スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

《鼎泰豊》で包子教室の巻@北京 

某奥様の呼びかけ&企画で実現した、あの包子の有名店《鼎泰豊》でのあんまん教室に参加させて頂いてきた。


6月上旬に薬膳教室の先生のご自宅で包み方を習い6月末のウー・ウェンクッキングサロンでさらに学び、ますます包子にはまりつつあるわたし。包子の有名店《鼎泰豊》で習えるなんて、とっても嬉しい。

てっきり皮から作り方を教えてもらえるのかと思ったが、皮もあんこも用意されていて、本当に包むだけ。ちょっとがっかり・・・と思ったが、その後の巻き返しがスゴかった。 

090708_din(10).jpg 

10名の参加者に対し、包子包みの先生として実際にお店で包んでいる職人さん(しかも、ネッカチーフを付けているベテラン級の人)を5名付けてくれた。
2人に1人の割合。
他に、日本語が話せるサービス部門のスタッフ3名、テーブル周りを片付けたり皿を持ってきたりする服務員1名、写真を撮る広報スタッフ1名、他に中国語だけのスタッフ…と、スタッフのほうが受講生より多いぐらい。

090708_din(7).jpg 
ズラリと並ぶスタッフの皆さん

わたしのペアーを担当してくれた職人さんは、《鼎泰豊》で包子包み歴4年の方。
最初にこの仕事に就いたときどうやって練習するのかというと、まず1か月トレーニング期間があって、1日1000個包んで練習するのだそう。
早い人で2週間で店で出せるレベルになり、遅い人でも1カ月やれば店に出せるレベルにまでなるそうで、脱落者はいないのだとか。
今も普段で1日1000個包み(1人当たり)、忙しい時は3000個包むと言っていた。
わたしも1日1000個を1か月間包めば、「鼎泰豊」並の美しい包子ができることが予測される。現実性はないが。

090708_din(9).jpg 
職人さんが見本で包んだもの。
美しい~☆
見てると簡単そうだけど、やってみると難しいんだよね~。

090708_din(1).jpg 
3つのうち、1つだけわたしが包んだものがあります。
どれでしょー。
って、一目瞭然っ!
ちなみに、《鼎泰豊》の包子の襞の数は18個。
ここ、テストに出るよ。

 090708_din(12).jpg
わたしが包んだ包子10個。
まぁまぁの出来?

090708_din(11).jpg 
教えてくれた職人さんと。 

今回、「スゲー・・・」と思ったのは、まずスタッフの多さ。
10名以上は出入りしていた。

扱いもとても丁重で、お茶は安渓鉄観音の新茶を出してくれたし(←わたし的にはここ重要。薄かったり苦いジャスミンティーを出されたりすると、そういう扱いなんだなぁなんて思ってしまうので。この店でこのお茶飲むと、結構高いよ。)、職人さんが2人の日本人マダムの横で何をしたらよいかわからずぼーっとしていると、すぐに日本語のできるスタッフが飛んできて、職人さんに教え方を指示したり、わたしたちに話しかけたりしてくれる。

スタッフの方によると、今まで、《鼎泰豊》では子供向けの包子体験教室を開いたことはあったが、大人向けは初めてだとのこと。なので力が入っているのか。

その後、蒸しあがるまでの時間(って言ったって10分もかからないぐらい)のために、デザートが出された。

090708_din(13).jpg 
《鼎泰豊》に行ったら必ず食べたい杏仁豆腐のせかき氷。
ここの杏仁豆腐はもっちりしているけど柔らかくて、大好き。
台湾式かき氷ってきめが細かくて美味しいんだよねー。
このミルクっぽいソースの味がまたよい。


090708_din(15).jpg 
杏仁豆腐だけでも嬉しいのに、マンゴーかき氷まで!
ちょっとサービスしすぎじゃありません?

090708_din(3).jpg

自分で包んだ包子を蒸しあがったら試食。
うん、美味しい。
 《鼎泰豊》に行くと、包子を食べてデザートはかき氷、というパターンになりがちで、あん入り包子を頼まない傾向があるのだけど、わたしはここのあん入り包子の密かなファン。
小さくて美味しいんだよねー。
今回はこれを作ることが出来て、ホントラッキー。


包み方は薬膳教室の先生、ウー・ウェン先生、《鼎泰豊》の職人さん、全部微妙に違ったけど、要は綺麗にできればいいってことだよね。

090708_din(4).jpg 
お持ち帰り用にタッパーまで用意してくれている。


090708_din(6).jpg 
日本語表記も有。

090708_din(8).jpg  
ビニール袋の方。
日本語、惜しい!

これで終わり・・・と思ったら、

「今日はショーがあります」

ショー?

「では、発表します。まず2位の方!」

あ、“賞”ね。厨房で包み方にランクつけたわけね。(蒸篭には包んだ人の名札がついていた)
そういうの、中国っぽい。

1位と2位の方には《鼎泰豊》の冷凍包子セットが贈呈された。
これ、超~羨ましい。
それと知っていれば、もっと丁寧に包んだのに・・・。
(もちろん、わたしは選外。御一緒したPさんはなんと1位!さすがです!)

これで本当に終わりだよね~・・・と思ったら・・・

090708_din(14).jpg 

《鼎泰豊》特製ストラップと次回来店時に使える45元包子無料券をくれた。

090708_din(16).jpg 
包子好きとしては、かなり萌える。
《鼎泰豊》と書かれているのがイイ。
ひだの数はきっちり18個。
日本語が無ければ尚良し。

+++

皮から作れなくて、技術的には「包むだけ???」という肝心の核の部分はちょっと肩透かしだったが、スタッフのサービス、デザート、お土産、イベント性は想像以上、というか、全く期待していなかったので、むしろ驚いた。

日本人って包子好きな民族なんだよね。
ウー・ウェンさんも日本ではカレーまんとかピザまんとか、種類が多くて日本人は包子好きだと仰っていたけど、《鼎泰豊》も日本人は好きだよね。
台湾でも日本人観光客ばっかりだし、北京でも日本人率はいつも高い。
《鼎泰豊》確かに美味しいしね。
わたしも大好き。


日本国内では高島屋と提携してぼろ儲けしたから、今回の企画が持ち込まれた時、お偉いさんが、

「なに~?北京在住日本人マダム10名が習いに来たい?それじゃ、丁重にもてなして顧客開拓しろー!」

とか言ったんじゃないかなーと邪推。

皮から作らせてもらえなかったのは、企業秘密だからか、「皮からなんて作れるわけない」と思われたのか。
核の部分が手薄で、予想外の部分で過剰なサービス、というのがまた中国っぽい。
こういうちょっと的が外れた過剰気味のサービスに慣れてしまったから、先日のウー・ウェンさんの、中国人だけど完璧日本的なピシッと的を絞ったサービス精神に驚いたのだ。
やっぱりウーさんは日本での成功の秘訣を知っている賢い女性だった。

+++
 
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。  

《週刊中国的生活》 
index:レストラン 
《週刊中国的生活》 index:中国茶 
《週刊中国的生活》 
index:北京おもしろSpot 

+++  
 
 

 

 

スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

え~、大人用のって初めてなの?以前こういう企画(その時は小龍包作り)あったから、早速申し込みの電話したら「もう定員になってるからダメです」って言われたことあります…
小龍包作りとか粽子作りって企画がないかしら?ぜひ参加したい。
ここの杏仁豆腐好きです♪マンゴーかき氷もおいしいよねえ。あ~ん、食べたくなっちゃった。

すごい!

ともこさん、ますます包道をきわめておられますね。その、色んな先生の技をともこさんとこで消化した「ともこ派包道集大成教室」の開催を強く希望します!今から参加希望出しておきますので~

包道! ←うまい!

上に同じ。ズボラーな私、毎回ともこさんの「極めキャラ」に敬服。それでいて、これだけ食べまくりながらなぜに太らないのかも同時に伝授していただきたく…。

>doramiさん

そうですよね~。わたしもかなり以前ですが、フリーペーパーの「太太倶楽部」で、ここで包子か何かを作る、という企画を見た気がするんですよ。
なので、わたしも「え?初めて?」って思ったんですけどね・・・。
もしかしたら、日本営業部みたいなのができて、新体制になってから初めてってことだったのかもしれませんね。
杏仁豆腐、相変わらず旨かったっす。食べられると思わなかったので、ラッキーでした!

>丁未堂さん

「包道」!
いや~・・・習うばかりでなかなか身に付きません・・・。
千本ノックの如く、やっぱり1日千個包まないとダメか。
近所の「杭州包子」の店で1か月修行したらプロ並みになれそうなんですけどね。
なかなかそこまでモチベーションが・・・。ってどこまで極めたいんだ?!
「包道集大成教室」、わたしがもうちょっとちゃんと包めるようになったら開催いたしましょうか。
夏休みに実家で練習してきます・・・。



>アイス番長さま

熱しやすく冷めやすい、典型的パターンだす。
まぁ、できるうちにやっておこうか、と。
いや~、太ってますよ、着実に。
赴任時に持ってきた服、全滅です。
これ以上太らないような食べ方も同時研究中。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/507-fe8dfc65

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。