スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

東京トワイライトゾーン★北千住【其の壱】 

先日北千住に行ったとき、すごく気になった“昭和の店”。
今回、改めてその店に入ってみるため、北千住を再訪してみた。

目的の店は飲み屋であるため、食事の後に訪問することとし、まずは日光街道で武蔵エリアに入る最初の宿場町である千住の街を散策することとした。

前回北千住に来た時に気になった、古い蔵を改造したカフェ。
今回は入ろうと思ったら、お盆で休業中だった。
残念!

090813_senju(5).jpg 

090813_senju(4).jpg
店の中は本当に古い蔵のままの様子。
これは次回リベンジ。(また来るのか?!)

前回来た時に黒コショウのミルを購入したベトナム雑貨屋《HANOI&HANOI》。
《蔵》が休業だったので、ここでベトナムコーヒーを飲もうと思って行ってみたら、ここもお盆でお休み。

渋谷や新宿を歩いているとお盆で店を休む、という感覚を忘れがちだけど、こういう商店街ではお盆はお休みするんだなぁ、と思い出した。

090813_senju(25).jpg  090813_senju(24).jpg
昭和の民家を改造した《HANOI&HANOI》。
通常はフォーなどのベトナム料理やベトナムコーヒーを楽しむことが出来る。
ここも次回リベンジ予定。

わたしは今まで正直北千住って「足立区?」程度の認識しか無かったが、今回ゆっくり歩いてみて、昔の宿場町の顔をそのまま残していることに非常に魅力を感じた。
足立区だったが故に(?)、下手に開発されることなく、江戸の街道の面影を残したままの商店街が残っている。
23区内なのに、ちょっと遠くへ旅行に来た気分。

090813_senju(6).jpg 
店の前にガチャガチャが並ぶ昭和な商店。

090813_senju(9a).jpg
絵馬屋。

090813_senju(10).jpg 
絵馬屋の向かいの吉田屋。
今でも吉田さんが住んでいる。
かなり歴史がありそう。
後で聞いた話では、この店では今でもぼんぼりを手作りしているのだとか。
千住の街には軒先にぼんぼりを吊るしている店(家)がたまにあるが、
この吉田屋で作られたぼんぼりなのだそうだ。
これも千住の文化の一つ。

090813_senju(11).jpg
だんご屋や飴屋など、江戸の街道の宿場町らしい古い店が並ぶのも魅力的。
 

 090813_senju(7a).jpg 
お盆でシャッターを下ろしている店が多かったが、
そのシャッターも魅力的。

090813_senju(8).jpg 

商店街を歩いて行くと、荒川に突き当たる。

090813_senju(12).jpg 
荒川手前のバス停
近所の人が置くのか、この辺りのバス停にはイスが置いていあることが多かった。

090813_senju(13).jpg

090813_senju(17).jpg
ARAKAWA RIVER というのも重複している感じもするが
ARA RIVERというのも間抜けだし・・・という訳者の苦労が垣間見える

090813_senju(15).jpg 090813_senju(14).jpg  
荒川の上をいろいろな電車が通り過ぎる。

090813_senju(16).jpg
前回、骨董屋でもらったピンクの花がここに咲いていた。

荒川を少し離れると、『千住の鳥信』がある。
焼鳥屋チックな名前だが、ペットショップ。
しかも、かなりの割合で鳥専門。

090813_senju(18).jpg

090813_senju(20).jpg 

090813_senju(19).jpg 
文鳥・セキセイインコ・十姉妹などの一般的なペット用の鳥の他に、
チャボ・名古屋コーチン・うずらなども売っている。
(名古屋コーチンって肉屋以外で初めて見たよ。)

090813_senju(21).jpg 
あまりに鳥だらけで、圧倒される。

090813_senju(23).jpg 

090813_senju(22).jpg
入口にいた「ももんが」。
ももんがは手前のチューブの中で寝ていた。

江戸の宿場町というレトロっぽさだけではなく、どことなく磁場の歪みを感じさせるのが、正統な観光地と足立区の中にある北千住との決定的な違いである。
この『鳥信』あたりから、磁場の歪みが顕著になってきたことをわたしは感じていた。

本丸が近付いてきた証拠である。

本丸突入前に、まずは腹ごなし。
駅前の商店街で店を探す。

北千住駅前商店街が面白いのは、駅ビルはルミネ・丸井が並んでいて、その辺のJRの駅と何ら変わりはないのに、その前の商店街の入り口がいきなり風俗店から始まっているところ。

一般的な駅前商店街とは、まず和民などのチェーン店の居酒屋が並び、コンビニ・マック・KFC・ドトールなど無難な店の奥や一本入ったところに風俗店が並ぶピンクエリアが展開、という川崎駅前銀柳街モデルが典型だと思うのだけど、北千住は入口に風俗店が並び、薄暗くなってくると黒服の兄ちゃん、今の季節ならミニの浴衣を着たおねーちゃんがズラリと並ぶ。

ここって風俗街?って思うとそうではなくて、その奥に普通の飲み屋・居酒屋が展開している。
しかも、ほとんどが個人商店で、何十年もやってそうなラーメン屋から、イマドキ風のお洒落バーまで、めちゃくちゃに並んでいるのがまた不思議。
消防法に触れそうな細い路地にもちゃんこ屋やホルモン屋が出現する。
面白いなぁ。

そんな中にある沼津港直送という海鮮専門の居酒屋に入る。

090813_senju(27).jpg 090813_senju(28).jpg
左:これがお通し。
ホタテとトウモロコシの炭火焼き。
ホタテはもちろんのこと、トウモロコシも甘くて美味しかった。

右:うみぶどうのサラダ。
うみぶどう、久しぶりに食べた。美味しかった。

090813_senju(30).jpg 090813_senju(29).jpg
左の寿司のセットがこれで690円で、
右の冷やしトマト、ミニトマトが2個のっているだけで390円というのは
納得いかなかった。

千住案内人としてOちゃんと、あとは相棒・わたしの3人で行ったのだけど、アルコールがNGなOちゃんとわたしは柚子蜜ソーダをオーダー。
そしたら、二人ともちょっと気分が悪くなり、Oちゃんは再起不能に。
飲み物の匂いを嗅いで見るに、割るソーダーにトニックウォーターを使った模様。
トニックウォーターらしきものを使ったノンアルコール飲料で気分が悪くなったのはこれが初めてではなかったので、気になってトニックウォーターについて調べてみた。

トニックウォーターは・・・

ソーダ水に、香草類、レモン、ライム、オレンジなどの果皮のエキス分と糖分を配合した、イギリス生まれの飲料。無色透明で、ほろ苦さとさわやかな風味を合わせもっています。
もともとは、熱帯植民地に働くイギリス人たちの暑気あたりや食欲不振を防ぐためにつくられた、キニーネを配合した清涼飲料でしたが、その後、口当たりが爽やかなところから女性たちの間でアペリティフとして好まれるようになりました。また第二次世界大戦後はジンとよく調和することから、ジン・トニックとして世界的に飲まれるようになりました。

SUNTORY HPより

この“キニーネ”なる成分をさらに調べてみると・・・

キナの樹皮から得られるアルカロイド。塩酸塩として抗マラリア薬,解熱薬に用いる。味は非常に苦い。副作用として嘔吐(おうと),耳鳴り,発疹などをみることがある。なお現在では抗マラリア薬にはキニーネの数十倍も強力な誘導体(アテブリン,プラスモヒン,クロロキンなど)が合成されている。

コトバンクより

これは素人の推測だけど、体質的にアルコールがNGなOちゃんやわたしは、トニックウォーターも飲めないんじゃないだろうか。
ノンアルコールメニューを作っている人がアルコールNGの人じゃないと、気がつかない落とし穴かもしれない。
これからは、オーダーするときにトニックウォーター使っているか確認しなくちゃ。

@@@

この後、いよいよ磁場の狂った東京トワイライトゾーンの本丸に突撃するわけだが、それはまた次回・・・。

+++
 
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。 
 

《週刊中国的生活》 
index:レストラン 
《週刊中国的生活》 index:中国茶 

《週刊中国的生活》 
index:北京おもしろSpot 

+++  


スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

我が町「足立」!!!

ともこさん、こんにちは。ありこ@北京です。
私の地元:「足立区」散策日記を楽しく読ませていただきました。
久々見た北千住の風景にカンドー!
全然変わってないんですね。嬉しいです。
北千住には「大はし」という、昔懐かしい居酒屋があり、
私の友人はそのあまりにレトロすぎる居酒屋にハマッていました。
ともこさんも機会があったら、ぜひ行ってみてください♪

〉ありこさん

いやいや、北千住のポテンシャルは素晴らしいです。
ひさびさに萌えました。
次回は「大はし」ですね!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/539-499a6890

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。