スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

望京ツアー@北京 

北京に日本人は約1万人住んでいると言われているが、一方韓国人は約15万人住んでいると言われている。(金融危機で若干両者とも[特に韓国人]減ったと言われているが、日本人に比べて圧倒的に韓国人が多いことには変わりがない。)

これだけの数の韓国人がいれば、当然“リトルコリア”が生まれるわけで、それは北京の東北部、望京というエリアにあたる。

望京についての過去記事;南湖総合市場で明太子をGet!@北京 

望京には韓国人と朝鮮族がたくさん住んでいるため、売られている食材も、他のエリアとはちょっと違う。

ってことで、望京在住日本人の方にナビして頂き、望京ツアーに行ってきた。

今回、わたしが買いたいと思っていたのは、「明太子・水菜・エゴマの葉・美味しい味付きカルビ」。
これはどれも望京以外のエリアでは売っていない(或いはなかなか見かけない)食材なので、是非この機会にゲットしておきたかったのだ。

明太子は冷凍のものが日本食材店にあるけど、小さいめんたいさんが2袋ついた状態のが2腹入って30元(約450円)だったかな?

望京だと、日本サイズよりはずっと大きめだが、だいたい1斤(500g)100元(約1500円)ぐらいで売られている。1腹(2袋)で約20元なので、すごく安いというわけでもないが、量的には日本の倍ぐらいあるので、結構食べではある。

ってことで、保冷袋に保冷剤をセッティグして、いざ出発!
(ウチからバスで20分で着くことがわかり、あまりの近さにビックリ!)

090611_wangjing(1).jpg 
市場の外でもフリマ状態。
これは乾物屋さん。

090611_wangjing(2).jpg 
興味深い物が売られていたので、危うく買いそうになったが、
食べ方がわからないので止めておいた。
美味しいかもわからないし。

090611_wangjing(3).jpg 
南湖市場
通称「総合市場」
わたし的には韓国市場
韓国食材が数多く売られている。

090611_wangjing(4).jpg 
通路はせまいが、中は広い。
この右手には、茶・服・雑貨・文具・ペット用品等、
ありとあらゆるものが売られている。
オーダーメイド用の縫い屋さんもいる。

090611_wangjing(6).jpg
中国東北地方の唐辛子やキクラゲ、乾燥キノコを売る店

090611_wangjing(7).jpg 

090611_wangjing(5).jpg
キムチ屋
ここで、白菜キムチと明太子を購入。
キムチは500g/7元(約105円)だったかな?
他に、タコキムチ、チャンジャなども有。
「チェンジャ」(タラの内臓のキムチみたいなの)、味見させてもらったけど、
すごく美味しかった。
次回、買いに来よう。

090611_wangjing(8).jpg 
野菜コーナー

エゴマの葉、「1斤2元」って言われたんだけど、葉っぱ1斤って無理無理。
でも、あんまり少ないと安過ぎて申し訳ない気もしたので、1.2元分(約18円)購入。

090611_wangjing(17).jpg 
1.2元(約18円)
日本人が一生に食べる分ぐらいの量がある。

今回のテーマは「家で焼肉!」の食材購入。
わたし、エゴマの葉がだーーーーいスキなのだけど、(北京の韓国式の)焼肉屋に行ってタダで出してくれる野菜セットにエゴマの葉って5枚ぐらいしか入っていないじゃない?
これだと、1人あたり1~2枚しか食べられない。
なので、以前店の人に「エゴマの葉だけください」って言ったら、ダメだって言われた。
わたしの夢は、エゴマの葉食べ放題。
焼肉屋で「ダメ」って言われたから、エゴマの葉って高いのかと思っていたら、安いじゃん。
なので、大量購入して、思う存分エゴマの葉を食べまくり、今までのエゴマ・フラストレーションを解消しようと思っている。

なので、もちろん肉も購入。

090611_wangjing(18).jpg 
上(味付き);1個35元(525円)
下(味付き);500g/60元(約900円)
 

090611_wangjing(19).jpg
味付き肉;1パック39元(585円)

野菜コーナーでは、他に水菜とレタスも購入。
水菜、近所のスーパーには無いから、嬉しい!

+++

《南湖総合市場》

バスの場合、最寄は「花家里西里」
バス停から西北方向に招商銀行がある三叉路まで進み、
三叉路を右手(北)に400メートルほど進むと左手にある。
市場の外観は道沿いからは見えにくいので、注意。


地図の「A」の場所。



查看大图

+++

午前中に買い物を済ませ、ランチタイム。

連れて行って頂いたお店はとても綺麗。韓国系の店ってゴージャスなところが多いような。

ランチのセットを頼んだのだが、「1人1セットは多い」との望京在住の方のアドバイスにより、6人で5セットをオーダー。

いやー・・・出てくる!出てくる!

090611_wangjing(9).jpg 
焼肉

090611_wangjing(12).jpg
これは別途オーダーしたキムパップ

090611_wangjing(14).jpg
小鉢みたいなのがどんどん出てくるのが嬉しい。

090611_wangjing(10).jpg 
チヂミやチャプチェ(春雨炒め)、キムチ類がちょっとずつ食べられるのがうれしい。
でも、エゴマの葉、やっぱり少ないよね。

090611_wangjing(13).jpg
1人1碗冷麺も付いてくる。
麺の色は黒っぽい方だった。

090611_wangjing(15).jpg   
最後にかき氷のデザート付
珈琲も付いてきた
(インスタント?の、ミルク入り甘めのコーヒー)

本当に食べきれなかった!

スゴイ・・・韓国ランチ。

これで、1人48元のセットなのだとか。
普通の日本人だと1人1セットは無理だな。

~今回連れて行って頂いたお店~


《紫霞門》
朝陽区望京南湖東園201号楼中福百貨5F
Ph;8478-2323

+++

ランチの後は、韓国製品がたくさん売られているスーパーに連れて行って頂いた。

ここでわたしは、コチジャン、韓国海苔、韓国製の「ふえるわかめ」を購入。
売り場はかなり広くて、野菜と肉以外は全部韓国からの輸入品を取り扱っていた。
日本製品のスーパーでこれだけ大きい店は北京には無いから、やっぱり韓国人は多いんだな、と実感。
値段も、中国製品の1.5倍ぐらいで、日本製品のようにべらぼうに高くないので、買い易い。

一緒に買い物をしていたzさんが、以前から美味しいと仰っていた韓国アイスをこのスーパーで発見!

090611_wangjing(16).jpg 

胡桃入りのアイスのようで、1本4.5元。
これ、食べてみたら、

テラむまい!

クリームの味が濃厚で(練乳っぽい。かなり甘いけど、コクがある感じで嫌な甘さじゃない)、そこに胡桃の味がよく効いている。
キャラメルの味を感じたのは気のせい?

「ハーゲ▲ダッ▲にも劣らぬ味!」

とお聞きしていたが、まんざらそれも大げさではないお味。

濃い~~~~~~~~けど、むまいっす。
これで4.5元は安い。

近所で売ってないかなぁ・・・と思ってしまうが、ウチの近所に韓国人がたくさん住んでいる場所って無いから、売ってないだろうな。

残念!

望京行ったら食べてみて~。
(五道口ならあるかも。)

今回望京を案内してくださった皆様、ありがとうございました!
お陰様で、美味しいお肉を家で食べることができましたー!
(→「おうちで焼肉!」記事については、次回参照)

+++

交通事故の件でコメント下さった皆さま、ありがとうございました。

1週間経ちましたが、現時点では特に新しい症状も出ず、

通常通り元気に暮らせております。

今後も後遺症が出ないか注意したいと思います。
(北京市公安局公安交通管理局より「簡易程序処理交通事故認定書」
というものが発行されたので、何か症状が出たときには
これを持って病院に行くと良いと言われました。)
 

コメント下さった方、メールをくださった方、電話をくださった方、

御心配頂きまして、本当にすみませんでした。

皆様の温かいコメントに感謝しております。

今後も元気にブログ更新を続けていきたいと思いますので

今後とも宜しくお願いいたします。

ともこ

 

+++
 
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。

《週刊中国的生活》 index:レストラン 
《週刊中国的生活》 index:中国茶 
《週刊中国的生活》  index:北京おもしろSpot 

+++ 
   


 

 


スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

くるみアイス。気に入っていただけて嬉しいです。^^
いかんせん望京は遠いのです。でも通う価値ありますよね~!

>Zさん

くるみアイス、美味しかったです~~~~!
あれはリピートしたい!
明太子が切れるぐらいのタイミングで通いたいものです。

はじめまして。
12月に北京に行くことになって(旅行ですが)、あわてていろいろと情報を集めていてここにたどり着きました。
昔、北京駐在で1年半いたのですが、最近の変化のすごさにもう同じところとは思えない気がしています。
連れ合いは中国関係の仕事なので、今でも年に数回は行っていますが、私は17年ぶりなので、今住んでいる方たちの情報だけが頼りです。
望京、面白そうな地域ですね?!リドの近くのようですが、あのころは田舎だった…

これからも、いろいろと参考にさせてください、ありがとうございます。

>からすうりさん

コメントありがとうございます!

17年前と比べると、北京は本当に変わってしまっていると思います。
リドの近くも、昔は何もなかったかと思いますが、今や北京の一つのエリアとなっています。
前門や王府井も変わったと思いますが、三里屯も驚かれると思いますよ。
鳥の巣など新しい観光スポットもできましたし。

楽しい御旅行になることをお祈りしております!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/479-49cb0f57

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。