スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

ヤミーさんとクスクス@北京 

友人Oちゃんは素敵な女性で、彼女のライフスタイルやセンスはとっても素敵。
一時帰国の度に会うが、いつもファッションや持ち物が光っているなぁ、と思う。
Oちゃんは高価なブランド品を身に付けるタイプでは無く、どちらかというと古着派。
古着を自分風に着こなしているOちゃんはすごく素敵。

今回の帰国では、そのOちゃんの新婚宅にお邪魔し(旦那さまのいない平日の昼間だけど)、お部屋の中も見せてもらえた。
家具や食器などもお金をかけなくてもこんなに素敵になるんだなぁ、という参考になる。(←語弊があるといけないけど、お金をかけてないって意味じゃなくて、高くて素敵なのは当たり前で、そうじゃなくてユーズドのアジアン家具などを上手く利用しているということ。)

Oちゃんとは料理の趣味も合うようで、今回Oちゃんが推薦していたのはヤミ―さんというブロガーがやっている「大変!!この料理簡単すぎかも... ☆★ 3STEP COOKING ★」というサイトのブログ料理本。

今や料理本の世界ではブログ本は大流行だが、Oちゃん曰く、ヤミ―さんのが簡単で美味しい、と。

Oちゃんが買っていたのはヤミ―本の「2」だったが、後日わたしが本屋に行って見てみたら、「2」が置いていなかったのと、「1」の中にも美味しそうなレシピがたくさんあったので、「1」の方を買ってみた。


@@@

わたしは基本に忠実なタイプなので、こういうのを買うと「ブログ人気ランキング1位」というものから作りたくなる。

1位は「トマトの水分だけで煮込む、煮込み料理。鶏肉の狩人風」。

ネットの方はパスタにかけているが、本の方はクスクスにかけてあって、これが美味しそう。
ちょうど別の雑誌でクスクスの記事を読んだばかりだったこともあり、クスクスバージョンで作ってみた。
本当に簡単で、すごく美味しかった。
クスクスもこんなに簡単に作れるなんて思わなかった。

090828(13).jpg 
お皿の下半分を埋めている黄色い粒がクスクス
量は少ないけど、かなりボリュームがある

クスクス、他のサイトでは油と塩を混ぜて、蒸らして、電子レンジで加熱して・・・みたいな食べ方が書いてあったけど、ヤミ―さんの本では「3~5分蒸らせばOK」とのことなので、それでやってみたら充分だった。
ヤミ―さんは、乾燥したクスクスをそのままお弁当に持って行って、食べる時にパスタソースやスープをかけてもどすのだとか。
お弁当女子、これ、使えるネ!(お弁当男子もだけど、男子がクスクスを弁当に持ってきていたら、そのスキルの高さにビックリするな)

*クスクスとは・・・*

クスクスは3000年以上も前から存在していたと言われる世界最小のパスタ。北アフリカの先住民であるベルベル人の伝統食で、モロッコ、チュニジアなどのマグレブ諸国では、我が国の米のごとく生活に浸透している。また、かつてこれらの国を支配していたフランスでも自国の料理のように親しまれ、クスクス料理専門店も非常に多い。
伝統的には硬質小麦の一種であるデュラムセモリナを粉末状に挽き、水を加えて手で粒状にもみほぐしてから、ふるいにかけて均一に仕上げるというものだが、現在はもっぱら工場製品が主流。

東急沿線スタイルマガジンSALUSより

@@@

090828(2).jpg 
“鶏肉の狩人風”、余ったぶんを翌日はスパゲティーにかけてみた。
(具が減ったので茄子と加えて・・・)
これはこれで美味しかったけど、具材が大きくてパスタに絡みにくいので、
どちらかというとペンネみたいなショートパスタのほうが向いていると思う。

@@@

クスクスなんて特殊な北アフリカ料理だと思っていたので、北京で簡単に手に入るとは思わなかったのだけど、あっさりSOLANA地下のBHGで売ってた。
イタリア製のもの。欧米人にとっては普通の食べ物なのかな。

090828(11).jpg 
500g入りで21.5元

これ、中国語でなんて言うのかなーって思ったら・・・

090828(1).jpg 

なるほどねー。「古斯古斯(gu3si1gu3si1);ぐーすーぐーすー」で音を当てて、「通心粉(tong1xin1fen3)」で属性を表す。中国語って論理的だよね。最後に必ず“属性”が表記されて、カテゴライズされる。
というか、カテゴライズしなくちゃいけない言語という不自由さもあると思うけど。新しい概念が入りにくいとかね。


「通心粉」とは一般的にはマカロニを指す言葉。
たぶん、クスクスを仕入れたバイヤーが「“クスクス”って何だよ?」って思って調べたら「パスタの一種」って書いてあったので、広義のパスタという意味で「通心粉」にカテゴライズしたのでは・・・?というのがわたしの推測。

ちなみに、イタリアンの「ラビオリ」は中国語に訳すと「~餃子」になっている。
まぁ、イタリア式餃子とも言えなくもないが、これを「餃子」にカテゴライズした瞬間に、中国語に新しい概念が入らなくなってしまう。

わたしが高校生の頃、ピザのことを「つまり、外国のお好み焼きでしょ?」と言っていた友人がいたが、そういうことだと思う。(当時田舎に住んでいたので、ピザを食べたことが無い女子高生がまだ存在していたのだ)
「ピザ」という概念を「お好み焼き」として解釈してしまうと、そこで止まってしまう。
中国語では、ピザも「比薩(bi3sa4)餅(bing3)」と「餅」にカテゴライズされてしまっている。
概念がグローバル化する時代、この言語的特性は不自由なんじゃないか・・・と思ったり。

@@@

ヤミ―さんの本を読むと、ポテトフレークを使ったメニューもよく出てくる。
あの滑らかなマッシュポテトが食べたかったわたしは、思い切ってこれも購入。

090828(12).jpg 
ライオンマートで30元ちょっと
相棒がポテト好きなので、これの調理は相棒が行った

@@@

ヤミ―さん、1畳半程度の狭いキッチンで、1口のガス台でメニュー開発をしているというのだから驚き。
手順が簡単なだけでなく、ケーキもパンもオーブンを使わず、フライパンやオーブントースターでかなり本格的なものを作ってしまうからスゴイ。(ベーグル、シナモンロール、チーズケーキ、バームクーヘンまで全部オーブン使わずに3STEPで作るってスゴくない?)

毎回、帰省する度に新しいものに嵌ってしまう体質なのだが、今回はヤミ―レシピに嵌りそう。
あ、もちろん、スチームフードも引き続き作成します・・・。
(日本ではパオズ屋として、かなりの回数パオズ作ったわよ)

+++
 
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。 
 

《週刊中国的生活》 
index:レストラン 
《週刊中国的生活》 index:中国茶 

《週刊中国的生活》 
index:北京おもしろSpot 

+++  


 

 

 


スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

クスクス!

あ~クスクスだぁ♪ 最近とんと食べてないな。食べ物の記事は脳を直撃するから危険ですね!
それにしてもともこさん、日本でも、北京に戻ってきてもテンション落ちないってどゆこと? すごすぎ!

〉zhaoさん

zhaoさんが以前、主食の中に「クスクス」を挙げられているのを見て、「スゲー!どうやって入手して、どうやって食べてるんだろう・・・!と思っていたのです。
意外と手軽だったし、美味しいし、これからハマりそうです☆

3STEP。簡単で素晴らしい

レシピに限らず何でも簡単に変換するって頭が良くないと出来ないことなんですよね。ヤミーさん、凄い!

クスクスとジャガイモは我が家の主食でもあります。マッシュポテトは北京に来てからはサワークリーム+塩で作ってます。酸味と塩味がマッチして美味しいですよ~。ブレンダーが無くてもスリコギでちょっと粗めのマッシュポテトができます♪

〉ネコバカさん

やはり仏蘭西人家庭ではクスクス、日常的に食べるんですね!
マッシュポテトをサワークリーム+塩で作る、ということは、ジャガイモをマッシュして、サワークリームと塩を混ぜるって感じですか?美味しそう♪
サワークリームって、実は気になっているのにほとんど使わない食品の一つです。
今度、やってみます!

そうですー。茹でジャガイモをマッシュして、様子を見ながらサワークリームを加え最後は自然塩で完成。シンプルなのにジャガイモの甘、サワークリームの酸、塩気が一体となって美味しい~。サワークリームが余ったら、ひよこ豆とヨーグルトをブレンダーで滑らかにしたペーストもお勧めです。味付けはニンニクと塩、そしてクミン。このペーストをピタパンでディップしながら食べてもGOODなのです!

〉ネコバカさん

あーーーっ!美味しそう♪
( ..)φメモメモ
今度作らせていただきます!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/551-39d93c3d

トマトの水分だけで煮込む、煮込み料理。鶏肉の狩人風。

  イタリア、エミリア・ロマーニャ州の煮込み料理、鶏肉の狩人風(ポッロ・アッラ・カチャトーラ)。漁師風もそうだけど狩人風っていかにも美...

  • [2009/09/10 14:20]
  • URL |
  • 大変!!この料理簡単すぎかも... ☆★ 3STEP COOKING ★☆ |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。