スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

全麦粉でパオズに挑戦!@北京 

蒸篭購入依頼、粉系の蒸しものに嵌っており、今まではスーパーで良く見かける「自発粉」でマントウやパオズを作っていた。

過去の粉系蒸しもの関連記事:
花巻に挑戦!@北京 
自発粉でマントウ&ベーコン巻@北京 
手作りマントウ研究中@北京 
自発粉で焼き包子に挑戦!@北京 


しかし薬膳の先生宅で先生が餃子やパオズを作るのに使っていたのは、「全麦粉」(全粒粉)だった。
医者でもある先生曰く、「全麦粉」のほうが身体に良い、と。
使っているのは「古船」ブランドの「全麦粉」。
実際に先生宅で、作った餃子やパオズを食べたが、粉の味がしっかりとしていてとても美味しかった。近所のスーパーで同じ粉を探したが見当たらず、これはもっと大きなスーパーに行かなくては入手不能?と思っていた矢先、SOLANAの中のBHGに先日までは無かった「古船」の「全麦粉」が入荷されていたので、すぐに購入し、さっそくパオズを作ってみた。

090625_baozi(7).jpg 
9.6元ぐらい。

この粉にはイースト等入っていない。
先生は何かの酵母を使って生地を膨らまし、作った生地の一部を残してその生地自体を次回のタネとして使っていた。

わたしはそんな器用なことはできないので、普通にドライイーストを使用。

今回のレシピはこんな感じ。

+++

皮:全麦粉 300g/ドライイースト(予備発酵不要のもの) 5g/水(32℃ぐらい) 約150cc

具:インゲン 適量/豚肉 適量/塩・胡椒・醤油・ごま油 適量

+++

【皮】

粉にイーストを混ぜ、温水を少しずつ注ぐ。最初はぼろぼろになる感じで、次第に生地がまとまってくる。耳たぶぐらいの硬さになるまで水を注ぎ、表面に光沢が出て滑らかになるぐらいになったら、丸くまとめて30℃ぐらいの場所でベンチタイム30分。

【具】

ベンチタイムの間に具を作成。

今回は、餃子の具としても大好きなインゲンを使用。

090625_baozi(12).jpg 

使ったインゲンはこれ。
この味が大好きなんだよねー。
これはかなり固いので、下ゆでしたあと小さく輪切りにし、肉に混ぜたあと、調味料で味を付ける。

皮のベンチタイムが終了し、生地が倍ぐらいに膨れ上がったら、手で膨らみを潰したあと、成形し、中に具を詰める。

090625_baozi(14).jpg 
相変わらず成形が下手。
下に付かないように1個ずつクッキングシートを切ったのを使っているけど
不経済だな。
この部分、便利グッズを入手したい。

蒸すこと25分・・・

090625_baozi(10).jpg 
まぁ、なんとか形にはなった。

090625_baozi(6).jpg 
中はこんな感じ。

ふわふわ系ではないけど、全粒粉の粉の味が強く感じて、わたしは自発粉で作った時よりこっちのほうが好き。(どちらかというと皮の食感は固めだけど、味がしっかりとして美味しい)
具も今回はかなり味付けをしっかりとしたので、皮の中で肉汁と調味料が溢れて、小龍包みたいになって見た目もかなり美味しそうになった。

+++

パオズを15個作ったところで具が無くなってしまったが、皮がまだ余ったので、マントウも作ることにした。
おかずマントウとして、ベーコン巻きを作成。

 
090625_baozi(8).jpg 
麺棒で伸ばす。

   090625_baozi(4a).jpg
ベーコンを置き、粗挽き黒コショウを全体にまぶす。

090625_baozi(13).jpg 
手前からくるくると巻いていく。
最後は生地がほどけないようにしっかりと生地どうしをくっつける。
棒ができたら、包丁で6等分に切る。

090625_baozi(9).jpg 
こんな感じ。
小さい方の蒸篭で蒸すこと25分。

090625_baozi(11).jpg 
こんな感じに出来上がった。

ベーコン巻きのほうも、クリープを入れた白マントウ生地よりは若干硬めだが、パサパサ感はなくて、粉の味がしっかりとしていて美味しい。
わたしはパンでもハード系のほうが好みなので、マントウ生地もこっちのほうが好きだな。

自発粉使用と比べると、イースト投入の手間だけが違うが、5gのイーストを入れるだけの手間などほとんど無いも同然。

全粒粉使用のほうが素朴で粉の味が楽しめて、わたし的にはかなり好みの味になった。

ただ、まだ自発粉がウチにたくさんあるので、今後は全粒粉と自発粉、両方使いながら美味しいマントウづくりを目指そう。

+++

先週後半は、異常に暑かった!
確実に40℃超えていたと思う。
外歩いていたら気分悪くなって、「中暑」(暑気あたり・熱中症)の薬を
薬局で買って飲んだ。
わたしは直射日光に当たるとすぐに暑気あたりになってしまうのだが、この薬は良く効くと思う。
家に常備しているほか、夏に旅行に行く時には必ず携帯している。

090624_kusuri(2).jpg 
12.5元

+++
 
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。

《週刊中国的生活》 index:レストラン 
《週刊中国的生活》 index:中国茶 
《週刊中国的生活》  index:北京おもしろSpot 

+++  

 

 

 

 

スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/491-c7866289

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。