スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

《GANGES》のお値打ちランチビュッフェ@北京 

英字フリーペーパーで賞をもらっている、インド料理レストラン《GANGES》のランチビュッフェが平日38元で行われていると伺い、4月下旬、行ってみた。

090522_ganges(9).jpg 
@三里屯Village COLD STONEのビル 3F

《GANGES》は美味しいと評判が高いが、世貿(ThePlace)の店にディナーで行ったとき、ちょっと嫌な経験をしたので、それ以降行っていなかった。
嫌な経験というのは、この店、人気がありすぎて客がたくさん来ていたわけだが、フロアの人数ではさばけない数の客をどんどん入れてしまい、結果、オーダーも取れない、料理も運べない、という最悪の状態に陥っていたのである。

我々も2人だったにもかかわらず、相棒のビールが来るまでに20分、それから更に20分経ってからわたしの頼んだソフトドリンクがやってきて、それから更に20分後最初の料理が来て・・・といった具合。

もちろん、我々も周囲の客も店員を見かければ催促するわけだが、どの席もそんな感じでフロアが全くまわっていない。
短気な中国人客の中にはドリンクだけ飲んで「もう帰る!」と大声で騒ぎだす人も出てくるわ、自分より後に来た客に先に料理が出てくると店員と喧嘩になるわ、で、食事を楽しむどころの騒ぎではなかった。

なんとか料理が出揃い、かなりテンションが落ちた状態でそれらを食べたところ、タイミング悪く店のオーナーらしきインド人がテーブルに近寄ってきて、英語で、

「如何でしたでしょうか?」

なんてノーテンキな笑顔で聞くものだから、怒った相棒が、

「良くないですね。」

とキッパリ返答。てっきり「美味しかったです!」という返事を期待していたオーナーはビックリ!

「Why?」

なんて聞くもんだから、こちらもつたない英語でどれだけひどい食事であったかオーナーに訴えた。
まぁ、訴えたところで、オーナーは自分の責任ではないと思っているのか、謝りもしなかったし料金を割り引いてくれるとか、次回用の優待券くれるとかも無かったけどね。
英語が下手なアジア人だから軽く見られたのかな。

・・・ということがあったので、味は良いかもしれないけど対応が悪い、ということでずっと行っていなかったのだ。(長くてスマソ。)

+++

三里屯のほうは、38元というリーズナブルなランチに係らず、それほどの混み具合ではなかった。
店の雰囲気は、世貿より豪華な感じ。

090522_ganges(2).jpg 

ドリンクを頼まなくても、水をくれるので大丈夫。

090522_ganges(11).jpg 090522_ganges(1).jpg 090522_ganges(3).jpg 090522_ganges(4).jpg 

この日のカレーは左上の4種類。どれも美味しかった。
わたしは以前は《金象》のインドカレーが一番好きだったのだけど、《金象》なき後、ここのカレーが一番好きかも。
やはり評判が高いだけのことはある。

ライスは普通の白いライスと唐辛子味の2種類。
唐辛子の方も、それほど辛くなくて美味しかった。

また、那里花園のパキスタンレストランのビュッフェではナンは出てこないけど、ここではビュッフェにすると店員さんがナンをテーブルまで持ってきてくれる。
ナン好きのわたしとしては、ナンが出てくるのも得点が高い。

※那里花園のパキスタンレストランでも温めたナンがでてくるそうです。
わたしが行ったときは「ナンはありません」と言われたのですが、その時だけなかったのかもしれませんね。コメント下さった方、ありがとうございます!

デザートはライスプティングの1種類。

他にサラダ類も充実していて、店の場所、雰囲気、味を考えると38元はお値打ち!
これだったらリピート有だな。

+++

GANGES

北京市朝陽区19号院
三里屯VILLAGE南区S9-3-3単元


*COLD STONEのあるビルの3F


Ph:6416- 0181, 6416- 6121

※わたしが行ったのは1か月前なので、
ビュッフェは引き続きやっていると思いますが、
行かれる場合は事前にお店に確認してみてください。

  

+++
 
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。

《週刊中国的生活》 index:レストラン 
《週刊中国的生活》 index:中国茶 
《週刊中国的生活》  index:北京おもしろSpot 

+++ 

 

 


スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/457-0fccccbd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。