スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

《色即ぜねれいしょん》舞台挨拶を見に行った記 

初めて、映画の舞台挨拶なるものに行ってみた。
見に行った映画は、相棒もわたしも、その生き方をリスペクトしているみうらじゅん原作の《色即ぜねれいしょん》。

※中国在住のみなさん、YouTubeまだ見られないかな?ゴメン!
YouTube接続不可な方は、上述オフィシャルサイトで見てください。m(_"
 _)m

舞台挨拶ってどうやったら見られるのかな?と思っていたら、そういうチケットが売っているのね。

音楽を聴かないわたしは、この映画にどんな人が出ていたのか、見てもわからなかったけど、舞台挨拶で監督の田口トモロヲがキャストを紹介していたので、「あの人、やっぱり歌手だったんだー」と思った次第。

主役の渡辺大知クンは「黒猫チェルシー」というバンドをやっている人らしい。これは聞いたこと無かったなぁ。

ユースホステルのヒゲゴジラは「銀杏BOYZ」の峯田和伸という人。
「銀杏BOYZ」は名前は聞いたことあるなぁ。どんな音楽かは知らないんだけど。

主人公の家庭教師役の人がかっこいいなぁ、と思っていたら、この方は「くるり」の岸田繁という人だった。「くるり」というのもカラオケで誰かが歌っているのを聞いたことがあるけど、オリジナルは聞いたことが無いなぁ。この人の顔や雰囲気がかっこいいから、「くるり」って人気あんのかな、と思った。
日本にいるうちにYouTubeで音楽聞いてみよ。

あ、トモロヲさんが「ばちかぶり」ってバンドやってる(た?)のや、みうらじゅんがイカ天で「大島渚」ってバンドやってたぐらいまでは知ってるよ。
「大島渚」が『カルフォルニアの青いバカ』って曲を歌っていたんだけど、この映画で『カルフォルニアの青い空』って曲が流れて、初めて「あ、オリジナルあるんだ!」って知った。

@@@

これ、どんな映画かっていると、DT映画。
(DT=童貞)

男子校に通う高校生が、夏休みにDT喪失にチャレンジする、という男子永遠のテーマで、目新しくはないんだけど、鉄板で面白いテーマ。

以前、みうらじゅんが

「青春とは、いかに童貞喪失をこじらせるか、という問題で、そのこじらせている期間のことを指す」

という名言を吐いていらっしゃったが、だからこれはまさに青春映画。

青春を長引かせたかったら、ずっとDTであれば、それだけ青春が長くなる、とも仰っていた。

舞台挨拶でも、父親役で登場していたリリー・フランキーが

「自分の高校生の時期、童貞であることにモヤモヤしていたが、結局高校生の時期には喪失できず、それがずっと一種の恨みとなっていた。しかし、この映画を撮って、あのモヤモヤが青春だったのだ、とスッキリできた」

と仰っていた。
余談であるが、舞台挨拶中ずっと、渡辺大知クンは“プロの童貞”“専業童貞”と呼ばれていた。
それが彼のポジションなのか。

これを聞くにつれ、昨今の日本の若者のDT&SJ(←わかるよね?)喪失が低年齢化しているようであるが、これは本当に勿体無いことだと思う。
DT&SJの期間をいかにこじらせるかが、青春時代を面白くさせる一大要因だというみうら氏の意見に、わたしも一票を投じるものである。

この映画については、

・高校時代DTについてこじれていた人には甘酸っぱくて面白いのではないだろうか。

・岸田繁はカッコいいと思う。

という感想を残しておく。

@@@

*明日はDT文学について。

+++
 
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。 
 

《週刊中国的生活》 
index:レストラン 
《週刊中国的生活》 index:中国茶 

《週刊中国的生活》 
index:北京おもしろSpot 

+++  

 

スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

はじめまして。
凄く甘酸っぱい内容で、何だか納得してしまいました。
いつの舞台挨拶に行かれたのか、教えてもらえませんか???
リリーさんの言葉で何か覚えている事があれば、教えてもらえませんか??

岸田くん、握手したことあります。
興奮しすぎて倒れるかと思いました(←バカ?)
その昔、モテない系のサイトで「好きな眼鏡男子」ということでアンケートをとった際、ぶっちぎり1位だったのを見て、自分のモテない系ぶりを再認識した次第でした。
くるりのライブも可能な限り見にいっていますが、今年のは1つも行けてないなぁ...。

>ナナさん

コメント、ありがとうございます。
わたしが行ったのは、8月15日新宿バルト9 13時20分の回終了後の舞台挨拶です。
リリーさんの言葉で覚えているのは、前述した言葉と、あとは映画には全然関係なくて、女性のレギンスは暑いだろう、あれは脱ぐ過程で江頭状態になるだろう、というような、TVのバラエティー番組チックなコメントがありました。

〉ヨシダさん

映画ではメガネをかけていなかったのですが、普段はメガネなんですね。
岸田さんと握手できたら、わたしも鼻血出そうだな・・・。
WAHAHAの梅ちゃんと握手できたときは、手から妊娠しそうでした。
(おまけに、手にちゅーまでしてくれて、それはもう・・・!)

ともこさん、こんばんは。
詳しい情報をありがとうございました
(^0^)
仕事が休めなくて・・・・舞台挨拶行けなかったので、嬉しいです。
リリーさんのコメントがとてもリアルで好きなんです。
「レギンス」の話しも、ある意味リアルですよね~!!!!
本当にありがとうございました~♪

〉ナナさん

こんなことでお役に立てて良かったです。
リリーさんらしいお話で、TVと一緒なんだなぁ、と思いましたよ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/541-0256abe8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。