スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

南新倉街 

国慶節に日本から友人カップルが遊びに来てくれる、というので、北京のオススメスポットを新規開拓中☆

本日は、前々から気になっていた南新倉街へ行ってきました。

「街としての起こりは約600年前、明代1409年に建てられた食糧倉庫群だった。当時の皇帝が、風水的に「食料を蓄えるのに最高の場所」と言われるこの土地に建てた倉庫には、ネズミが一匹も出なかったと言う逸話も残る。また地下には排水系統を持ち、壁底に通風孔を設置。頑丈に積み上げられた石壁は城壁のような強固さを誇った。当時の建築技術の粋を集めて造られた倉だったのだ。明・清代と増設を重ね、全盛期には約70もの倉が軒を連ねたという。」(Whenever 8月号より)

道路沿いからは賑やかなレストランが見えないのは、手前側は画廊なので夜はクローズドしているから。

奥に進んでいくと、何かのテーマパークに入り込んだように、古い倉庫群と赤い提灯が出現する。

古い倉庫を覗くと、中はバーだったり、フレンチレストランだったり。中は倉庫のままの高い壁で、798芸術区のレストランみたい。

070909_01.jpg
手前が古い倉庫群。
後の電飾の近代的ビルとの対象がいかにも2007年の北京を象徴している

070909_03.jpg

070909_02.jpg

今日入ったのは雲南料理レストランの「四方街」。壁や天井は倉庫のままで雰囲気を残しつつ、調度品はシノワズリな雰囲気でお洒落。

070909_04.jpg

料理の方は、炒め物系は特筆するものは無し。但し、雲南名物の「雲南伝統汽鍋鶏」という鶏だしスープと「過橋米線」はとっても美味しかったです。

汽鍋鶏が食べたい!という方にはオススメ。  

070909_05.jpg
雲南伝統汽鍋鶏
美味しかった!

このエリアに、大董烤鴨が入っていました。東四十条に新規オープンしたとは聞いていたけどここだったとは。団結湖店より広いし、窓が大きくて南新倉街の古い倉庫の景色が良く見えるので、アテンドはこちらのほうが喜ばれそう♪

大董烤鴨 東四十条店の予約電話番号も書いておきます。
 
5169-0328/5169-0329 (南新倉国際大廈)
 
南新倉街の他のお店も行ってみたいです☆



スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

自分も今の家に引っ越した要因のひとつはココ南新倉でーす!!!

>ジウさん
ここに近くだったんですね!この辺りも面白そうですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/50-4f52544b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。