スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

素敵な手作りパーティー@北京 

 先日、Hさん改めPさんのお引っ越し&Oさんの送別会を兼ねたパーティーに参加させて頂いた。

当日、約30名分の参加者のお料理をフードコーディネーターであるPさんおひとりで準備される、とお聞きし、これを機会にお料理の勉強を!ということで準備段階から参加させて頂いた。
北京でホームパーティーを開かれる方は多いが、殆どはケータリングやシェフをキッチンに呼んでのお料理か、持ち寄りパーティーになる中、30名分をすべて御自分で作る方はそうそういないと思う。

一番早く手伝いにいらっしゃった方が午前11時からで、わたしは午後3時半から。その後、2名、1名とヘルプが入り、みなさんで楽しく準備をさせていただいた。

なんせプロはPさん一人で、わたしなんぞは料理名(ほとんどがタイ料理)すら分からず、従って材料名もタイ語の読み方だとわからず、いちいちPさんに、

「次は何をしますか?」

「これはどんな切り方ですか?」

と聞く始末。

役に立たなくてスマソ。

わたし的にはPさん宅で以前頂いたお料理の作り方がわかったり、調味料の使い方を知ったりしてたくさん勉強させて頂いた。

で、出来上がった料理の数々。

090613_party(4).jpg 
Pさん自作のカービング作品
素晴らしすぎ!

090613_party(6).jpg 
上から見るとこんな風になっている。
これ、1個のスイカをカービングナイフで全部1人でPさんが彫っていた。

090613_party(14).jpg
そして、出来上がった料理の数々!

左から順番に見ていくと・・・

090613_party(17).jpg 
バゲット・ナッツ
(右上のウォーマーはお店のものを借りていらしたそうです)

090613_party(20).jpg 
トートマン カオ ポー(コーンと豚肉のかき上げ タイ料理)
ナムプリックオン(ミートソース風ディップ 生野菜添え タイ料理)

Pさんのお宅でのパーティーで大人気の「トートマン カオ ポー」。
参加者からのリクエストで作って頂いた。
わたしも前回頂いてとても美味しかったので、今回はキッチンでこれの担当をさせて頂いた。
今度は家で美味しい「トートマン カオ ポー」を再現するぞ!
 

 

090613_party(22).jpg
ヤム プラトゥー(ツナのスパイシ一口サラダ タイ料理)
チーズの盛り合わせ(参加者差し入れ)
出汁巻き卵(Pさんのご主人御手製!)
ぬか漬け(Pさん御手製)

お料理の準備中に突如現れた出汁巻き卵。

「Pさん、和食まで準備されていたんだ…」

と思っていたら・・・。

なんとご主人さまの御手製だったとは!

すごく美味しかった。奥様があんなにお料理上手なのに、ご主人までこの腕前!

 090613_party(2).jpg
ピクルス
サングリア
グリッシーニ生ハム巻 マンゴー生ハム巻


090613_party(12).jpg 090613_party(8).jpg
ガイヤーン (タイ風バーベキューチキン タイ料理)
ドゥフィノワーズ (ポテトのグラタン フランス料理)

キッチン先乗り隊の特権で、どれも美味しそうな料理の中、一番最初に無くなりそうな料理の見当をつけておくことができたのは役得。

「ガイヤーン」は北京の一般のスーパーではなかなか売っていない鶏の腿肉(日本で売っている形では腿肉、売ってないよね?外国人向けスーパーならあるのかな?)にしっかりと味付けをしてオーブンでじっくり焼いている。
準備段階から「これはヤバそうだ!」と眼を付け、パーティーが始まったら真っ先に取りに行った。

「ドゥフィノワーズ」も然り。
これも大人気。

この2つ料理+「トートマン カオ ポー」はやはりあっという間に売り切れたので、早めにお皿に載せておいて正解だった。

ちなみに、今回のパーティーはお子さんも結構いらっしゃるため、Pさんは子供向けにマカロニグラタンを作ろうと思っていたところ、Pさんのお嬢さんのAちゃん(小4)から、

「マカロニグラタンよりドゥフィノワーズの方が良い」

との意見を受け、メニュー変更になったのだとか。

さすが食の英才教育を受けているAちゃん!
わたしが「ドゥフィノワーズ」なんて料理名を知ったのはこの日だよ。

「マカロニグラタン」から「ドゥフィノワーズ」に変更になったおかげで、この料理は子供が食べる前に大人が全部食べてしまった。
「マカロニグラタン」でもPさんが作ったものなら、あっという間になくなったとは思うけど。



090613_party(15).jpg 090613_party(18).jpg  
トムヤムクン(タイ料理)
麻辣香鍋(参加者差し入れ)

出た!本命トムヤムクン。
P家に入ったとたん、トムヤムクンの香りが漂ってきて、「サワッディッカーッ♪」な気分になる。

「麻辣香鍋」をテイクアウトしてきたお2人に乾杯!

090613_party(16).jpg 
チョコレートフォンデュ

090613_party(19).jpg

デザートは子供の憧れ?!チョコレートフォンデュ!
自分でひと手間かけるデザートって、テンション上がるよね。

写真に撮り忘れちゃったけど、他にも料理はたくさんあって・・・

プチシュー アンチョビ&チーズ(参加者差し入れ)

ゲーンキョウワーン ガイ(鶏のグリーンカレー タイ料理)
ゲーン マッサマン(マッサマン カリー タイ料理)
ラタトゥユ(フランス料理)
ジャスミンライス
カレーも、ホント、美味しかった!
ウチはグリーンカレー好きなので、タイカレーと言えばバカの一つ覚えの如くグリーンカレーを作っていたが、今回頂いたピーナッツの入った「マッサマン カリー 」もすごく美味しかったので、今度はこれにも挑戦してみよう。
ドリンクは1人1本持ち寄りだったのだが、ワイン好きなPさんの影響か、ワインが数多く並んでいた。
ワインの会をされているAさんの御参加もあったおかげか、とても良いワインが多かったようで、みなさん、「ワインも美味しい!」と仰っていた。
飲めないわたしは残念ながら、ずっとジュース派。
こういうとき、ちょっと残念・・・。
+++
この日豪華だったのは料理ばかりじゃない。
Oさんの息子さんで、本日の主役の一人でもあるL君を始めとする芸達者たちが揃っていた。

090613_party1(3).jpg   090613_party1(1).jpg 
L君のマイケル・ジャクソンのダンス。
わたしは偶然にもこのL君のマイケルダンス、初演を見ていたのだけど、
当時(半年前)と比べてすごく上手くなっている!
衣装も揃い、ダンスも板について、これはデビュー間近?!

(右)マイケルダンスの師匠・マイケル・K氏と一緒に踊るL君

090613_party(5).jpg    090613_party1(7).jpg 
Aちゃんの演武
これもますますキレが良くなってカッコいい。
男の子の演武は良く見るけど、髪の長い女の子がキリっとやる演武は
これまたカッコいい。


その後、Aちゃんの師匠が皆のリクエストにより
特別に演武を披露してくださった。
本場・少林寺で鍛えた本物の演武に
女子一同萌えに萌えた。
あれは、まぢ、やばいっす。
師匠の演武を見て、武術を始めたくなった女子、多数。 

090613_party1(11).jpg  
北京の送別会では最近恒例になりつつある、
KTさんのウクレレ演奏付マイケル・K氏による
「マニアックでごめーんね!微妙でごめーんね」

マイケル・K氏のマニアックで微妙な芸に参加者爆笑。

090613_party(9).jpg
お?!
控え室(?)前に萌え系の美少女と、怪しげなコスプレ人がっ!
(普段からAちゃんファンのミャオ氏がほっとかないぞー!・・・と思ったら、
やっぱり次の瞬間Aちゃんの写真を撮りまくっていた)

090613_party1(13).jpg 
北京のエンターテイナー・KTさんによるウクレレ漫談。
先ほどの謎のコスプレ2名はこのセリフカードめくり担当だった。
この2日後北京を発たれるOさん親子に纏わるウクレレ漫談で、
会場、再び温かい笑いに包まれる。

+++

素晴らしいお料理に、どこの事務所から呼んだの?というぐらいエンターテイナーが揃った舞台で笑いも盛りだくさんのパーティー。

わたしも初対面の方がたくさんいらっしゃったが、お話してみると共通の友人がいたり、学年が同じだったりで新たな知り合いが出来て、とても楽しませて頂いた。

楽しいひと時、美味しいお食事を、Pさん一家に感謝いたします!

そして、北京を発たれたO家の今後のご活躍を楽しみにしています!

+++
 
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。  

《週刊中国的生活》 index:レストラン 
《週刊中国的生活》 index:中国茶 
《週刊中国的生活》 
index:北京おもしろSpot 

+++
 
  
 

 

スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/484-1e3e798d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。