スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

《文鳥珈琲》で写真展@北京 

*順義ツアー情報、一日お休みして、南鑼鼓巷情報。

胡同のカフェで張全氏の写真展が開催されている、と伺い、「今から行きます」という方に付いて行かせて頂いた。

張全氏、北京のフリーペーパー『スーパーシティー』で林静さんの胡同に関するコラムに写真を掲載されていた方、と言えばわかりやすいだろうか。
胡同の写真を撮り続けていらした方で、今回の写真展のテーマも『胡同季節』。

開催場所となったカフェは、南鑼鼓巷からちょっと入った胡同の中にある「文鳥珈琲」。
あ~、名前からして、昭和を飛び越えて大正のかほりが・・・。
竹久夢二の絵の中に出てきそうな名前のカフェ。
これは行ってみたい。

南鑼鼓巷の中ほどにある「吉他バー(ギターバー)」の角を入ると、前圓恩寺胡同に入る。
この胡同をずずーっと奥の方まで進んでいく。

090714_buncho(2).jpg 
ここには古き良き懐かしき胡同が残っている。

090714_buncho(3).jpg 
蝙蝠柄の変形?
窓枠も素敵。

090714_buncho(4).jpg
将棋を指すおじさんと、見るおじさん。
将棋やトランプをしていると、それを見ているおじさんがもれなく付いてくる。

090714_buncho(5).jpg
そんな胡同の中にある「文鳥珈琲」。

この胡同にとても馴染んでいる文鳥珈琲は日本人のご夫婦が経営されている。

このカフェの中で、張全氏の個展が開かれている。

カフェではドリップ式で淹れた雲南珈琲他、ホット・アイスのドリンクが楽しめる。

ちなみに、文鳥珈琲だけど、文鳥さんは取締役に付き、店には出ておらず、その代りに鸚鵡さんが出迎えてくれる。

090714_buncho(1).jpg 
天井ディスプレイされているたくさんの鳥籠。

わたしの個人的な感覚で言うと、南鑼鼓巷に次々とオープンしている“中国民家改造式カフェ”はなんか嘘臭くて馴染めない。
本当に北京の胡同の息遣いを感じたかったら、この一歩胡同を入った文鳥珈琲が落ち着くように思う。

張全氏の個展は7月24日まで。
*8月2日まで開催延長になったそうです。
まだいらっしゃっていない方は是非行って見てください。【7月20日追記】

+++

文鳥珈琲

北京市東城区前圓恩寺胡同14号
*南鑼鼓巷 「吉他バー(ギターバー)」の角を曲がり、前圓恩寺胡同内。

Ph:8402-1138

+++
 
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。 
 

《週刊中国的生活》 
index:レストラン 
《週刊中国的生活》 index:中国茶 

《週刊中国的生活》 
index:北京おもしろSpot 

+++ 

スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

この写真展のことを知ったのがつい2日前、5月からやってたんですよねえ。もっと早く知ってたら・・・と、手ぬぐいの端を噛んでヽ(`⌒´)ノキィィィとなってました。行きたかったんですよー、このお店も胡同も写真展も興味あったんです。でも願いは叶いそうにないから、もし機会があれば次回こそは!と思って諦めてました。ちょっと行った気分にさせてもらいました。ありがとう♪
よかったら、今度連れてってください。

今朝TBしました

先日は長い時間お疲れ様でした。私、ともこさんの写真見て、どうやって撮るべきなのかわかった。勉強になった。

>doramiさん

文鳥カ珈琲老板さんが書き込んで下さいましたが、会期延長してくださったみたいですね!
カフェも素敵なので是非今度いってみてください!

>みどりさん

TBありがとうございます。
いえいえ、わたしも写真が少なくて、肝心の張さんの写真を展示してある様子が写っている写真に良いものが無かったのです・・・
オウムちゃんも撮ってくれば良かった・・・と思いました。
ブログにUPしたのは、ほぼ唯一の写真です・・・。

>文鳥珈琲老板さん

おぉ!直々の書き込み、ありがとうございます!
また是非伺わせて頂こうと思います。
宜しくお願いいたします。



コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/513-a29a4c6d

張全撮影展もうすぐ終わっちゃうin北京

 私がスーパーシティに載った時、私の写真を撮ってくれたカメラマン張全さんの写真展が7月24日で終わってしまうので、慌てて行ってきた。 [[attached(1)]]  写真はね、わからない。私、鑑賞できない。だってカメラマンってみんなピントが合ってて(おいおい、そのレ...

  • [2009/07/19 08:12]
  • URL |
  • みどりの果敢な北京生活 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。