スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

自発粉でマントウ&ベーコン巻@北京 

花巻作りが気に入ったわたし。

前回作った生地の満足度が60%ぐらいだったため、ちょっと改良をしてみた。
(一旦冷凍したあと、再度蒸したら蒸したてより美味しくなっていて、80%ぐらいの満足度までUPしたんだけどね。)

前回は自発粉とお湯だけで生地を作ったが、今回はいろいろな料理サイトを閲覧した結果、クリープを入れたら生地がしっとりするという記述をみかけ、その手法を用いてみた。

今回の分量は・・・

自発粉300g/珈琲伴侶 30g/砂糖 大さじ2/塩 小さじ1

これらを前回と同じく32度の湯で捏ねた。

前回は空気が乾燥していたからか、自発粉だけだったからか、なかなか生地がまとまらなかったのだが、今回は湯を200cc入れる前に生地がまとまり出したため、捏ねた時間も10分程度だった。

090522(4).jpg

クリープ的なもの(Nestleだから“Coffee mate”と書かれている。中国語では“珈琲伴侶”)、コーヒーには使わないので瓶で買っても余ってしまうため、個別包装入りの方を買った。これだと開封後固まったりする心配も無い。20包入りだけど、今回の生地作りで10包使った。

シンプルマントウは、禁断のピーナッツバター&バナナで食べたい!
ピーナッツバターも瓶買いすると多すぎるし、食べ過ぎも怖いので、これも個別包装タイプを購入。
BHGではこの個別包装をさらに個売りしていて、1本1元で売っていた。

今回はまずはシンプルにマントウに挑戦。
大きいのは食べにくいので、小さめに。

090522(2).jpg 

うん!この生地の方が前回の生地より理想に近い。
しっとりしていて仄かに甘い。
こういうのが好きなんだよな~。
次回は珈琲伴侶じゃなくて牛乳で作ってみようかな。

おかずマントウとして、ベーコン・黒コショウ入りも作成。

090522(1).jpg 

ベーコン・黒コショウ巻、おかずパンみたいで美味しかった。
これは生地を長方形に伸ばした後、ベーコンを並べて、黒コショウを振り、くるくるっと丸めて切っただけ。
小さめなのでパクパクいけてしまう。

090522(3).jpg 

冷凍保存しても美味しい(いや、したほうが熟成される?)こともわかったので、多めに作っても大丈夫!

北京のみなさんは自発粉で肉まんやピザも作っていらっしゃるということなので、わたしも挑戦してみよう♪

+++ 

090522(5).jpg
お行儀よく並ぶ車。曲がった先もずっと並んでいる。
ちょっと前まではタクシー以外は社用の黒い車ばっかりだったけど、
最近は個人所有のカラフルな車が多い。

 

+++
 
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。

《週刊中国的生活》 index:レストラン 
《週刊中国的生活》 index:中国茶 
《週刊中国的生活》  index:北京おもしろSpot 

+++ 

 


スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/458-24f07bb8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。