スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

映画《ボルト》と宮崎飯 

ディズニー初の3DCG作品という映画《ボルト》を見てきた。
映画館によって3D上映とそうでないところとあるので、3D上映している映画館を探して行った。
イマドキの映画館はネットで席まで予約して、クレジットで支払いまでできちゃうのね。ビックリ。

3Dというと、TDLで上映している3D映画みたいなのを想像して、キャラクターがボーンと出てきたり…みたいな刺激的なものを想像していたのだけど、メガネも今までの3Dメガネとはタイプが違うし、画面もキャラクターがボーンと出てきたりするのではなくて、とにかく全部が立体的で、キャラクターたちをそのまま抱っこできそう!
出てくる人間も立体的ですごくリアル。

内容についてはネタバレになるのでこれ以上書けないけど、実は一番スゴイのはボルトではなく、アイツでは・・・というのが相棒と一致した意見。
もんのすごいキャラがもひとつ(1匹?)出てくるのだ。

いやー、《ボルト》、面白かった!

+++

映画を見た後は、食事。

映画館が新宿だったのだけど、新宿の店、もうわからない。

せっかく行くのにチェーン店じゃない方がいいよねーとふらふら探して、結局入ったのが『宮崎県日南市 塚田農場』という店。
東国原以降脚光を浴びている宮崎。
宮崎飯、食べてみたい。

090807_shinjuku(2).jpg 090807_shinjuku(4).jpg 

左;お通しは生野菜。いーねー、この自信。ブツ切りのキュウリとキャベツに数種類の宮崎産の野菜を漬け込んだ味噌が付いてくる。野菜にこの味噌を付けて食べる。むまい!
ドリンクはマンゴソーダ。(お通し;380円/人:マンゴソーダ380円/生ビール500円)

右;このお店の一番の押しは宮崎の地鶏を使った「じとっこ焼き」(1280円)。
これ、ビジュアルはあまり良くないけど、一口食べると肉の旨さがすごくわかる。
このままでも充分美味しいし、ゆず胡椒を付けて食べるとまた美味。

090807_shinjuku(5).jpg 090807_shinjuku(7).jpg

左;薩摩揚げ(480円)。鹿児島で食べた本場の薩摩揚げがすごく美味しかったが、さすが同じ九州だからか宮崎の薩摩揚げも美味しかった。
ちょっと甘めで、このままでもおかずとして充分美味しいし、生姜を付けて食べてもさっぱりして美味しい。魚のすり身の味がしっかりとしていた。

右;肉巻おにぎり(300円/個)。この店のオリジナルかと思ったら、“宮崎飯”として実在するのだとか。
おにぎりを生姜焼きをもう少し甘く味付けした薄切り肉
で巻いている。
これも、むまい。名古屋の天むすに対抗できるよ。

090807_shinjuku(3).jpg  090807_shinjuku(6).jpg

出た!冷汁!(650円)
新宿のサザンテラスにある宮崎物産館でいつも御婦人達がこれ食べてるのを見て、いつか食べたいと思っていた宮崎名物の冷たい味噌汁、冷汁。
これ、暑い日にサラサラーって食べたらホント、美味しそう。
茗荷と紫蘇が効いている。
キュウリを入れちゃうとか、こういうセンスが本州とはちょっと違うよね。
これ食べられて良かった~。

090807_shinjuku(8).jpg 

宮崎と言えばマンゴー。
で、〆はマンゴープリン(380円)。
これも濃くて美味しかった。
しあわせ~♪

+++

ってことで、新宿で宮崎を満喫した。

ここもチェーン展開しているようだけど、郷土料理っていいよね。
値段は居酒屋よりちょっと高めだけど、こういう店の方が「あの店で食べたね」って記憶に残りからね。

+++

夜の新宿は不思議エリア。

090807_shinjuku(9a) 

E.T.が散歩していたので、記念撮影する相棒。

新宿ってすごいなぁ。

+++
 
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。 
 

《週刊中国的生活》 
index:レストラン 
《週刊中国的生活》 index:中国茶 

《週刊中国的生活》 
index:北京おもしろSpot 

+++   
 

 

〇〇

スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

ああっ

ひーやーじーるー!
あの、きゅうりの「めりっ」とした食感がたまりませんよね。いいないいなー
 ETと記念撮影してる相棒さんの満面の笑みが青い○越しに見えました。

〉ていびどーさん

ふふふ・・・ひやじる、旨かったっす♪
きゅうりの食感、イイですねー。
暑い夏は、コレ、すごくイイです。
ETと記念撮影しているとき、相棒、してやったり!という顔をしていますた。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/535-d3048ea8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。