スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

《Malacca Legend》マレーシア料理レストラン@北京*順義区 

わたしにとって未開の地、順義。

魅惑の順義ツアー、まだまだ続く。

関連記事;チベット家具屋《Rom Antique》@北京*順義区 

この地域は素敵なレストランも実は多い。

ただ、車が無いとアクセスできなさそうなのが最大のハードル。

今回連れて行って頂いたマレーシア料理レストランも、ロケーション抜群!味も抜群!の素敵なお店だったが、自家用車が無ければ行けないというのが最大のポイント。

090714_maly(11).jpg 
だって、こんなところにあるのだ。
ちなみに、この湖の名は「ローマ湖」

ローマ湖のほとりでは、釣りをしているおじちゃんたちが。
これ、後海だったりしたら20年も前からそこで生活しているおっちゃんたちが生活の一部として釣りや水泳を楽しんでいるものだけど、ローマ湖で釣りをしているおっちゃんたちはちと違う。
何が違うって、自家用車で釣りに来ているのだ。
皆さん、もちろんタクシー(←個タクの運ちゃんが遊びに来ている)だとか、黒塗りの社用車流用じゃない。ちゃんとした自家用車だ。
これは、20年も前からここで釣りを楽しんでいるおっちゃんではなく、平日の昼間に自家用車で釣りに来られるような、どこぞのリッチな社長さんたちなのだ、きっと。
(この湖も、名前からもわかるようにたぶん人造湖)
これも北京市内ではなかなか見られない光景。

090714_maly(12).jpg 

ローマ湖の一角にレストランエリアがある。

ここも、20年前からここにあるような店ではなく、100%自家用車族ターゲットのセレブ系なお店ばかり。

上の写真を見ながら、「どこかに似ているな~」と考え、思い出した。
タイの欧米人向けリゾート地のレストランエリアがここにそっくりだった。

090714_maly(10).jpg 

 

090714_maly(1).jpg 090714_maly(2).jpg

左:ココナッツの味がするもち米のご飯
中央は鶏肉だったっけ?
とにかく、これ、とっても美味しかった!
ご飯も南国の味がしてすごく美味しかった。

右:空心菜のマレーシア風炒め
サンバルバラチャンで炒めたのかな?
いつもの空心菜と一味違って美味しかった。

090714_maly(3).jpg 090714_maly(4).jpg

左:もやしのマレーシア風炒め
右:日本豆腐(卵豆腐)の鉄板焼き

090714_maly(5).jpg  090714_maly(7).jpg

手羽先のBBQ
このコッテリ感!
激ウマ。

090714_maly(8).jpg  090714_maly(6).jpg  

左:手羽先の辛い煮炒め

右:ビーフン炒め

+++

ここのお料理、どれもとーっても美味しかった。

丁寧に味付けをしている、という味。

何気ないもやし炒めもとても美味しくて、お味はとってもマレ~シアン。

BBQはちゃんと外で焼いているので、とっても美味しい。

090714_maly(9).jpg 

この日は上記料理を7名で食べて、(確か)1人50元しなかったというリーズナブルさ。

いやいや、順義、侮れないっす。

このレストランも、車でしか来られないような場所にあるのに、この日(平日)、ランチ時も結構店は混んでいたのに驚いた。
欧米人の男性2人という組み合わせもいたが、中国人の女性グループ(結構若い)というのが多かったのは、どういう人たちなんだろう。
中国人の若い専業主婦マダム?

順義で新しい文化を見た気分。

+++

《Malacca Legend》
馬六甲伝奇

北京市順義区后沙峪鎮羅各庄村東北三6路C院
Ph:010-8049-8902

営業時間 AM11:00~PM10:00

@@@

朝陽区にもお店があるようです。

北京市朝陽区東四環中路58号遠洋国際中心B座
Ph:010-5908-0075

+++

順義ツアー、まだまだつづく。

+++
 
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。 
 

《週刊中国的生活》 
index:レストラン 
《週刊中国的生活》 index:中国茶 

《週刊中国的生活》 
index:北京おもしろSpot 

+++ 




スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

うまそ~

自宅でサンバルカンコン作る我が家です(笑)。
夏が来たので熱帯の味が前にもまして恋しいったらありゃしません。

>wankoさん

やっぱり夏は熱帯の味が恋しくなりますか。
あの独特の味付け、美味しいですね!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/511-4ee87559

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。