スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

台湾茶の会@北京 

中国茶の世界で著名な某氏にして“日本で最も美しく中国茶を淹れる方”と言わせしめた、陸羽茶芸中心泡茶師でいらっしゃるKさん宅で中国茶を頂ける機会があり、参加させて頂いた。

お宅には台湾で購入されたという素晴らしい茶車もあり、そこでKさん直々に優雅なお手前でお茶を淹れて頂いた。

090529_chakai(2).jpg
 

茶車もとても素敵で、また翡翠色の茶器セットも美しく、「あ~!こういうものがウチにもあったら!」と思ってしまうのだが、それにもまして、Kさんのお手前の美しさに感動。

わたしも一応「茶芸師」などという資格を頂いてしまっているが、そこが台湾と北京の文化の差なのか、わたしは手が覚え込むほど茶芸のトレーニングも積んでいないし、「茶芸の作法で淹れてください」と言われても、お恥ずかしながら胸を張れるほど美しくは淹れられない・・・。

いやね、陸羽の作法とわたしが習った茶芸は方法がかなり違い、美味しく淹れること重視の陸羽に比べて、わたしが習った方法は必ずしも最高に美味しい状態でお茶が入るとは言えず、「茶芸」という名前が付いているように、一種のパフォーマンスであり、動作の美しさに重きが置かれている。(・・とわたしは解釈している。烏龍茶の作法は比較的味を重視しているのかもしれないが、緑茶の茶芸的淹れ方が、最も美味しく飲める作法であるとはちょっと考えられないと思っている。)

そういう理由により、わたしは茶芸を極めることよりも、美味しく淹れる方法や、美味しい茶葉を見分ける方法などの学習に力を入れてきたし、日本にいる友人などに中国茶を勧めるときにも、そういうポイントから中国茶を紹介してきた。

しかし。

美しく淹れる、ということも「美味しい」の一つになるんだな。

ということを、この日改めて考えさせられた。

大陸式(北京式?)茶芸ではあるけれど、もう一度DVDを見直して、お手前の方も再度じっくり復習し、誰かに「やってみて!」と言われたら胸を張って淹れられるようにしたいと思います、ハイ。

+++

この日頂いたお茶。

090529_chakai(3)bunzan.jpg  
文山包種茶(台湾烏龍茶)

090529_chakai(4).jpg 
Kさんのお宅にはこの他にも素晴らしい茶器がたくさんあり、
溜息がでるほどだった・・・。
茶葉はともかく、茶器が欲しくなると、
お財布が本当に危険になるので、
なるべく茶器は見ないようにしてきたのに・・・。

大陸にいると、台湾の本当に美味しいお茶に出会うことが少ないのだが、この日頂いた台湾烏龍茶はどれもはっとするほど美味しいものだった。

文山包種茶はとろりと濃く、しかし苦味は全くない。
緑茶のような清々しさもあり、とても美味しかった。

090529_chakai(5)risan.jpg 090529_chakai(6).jpg
福寿梨山茶(台湾烏龍茶)

フルーティーな高山茶。
台湾の烏龍茶は大陸のものに比べて、やはり味が繊細だなぁ、と毎回飲むたびに思う。
(毎回書いているけど、大陸の烏龍茶も大好きだし、とても美味しいと思うのだけど、繊細さにかけてはやはり台湾烏龍にはかなわないと思う…)

090529_chakai(1).jpg 
東方美人(台湾烏龍茶)

あ~!出てしまった!東方美人・・・!
「香檳烏龍(シャンパンウーロン)」の別名もあるほどで、その味は「シャンパン」に例えられるほどのフルーティーさ。(名前の由来には諸説あるが、わたしは個人的に“シャンパン”に例えられるのも納得できる。)

このお茶は数ある烏龍茶の中でも別格だと思っている。(もちろん、美味しいものに限るが。)

大陸の武夷岩茶や、広東烏龍の鳳凰単欉もわたしの中では特別な位置づけのお茶だが、東方美人も他のお茶とは比べ難い「唯一」な味がするお茶だと思っている。

この日頂いた東方美人も素晴らしく、心から「美味しいなぁ」と思えた。

その他、この会にお誘いいただいたSさんが持っていらした鳳凰単欉も頂いた。

美味しい烏龍茶尽くしと、参加されたみなさんとの楽しいおしゃべりで、あっという間に時間が過ぎてしまった。

休日に御自宅を開放してくださり、美味しいお茶とお菓子をごちそうしてくださったKさんに心から感謝します。

また、誘ってくださったSさん、本当にありがとうございました!

+++
 
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。

《週刊中国的生活》 index:レストラン 
《週刊中国的生活》 index:中国茶 
《週刊中国的生活》  index:北京おもしろSpot 

+++  


 


スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/460-a981c3a1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。