スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

《東京飯店》@北京 

建外SOHOに新しくオープンしたCHINESE DINNING&BAR《東京飯店》が6月28日(日)までディナーコース1人100元ということを知り、急いで行ってみた。

090629_tokyo(1).jpg 

オーナーシェフは日本人女性で、とても若い方!


東京恵比寿の「恵比寿大飯店」で調理長に就任。
その後、赤坂サカス「レッドリバードラゴン」などを経て
2009年に一心グループと提携し北京市朝陽区建外SOHOに「東京飯店」をオープン。
漢方アドバイザー取得。

グランドスラム・総経理のブログより)

ということで、メニューのほうも「食と美と健康」をテーマにした、薬膳効果が期待できるものがあるのが特徴。
ジャンルで言えば、「日式中華」と言えるかも。
中国で食べる“地道(本場)”な油や調味料のインパクトが強い中華料理ではなくて、日本のお洒落なチャイニーズレストランで出てくるような、もうちょっと繊細さが加わったような中華のお店。

北京ではかつて新源里の「来来軒」がそのジャンルで日本人の圧倒的な支持を受けていたが、「来来軒」無きあと、このジャンルのお店が無かったので、「東京飯店」は期待の星!
(前職職場の上司は週に2回は「来来軒」で食事をしていた。ランチも含めたらほぼ毎日。)
雰囲気としては、「来来軒」をワンランクお洒落にして、女性1人でも入れるようにした感じ。

090629_tokyo(16).jpg 

090629_tokyo(14).jpg 
お皿・調度品・ランプなど、「こういうの、ありそうで無かったんだよね!」
という感じ。

以下、我々が頂いたプレオープン特別メニューをご紹介。

090629_tokyo(5).jpg 
最初にドライフルーツが出てきた。
ディナーセットはワンドリンク付き。
相棒はビールを、わたしはアイス鉄観音を頂いた。
アイスの中国茶が出てくるお店って他に無いよね。
アイスティーは、鉄観音・ジャスミンティー・岩茶から選べた。
それとは別にウェルカムティーも出てくる。
北京では中華のお店でもウェルカムティーはまず出てこないので、
これは感激!

090629_tokyo(6).jpg 
ドライフルーツとか瓜子類って山のように出てくると
情緒がないけど、少しだけ数種類出てくると嬉しい。
これ、日本人の機微だよねー。

090629_tokyo(7).jpg 
前菜3種
クラゲ・カボチャサラダ・酢豚風冷菜?

090629_tokyo(8).jpg
アボカドとサーモンのサラダ わさび醤油ドレッシングかけ

090629_tokyo(9).jpg
宝石の中の海老マヨ
「宝石って?」と思ったら、キウイとマンゴだった。
さっぱりしたソースの中に、身がぷりっぷりの海老が入っていて美味!

090629_tokyo(12).jpg
蒸し野菜
おー!マイ☆ブームでもある蒸し野菜
添えてあるディップは、上からチリソルト・アンチョビーソース・山椒ソルト
どれも美味しかったけど、個人的には山椒ソルトに嵌った!

090629_tokyo(13).jpg 
海老シュウマイ
これ、1個がかなり大きいのだけど、一口で食べたら勿体ない!
海老がぷりっぷりでとても美味しい。
日本風に芥子醤油で食べれるのがまた嬉しい。

090629_tokyo(10).jpg
中華味噌につけた鶏のから揚げ
下味がしっかり付いていて上品な味で美味しかった。

090629_tokyo(15).jpg 
仕上げは坦々麺
胡麻の味がしっかりと効いていて美味。
辛すぎないのでスープまでちゃんと頂ける。

090629_tokyo(17).jpg
デザートまで付いてくる。
亀ゼリー&マンゴプリン
亀ゼリーは漢方効果がしっかりと期待できそうなお味。
マンゴプリンは超~濃厚。
こういうのが食べたかった!

090629_tokyo(2).jpg
さいごにおまけに「鉄観音のクリームブリュレ」まで頂いてしまった。
どこが鉄観音かっていうと・・・

090629_tokyo(3).jpg
パリッパリのカラメルソースの下のクリームの中に
粉砕された鉄観音の茶葉が入っている!
よ~く味わうと、甘いクリームの中に、鉄観音の香りが感じられる。
これは素敵なスイーツ!

090629_tokyo(4).jpg
温かいお茶はジャスミンティー。

+++

お酒は、紹興酒・自家製果実酒・自家製薬膳酒があるとのこと。

まだ夜だけのオープンということだが、この暑さで本場中華はちょっとキツい・・・というとき、こういう懐かしい日本の中華は一味違って胃が休まるかも。


女性1人でも大歓迎!ということで、北京にまたひとつ、素敵なお店が増えて嬉しい。

+++

《東京飯店》
朝陽区東三環中路39号
建外SOHO4号楼2F


Ph:010-5869-2388


営業時間:17時半~22時(LO)



+++
 
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。

《週刊中国的生活》 index:レストラン 
《週刊中国的生活》 index:中国茶 
《週刊中国的生活》  index:北京おもしろSpot 

+++  

 

スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/494-77cee469

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。