スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

『棗糕王』の棗ケーキ@北京 

やめられない~止まらない~♪

五道口で偶然見つけてしまい、以後やみつきになってしまった『棗糕王』の棗ケーキ。

090518_zao(3).jpg 
店はこの奥にあるので、看板だけが目印。
場所は、ロータス(スーパー)の手前。
731などのバス停(五道口駅に向かう方向)のすぐ後ろ側。

090518_zao(2).jpg 
これが棗ケーキ

090518_zao(4).jpg 
こんな感じ

棗ベースの生地の中に、クルミ、干しブドウが入っている。

棗の仄かな甘さを感じる素朴な味。

棗だけだと味に飽きてしまいそうだけど、ポイントで入っているクルミや干しブドウがアクセントになって、どんどん食べてしまう。

写真で見たらわかるように、1つが結構大きい。にもかかわらず、一口齧ると口が止まらず、結局1個食べてしまう。おそろしや!
わたしが買うときも、家で食べる分+1個買っている。
何故かというと、お店でほっかほかのこのケーキを手にすると、どうしても一口齧りたくなり、結局その場で1個食べてしまうから。
この「その場で1個」がどうしてもやめられない、止まらない。

このお店では、「売1斤、送半斤」という驚きのサービスと行っているので、ほとんどの客は1斤買い、1斤半持ち帰っている。
1斤(500g)というと、6ピースぐらい。1斤半だと9ピース?何人で食べるんだ?!
買っているのは20代ぐらいの男女が多い。(五道口だからかな。)

お値段は1斤8元と庶民的。

棗は身体にもとっても良いし、これを毎日朝食にしたいぐらいなのだけど、売っている店舗が少ない。

『棗糕王』はチェーン展開しているのだが、安貞橋店、四道口店、五道口店、魯谷店の4つしかないようである。
例の包子屋に続き、ウチの近所に欲しいお店の一つである。

+++

090518_zao(1).jpg 
棗ケーキを買った帰りのバスにて。
お遊戯会で使ったのかな?
お面を額に付けたままバスに乗ってきた小学生男子。

+++

[後日]


SOLANAのBHGで棗ケーキとおぼしきものを発見。

090527_zao(1).jpg 

パッケージには「紅棗泥蛋糕」と書かれているが、商品のPOPには「布朗泥(ブラウニー)」と書かれていた。(「泥」は「ペースト」の意味)
BHGには2種類「紅棗泥蛋糕」が置いてあり、茶色っぽい方は8元、黒っぽい方が12元。
見た感じ、茶色っぽい方は棗ペーストだけで、黒っぽい方にはクルミが入っているようだったので、12元のほうを購入してみた。

090527_zao(3).jpg 

「ブラウニー」と書いてあるだけに、チョコレート片も入っていたりして、「お!」と思ったけど、生地は『棗糕王』のと比べるとかなりパサい。
やめられない、止まらない~というほどの美味しさまでは、残念ながら至らない。

ただ、ちょっとパサいけど、胡桃やチョコの味も入っているので、ちょっとしたおやつ程度に買うのには、リーズナブルで良いかも。

よく見たら近所のローカルパン屋さんにも『棗糕』と書いてあるところがあったけど、なんとなくそこのもパサいような気がして、まだ試していない。
やっぱり『棗糕王』はKINGを名乗るだけのことは、ある。

@@@

ずっと気になってるんだけど、『棗糕(zao3gao1)』って」発音的には「糟糕(zao1gao1)」(“しまった!ちくしょー!”というような意味の言葉)と声調違いで同じなんだけど、『棗糕王』って中国人的には、「ちくしょー王」みたいに聞こえてちょっと面白い、みたいなニュアンスもあるのかな?

ちなみに、わたしは中国語覚えたての頃、「蛋糕(dan4gao1)」と「糟糕(zao1gao1)」がこんがらがって、お菓子を買いに行くときに、

「すみません、“ちきしょー”2つください」

とか、

「あ~!失敗した!ケーキ!」

と悪態をついてしまわないか、いつも気を付けていた。
(留学生同士では、わざと反対に言うのが流行っていて、失敗したときよく「蛋糕!」と叫んでいたけどね。←初級学習者特有の遊び。)

友人は、「蘿蔔(luo2bo):ダイコン」と「菠蘿(bo1luo2):パイナップル」がこんがらがってしまい、

「ダイコン味のヨーグルトください。」

って店先で言ったら、

「没有。」

ときっぱり言われて帰ってきた。
留学生が良く行く店だったので、

「察しろよ。」

と怒っていたけどね。

留学生アルアルネタでした~。

+++
 
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。

《週刊中国的生活》 index:レストラン 
《週刊中国的生活》 index:中国茶 
《週刊中国的生活》  index:北京おもしろSpot 

+++ 

 


 

 

スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おはようございます

ナツメのケーキっておいしそうですね
食べたことはないんですけど、懐かしい味がしそうな気がします、冷たい牛乳とあいそう・・そんなに甘くないのかな?
大根味のヨーグルトも食べてみたい気もしますが・・(ひと口だけ)

上沼恵美子はダメあるよ!

うちの前のローカルスーパーでなつめけーきを買ったら、甘すぎてパス。家庭教師にプレゼントしました。甘すぎないのが食べたい。

>mustacheさん

棗のケーキ、御想像されている通り、懐かしい味なのです。
「牛乳に合う」というイメージもピッタリ!
わたしは甘めの豆乳と一緒におやつや朝食に食べています。

> 大根味のヨーグルトも食べてみたい気もしますが・・(ひと口だけ)

トウモロコシ味のヨーグルトがあるぐらいだから、意外とあったりして・・・!

>みどりさん

『棗糕王』の棗ケーキはわたしには丁度良い甘さだったけど、あくまでわたし基準なので、一般の人には甘いのかなぁ・・・。
BHGで買ったほうは、甘かった。
これは甘過ぎて、たくさん食べるとちょっと気持ち悪くなりそうな味。
やっぱ、KINGの味が好きです。

で、上沼女帝路線はNGですか?


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/451-a354d613

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。