スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

ももも蒸してみた@北京 

蒸篭を入手以来、いろんなものを蒸しまくっている毎日。

果物も蒸してみた。

選んだのは、桃。

わたしは日本のあの柔らかい水蜜桃が好きなのだけど、北京の桃はカリっと硬い。
2006年頃に日本のみたいな柔らかい桃を北京で食べた記憶があるのだけれど、それ以降、毎年果物屋で「これは柔らかいよ~」と言われて買うが、どれも硬い。

ウチの冷蔵庫に、やはり「柔らかいよー」と言われて買ってきた硬い桃がある。これを蒸して柔らかくしようという魂胆だ。

090530_seiro(3).jpg 

『スチームフード』の本に「砂糖とコーンスターチを混ぜたものをふりかけて、蒸篭に入れる」と書いてあったので、そうやってみた。
砂糖の塊がこんなところに乗っちゃって、なんだかエッチな感じに。

砂糖まぶしで蒸すこと30分。

090530_seiro(4).jpg 

水は全く入れていないのに、桃色の綺麗なシロップが出てきた~♪
ここで、この桃色を定着させるために、レモン汁を半個分投入。
この瞬間、澄んだ綺麗な桃色になるのが劇的に美しい!

このアツアツのピーチちゃん、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。

090530_seiro(1).jpg 

よ~く冷えたら、皮を剥いて、アイスクリームを添えてデザートに。

甘くて、柔らかくて、大満足☆

桃味のシロップも、とっても美味しかった。
硬い桃も、これだと柔らかく食べられる。

+++

この本のレシピを参考にしています。

 

090530_seiro(5).jpg 

たかくりこ?

・・・と思ったら、コーンスターチのことだった。(良く見たら“くり”じゃなくて“あわ”だし。)

微妙に紛らわしい。

+++
 
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。

《週刊中国的生活》 index:レストラン 
《週刊中国的生活》 index:中国茶 
《週刊中国的生活》  index:北京おもしろSpot 

+++ 

スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

桃、とっても美味しそうです♪
ていうか、思わず、エッチな感じにの下りと写真を見比べ想像力を振り絞ってしまいました。

ときに、「たかくりこ」はどちらで購入されましたか??

> yiersan456 さん

中国は果物が安いので、ジャムやコンポート、そしてこうやって蒸すなどやってみることができるので、楽しいです。

「たかくりこ」は、麦子店のサマセット1Fのライオンマートにて購入しました。
ジェニールーみたいな外国人スーパーにも置いているのかな?(←これは確認していません)

(*✪o✪*)おぉぉ♬  確かに中国の桃は硬い!最近南方の軟らかめの桃が売られるようになったけど、高いしやっぱり日本の物とは違いますもんね。暑い季節だし、こういう食べ方もいいですね。
「たかくりこ」は私の行く外国人向けスーパーには置いてありましたよ。買ったことないけど、日本人だからでしょうか、あの字って結構目をひくような気がしませんか?

フルーツを蒸すなんて目から鱗がボロボロ落ちまくりです!!!コンポートもこうやって作れば甘味が凝縮されて美味しそうですねv-10
ともこさんの蒸篭倶楽部の記事、いつも参考になります~!

おはようございます。

なんでも蒸しちゃうんですねー
そういえばアモイのMettyさんのMettyの部屋ってブログの6/2に
パパイヤと白木耳の蒸したスイーツのレシピを書いてありました
もしかして今中国では蒸しフルーツ大流行??

うまそうっす!

甘い果物大好き♪ そっか、はずした酸っぱい・硬い敗者の復活戦、蒸すという手もありましたね。
今度やってみよう!

>doramiさん

桃、柔らかくて甘いのが食べたいですよねー。
「たかくりこ」、やっぱり目を引くのは、「え?かたくり粉?」って思っちゃうからなのでしょうか?

>ネコバカさん

コンポートも蒸したらなお、美味しそうですよね!
杏が出始めたので、安いのを見かけたらやってみようと思っています。
美味しい蒸しものがあったら、教えてくださいねー。

>mustacheさん

パパイヤと白木耳を煮た料理は習ったことがありますが、蒸すんですねー。
それも美味しそう!
日本でもスチームフードが流行っているそうなので、中国でもその波が来ているのかもしれませんね。
もともと、蒸篭のある国ですからねー。


>zhaozhaoさん

リンゴが外れたときには良く煮ていましたが、蒸しても良さそうですよね。
蒸すと甘みも増すので、この手は結構使えます!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/463-ddd3e7d1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。