スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

日食セミナー受付中@北京 

相棒もわたしも東京都出身ということで、月に1回開催されている「北京東京会」に参加している。

北京には各県の県人会があり、「北京東京会」は言ってみれば“都人会”であるが、意外と“東京の会”というものは無いもので、「北京東京会」も2007年9月に発足した、比較的歴史の浅い郷土会である。

090615_tokyokai(4).jpg 

北京東京会では、毎回2時間の定例会の間に、20分ほどのミニセミナーが開かれる。
これは、参加者の中から講師役を立候補して頂き、簡単なセミナーを開くもの。

東京会には、さまざまな職種の方が参加されているので、過去の例だとヤクル◆の中国での社長さん(日本人の方)が◆ク◆ト菌の説明や、世界中で販売されているヤ◆◆トの特徴について、その国の国民性と絡めて説明して下さったり、資◆堂の研究所の方からは、中国人女性と日本人女性の化粧に対する考え方の違いや、中国で販売されている同社製品と、日本で売られている製品との違いなどを話して頂いた。

企業がらみばかりでなく、ボーリングがプロ級に上手い方からは、ボーリングの歴史や楽しみ方のセミナー、副業でDJをされている方からは、DJの説明と実演もあった。

どれも20分程度のセミナーなので、話がコンパクトながらも中国に絡めたマニアックな話ばかりで非常に面白く、わたしも毎回楽しみにしている。
かく言うわたしも、過去に前職の関係で、中国で活躍する青年海外協力隊の活動についてプレゼンさせて頂いたことがある。

相棒はこの会で「常任司会」をさせて頂いているが、今回初めてセミナーの担当をさせて頂いた。

テーマは「日食」。

理科好き、特に天文分野が大好きな相棒は、来月22日に起こる日食現象について、その原理や楽しみ方などを話させて頂いた。

中国では、上海周辺が皆既日食が見られるということで北京からもツアーなどが企画されているため、中には「北京では見られない」と思っていた方もいらっしゃったようだが、皆既ではないけれども北京でも日食体験はできることをお話させていただき、そのときどのような独特の現象が見られるのか具体的にお話させて頂くと、かなり大きな反響があった。

090615_tokyokai(2).jpg 
日食の原理について説明する相棒

090615_tokyokai(1).jpg 
参加された方の一人一人に球を渡し、日食の原理を確認して頂いた。


090615_tokyokai(6).jpg

090615_tokyokai(3).jpg 
「こんな風に見えますよ~」

今年はガリレオが初めて望遠鏡で天体観測をして400年に当たる世界天文年ということも相まって、日本でも天体望遠鏡が売れていたり、奄美大島に行くツアーが既に売り切れだったりしているようですが、北京在住の皆様も、注意していれば日食体験できますよー。
(最初は上海まで見に行こうと思っていたのだけど、北京‐上海の航空券が高かったのと、23日か24日に日本へ一時帰国しようと思ったら、皆さん日食見てから帰国されるということで25日まで上海‐成田は無い、と言われたので、上海行きは断念した。)

+++

相棒による「“日食”を楽しもう!」セミナー、7月22日までにあと2回開催を予定しています。

そのうち1回は、小学校高学年~中学生向けの、学校での学習範囲も含めた「勉強にも役立つ実践セミナー」を開催予定です。(もちろん無料)
これについては、来月号のフリーペーパー各誌に詳細掲載予定なので、ご興味のある方はそちらを御参照ください。
(今年の受験問題に「日食は出る!」そうです。by相棒)
※あと1回は某茶話会。

また、上記以外で、当該セミナーの開催を希望される方がいらっしゃいましたら(何かのイベントのプログラムの1つとして、など)御連絡下さい。
10名以上の小学校高学年以上の方が集まる会でしたら、出張無料講座を開きます。
めちゃくちゃ遠くない場所であれば、時間の調整が付きましたらお伺いいたします。
(当方朝陽公園西門付近在住:セミナー時間は20分~1時間程度まで対応可能です。) 

連絡方法は、このブログのコメント欄に記入していただき、「管理者のみ閲覧」ボタンを押して頂ければ結構です。

で。

なんでこんなことをしているのかって?

それは、相棒が理科や天文を好きになったのが、1986年の“ハレー彗星”のとき、相棒のお父さんがかなり高価な望遠鏡を買ってくれて、伊豆までハレー彗星を見に行ったことがきっかけだったそうで。当時相棒は小学校高学年。

なので、同じぐらいのお子さんたちにも、これを機会に理科や天文を好きになってもらいたいなぁ、という気持ちを込めて、こんなことを趣味でやっているわけです。
天文を好きな人間が“好き”という気持ちを込めてお話するので、聞いている人にも“好き”が伝染して、天文や理科が“好き”になるよー。
(大人オンリーの会でもOKです!あ、でも天文が専門の方は止めてね~)

というわけで、何かの営業じゃないので、怪しまないで下さいねー。

+++

ところで。

今日の北京の雨、なんですか?!

天変地異?

わたしは実は今日、10時から某試験を受けていたのだが、朝家を出た時は傘がギリギリ要らないぐらいの天気で、帰りに日が照ったらいけないと思い晴雨兼用傘を持って行ったら、11時ごろから雨が強くなり、11時20分・・・

窓の外が真っ暗。

もう、夜そのもの。

うわ~!外見た~~~~~~~~~い!!!

と思っていたが、試験中なので叶わず。

昼間にあんなに暗くなったのを見たのは生まれて初めて。

皆既日食になるとあんな感じになるらしい。

北京の皆さん、一足早く皆既日食体験できて良かったね。

090615.jpg
昼の12時頃
11時40分ごろには明るくなり始めて、12時頃には霧状態。

ちなみに、天気が良いとこんな感じ。090413(9).jpg

+++
 
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。  

《週刊中国的生活》 
index:レストラン 
《週刊中国的生活》 index:中国茶 
《週刊中国的生活》 
index:北京おもしろSpot 

+++  

 

 

 

スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

やられました

昨日の北京にやられました、陸太太一家。成都空港に12時間足止めですよ?なんで?雨は1時間であがったんでしょう?「システムがめちゃくちゃや~」と明治男が中国国際航空社員に爆発しましたが・・・なんとかならんのかあの態度?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>陸太太さん

あいやー!12時間は厳しいですね。
雨は1時間程度でしたが、霧が長かったですね。(ほぼ1日)
霧のせいだったのでしょうか。
CAの対応、酷かったですか?・・・というか、酷くないはずがないか・・・。
お疲れ様でした!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/482-e4ea6885

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。