828_kako(4).jpg 
2008年7月5日 撮影
土の道が舗装されたあとも、このボロい自転車修理屋は
立ち退きにも応じずここに居座っていた。

090828_kako(5).jpg 
2008年8月8日 撮影
見た目が悪いためか、全体を濃い緑に塗られていた。
オリンピック期間中は営業をしていなかったが、
その後、営業を再開。

そして、2009年8月25日撮影。

090828(9).jpg 
とうとう自転車修理屋もなくなってしまった・・・

090828(8).jpg

この自転車修理屋は、相棒がギックリ腰になったとき、マンションが貸してくれた車椅子がパンクしていたので、早朝ここまで車椅子を押して行ったところ、あっという間にパンクを修理してくれたりと、個人的にも思い出深い店だったので、こうやって更地になってしまっているのを見るのは、何とも切ない。

これも北京の景色の一つ。

写真を残していて、良かった。

@@@

自転車修理屋の向かい側も、つい最近まで「杭州包子」のボロっとした店舗があったが、オリンピック前にそれも無くなっていた。

090828_kako(3).jpg
2007年4月21日 撮影
川の向こうに見えているのが杭州包子の店

 090828_kako(2).jpg 
2008年7月5日 撮影
包子の店は取り壊された。

そして、2009年8月下旬・・・

  090828(6).jpg
護岸も綺麗に整備され、お花畑に!
入口の門が閉じられていたのが、解放されて花が植えられていた。
この向こうにあるレストラン「百富源」が駐車場として買い取ったのか?

@@@

090828(7).jpg 
自転車修理屋と包子屋があった間の川。
ここで釣りをしている人なんて、初めて見た!
こんなアオミドロ満載の水で一体何が釣れるのか?
釣った魚、まさか食べる???

@@@


090828_kako(1).jpg
龍宝大廈から東苑公寓へ抜ける道。
以前はこんなのどかな並木道だった。
(但し、人通りが少なく、痴漢が出没するということで、女性1人で
通るのは危なかった)

090828_kako(6).jpg 
2008年7月に、この道もこんな風に舗装された。
治安は良くなったが、趣は無くなった。

@@@

こうやって、少しずつ北京の街も変わってきている。

少しずつだけど、常にどこかが変わっている。

古いものを壊すのは仕方がないけど、新しく作るものは、長期の使用に耐える考え抜かれたものであって欲しいと思う。
あと、大きな木を切るのは止めてほしいなぁ・・・。
木はすぐには育たないからね。

+++
 
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。 
 

《週刊中国的生活》 
index:レストラン 
《週刊中国的生活》 index:中国茶 

《週刊中国的生活》 
index:北京おもしろSpot 

+++
  


スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

修車屋

ともこさま
ワタシもこの自転車屋にはちょくちょく修理して貰ったり、勝手に打気させて貰ったりと結構使っていたので、最近どこかに行っちまったのが残念であったし、寂しくも思っていたトコロでありました。
ココ使ってた日本人の人、いたんですねぇ(少々意外)。
しかし、それが「あっ!と思った第1位」ですかい。中々やりますねぇ。

〉おおたまさま

わたしがここに通い出した頃は、おじいさんが何でも修理してくれていて、その後息子さんに変わったようです。その間に、道の改修工事や立ち退きの話もあったようで、小さな店ですが、北京のここ数年の流れを象徴しているようだと思い、ずっとウォッチングしていたのです。
そのお店がとうとう更地になってしまった、というのは、なんだか近年の北京を象徴しているようで、なんだか切ない気持になりました。

すごすぎ!!!!!

私は常々、ともこさんの着眼点・観察力・行動力はタダモノじゃないと思っていたのですが、今回の自転車修理屋の行方の観察でハッキリしました。
ともこさん、どうかしてます!!!
(↑これ絶賛の表現ね!)だって、日常生活の中の何の変哲もないモノの定点観測って、普通しないでしょう!? それをまた、ちゃんと同じ角度での写真記録まで!
ともこさん、その緻密さ、秘密ジョーホー員とか、工作員になれますよ!まじで。
いや~ビックリした。それにしてもホントすごすぎ…。

わたしもこの自転車修理屋さんはともこさんのブログで知って気になっていました。 小さな小屋に住んでいる様ですごいな~と思っていました。
この前ここを通ると、まさしく写真のような状況になっていて、でも営業はやっているからたくましいなって思いました。
この緑の悪臭がする川で釣りをする人は結構見かけます。釣った魚・・どうするんでしょうね??

> zhaoさん

北京ウォッチャーのzhaoさんからの言葉、めちゃくちゃ嬉しいです♪

自転車修理屋近辺の写真は、2007年当時のものは偶然撮っていたんです。
あの、川沿いの小路が好きで、天気のいい日になんとなく景色としてパシャリ、パシャリ・・・と。
そしたら、翌年には道が改修され、小屋にペンキが塗られ・・・で、「あっ!」と思い、パシャリ。
で、確かこの辺撮った写真あったよなぁ・・・と探してみたら、ちょうど見つかったというわけで。
ホント、偶然なんです。

C●AとかK●Bに履歴書送ってみようかしら・・・^^;。

〉ruruさん

麦子店街でこの小屋ってちょっと目立っていたので、よく通る方は知らず知らず見ているんですよね。
特に道が綺麗になってからは、「釘子戸」(打ち込まれた釘のように、そこから動かない立ち退き拒否の家)という感じで頑固にここにいたので、ずっと気になっていました。
どこに行ってしまったんでしょうね。

昨日この川を見たら、あり得ないぐらい汚染されていました。
魚、絶対に食べたくない・・・!

ありがとうございました

ともこさん
このお店の現状を教えていただきありがとうございました。
ブログとメールと、あれから何度となく読み返させていただき、その度に、
とても切ない気持ちに襲われています。
後ほどまたメールさせていただきますが、ともこさんがウオッチングしていてくれているお陰でその後を知ることが出来て、、、
。ありがとうございます。

〉ノン子さん

わたしは個人的にはそれほど親しくしていたお店ではなかったのですが、
ノン子さんのお話を伺って以来、ずっと気になっていました。
一時帰国中のことだったので、どのタイミングで無くなってしまったのかわからないのが残念ですし、
移転先もわかりませんが・・・。
北京の一つの小さな、でも象徴的なお話として、お伝えしておこうと思いました。

元東苑の住人です

ともこさん、はじめまして。
ずっと以前に東苑に住んでいた者です。
とっても懐かしい気持ちでお写真を拝見していました。
北京に住む友人からこのあたりがかなり変わったとは聞いていたのですが、こんな風だったんですね。
舗装とは驚きです、
どうもありがとうございました。

>ションさま

コメントありがとうございます。

北京に住んでいらっしゃった方に見て頂けると、嬉しいです。
特に、オリンピックを挟んでの変化は大きかったので、
もし、再びいらっしゃることがあったら、驚かれると思いますよ。

これからも北京の何気ない一面をUPしていこうと思いますので、
今後とも宜しくお願いいたします。

復活の兆し?

ともこさま
今日、あの近辺を通ったら、何やら復活の兆しが・・・。
営業再開するのかな??
引き続き、観察をお願いします。

>おおたまさま

そうなんです!ちょっと前に電気がついているのを目撃し、最近はドアが開いていたので、そろそろ再開したのでは・・・と思っています。

再開したらまた購入すると思うので、そのときはUPしますね。(^◇^)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/554-52624d19

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。