スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

北京蒸篭倶楽部、東郊市場へ。@北京 

2006年(だったと思う)、春節休みに入る前の最後の出勤日の夜、打ち上げ的にオープンしたばかりの(というか、ほとんどまだオープンしていなかった)ラッキーストリートの一番北側の韓国料理レストランで相棒と2人で食事をした。

そのレストランは、当時流行していた『チャングムの誓い(中国語:『大長今』)』の影響で、韓国宮廷料理風の、言ってみれば焼き肉やビビンパではない料理を出していて、メニューはすべてコースのみで、一番安くて250元~ぐらいの設定だったため、お値段が高くてビックリ。

結局一番安いコースを2人分頼んだのだが、これがお値段を裏切らない美味しさだった。

出てきた料理すべて美味しかったのだが、一番覚えているのが、前菜で出てきた蒸篭に入った蒸し野菜。
にんにくが丸ごと1個入っていてぎょっとしたのだが、食べてみたらほくほくでとても美味しくて感激したことをよく覚えている。

その時以来蒸し野菜に興味があったのだが、自分で作るには至らなかった。
その記憶を呼び覚ましたのが、今回の一時帰国時に本屋を歩いていた時に偶然手に取ったこの本。


長尾智子+福田里香著『スチームフード 』 柴田書店

本屋に行くと必ず立ち寄ってしまうのが料理本コーナーで、いろいろ立ち読みしているうちに欲しくなってしまうのが困りもの。
料理本ってオールカラーなので値段も高い。
でも、どれも調理方法に工夫があったりして美味しそう・・・。

今回の本も1900円と少々お高めなのだけど、これで今後自炊のモチベーションが上がり、外食が減れば1900円以上の効果が期待できる…と費用対効果を考え、購入に踏み切った。

北京に戻ったあとは、まずは蒸篭(せいろ)の入手から。

実家でも茶碗蒸しなどの蒸し料理はよく作ってもらっていたが、蒸篭ではなく、スチール製の蒸し器を使っていた。
金属製はお手入れもし易く、衛生面でも安心だし、湿度の高い日本では蒸篭はカビが心配でなかなか購入するには至らなかったのだと思う。

しかし、湿度の低いカラッカラの北京。
蒸篭デビューにはふさわしい場所ではないか!

…ということで、下に置く鍋の直径を計ったのち、ローカルキッチン用品の天国、東郊市場へ。 

090514(3).jpg 

さすが東郊市場!

市場の入口で、いきなりこのお店。

「GO GO COME」→「行け 行け 来い」ってどっちやねん!という突っ込みを入れつつ、先を急ぐ。

090514(9).jpg

しばらく進むと、「東郊市場」と書かれた立派な門が見える。

この手前にあるのが、この建物。 

090514(5).jpg 
東郊厨具批発(キッチン用品卸売り)


090514(6).jpg
その90度の角度で海鮮市場もある。
特に夏は臭いが凄いので、入場注意。

この建物以外にも、特にこれより先はキッチン用品を扱う店がずっと四環のあたりまで続くが、売っているものは大差ないので、まずここで値段等をチェックしてみることにする。

この市場は北京で飲食店を開く人などが厨房の器具や食器などを買いに来る場所なので、おしゃれ食器などはほぼ皆無。
業務用の食器やキッチン用品を取り扱っているので、おしゃれ食器が欲しい場合はIKEAや亮馬河花市場2階の食器市場のほうが良いかと思う。

090514(8).jpg
中はこんな感じ。

店は違っても、取扱商品に大きな差は無い。
値段が多少違うので、値段リサーチはしたほうが良い。

090514(7).jpg
服務員用の制服も取り扱っている。
コスプレな方、ここでも入手できそうです。

今回の目的の蒸篭はすぐに見つかった。

念のため、この建物の外に並んでいるキッチン用品店もいくつか入ってみたが、値段と大きさの合致具合で結局この中の店で購入。

090514(23).jpg 
蒸篭(小) 直径17センチ 1個15元 2段+蓋で計45元
蒸篭(大) 直径27センチ 1個22元 2段+蓋で計66元

調理器具兼食器にもなる蒸篭って、とっても可愛い!

これは杉製なので、森林を散策しているときのようなスッとした香りがする。

満足!満足!

ついでも“ちりれんげ”も購入。

090514.jpg 
1個 8角
安かったので6個買ったが、これが後日結構活躍することに。

東郊市場、他はどんな感じかというと・・・ 

090514(12).jpg 090514(10).jpg 

業務用厨房器具から1個数角のちりれんげまで。

他にホテル用品(タオル等)や使い捨ての弁当箱、カップ等さまざま。

以前行ったときには気がつかなかった製菓用品の専門店をいくつか見つけたのは大きな収穫。

「三能」というメーカーの製菓用品を扱っている店で、ざっと歩いたところ2店舗取扱いがあった。
売っていたのは、ケーキ型、口金、クッキー型、マーマレード型、マフィン型、ハンドミキサー、製菓用ラッピング用品などなど、基本的なものは結構揃っていた。


値段は、ケーキ型で50元前後、プリン型などは1個7元前後と、欧米系のキッチン用品の店と比べるとリーズナブル。

型などは小売もしているが、ラッピング用品等は100個単位ぐらいの卸売仕様になっていた。

【製菓用品取扱店】

1:東郊市場酒店用品一条街14号
北京八意隆商貿中心 三能器具北京専売店

*大望路から入った場合、「東郊市場」の大門を過ぎると正面に「酒店用品一条街」
と書かれた小さな路地のような市場があるのでそこを入り、
しばらく歩いた左手。

2:東郊市場国際酒店用品大庁20-22,51-53
鴻発精品陶瓷酒店用品批発

*大望路から入った場合、「東郊市場」の大門を過ぎてしばらく歩くと
右手に「国際酒店用品大庁」という屋内市場があるので、その中。

市場の敷地内には、屋内市場もいくつか入っている。

090514(13).jpg 090514(14).jpg 
日用雑貨コーナーや結婚式関連用品を扱うコーナー。

090514(16).jpg 090514(17).jpg 
もうじき端午の節句なので、外では粽が売られていた。
ペット用品専門店もたくさんある。

090514(18).jpg  
往年のウーパールーパーを髣髴とさせる
肌色のカエルが売られていた。
かなり気色悪いが、
ペットとして買う人がいるのだろうか?

+++

帰宅後、さっそく蒸篭を使えるように何も入れないで蒸して、木のアク取りを行った。
蒸気が出てくると、部屋中にサウナのような木の香りが充満し、なかなかいい感じ。
モチベーション上がってきた!

ってことで、蒸篭倶楽部の活動報告については、後日UP予定!

あ、蒸篭倶楽部って、わたしが勝手に結成しました。

蒸篭で何でも蒸すクラブ活動です。

参加は自由なので、勝手に入部して、勝手に蒸してて下さい。

美味しい蒸し料理があったら報告お願いします!

090514(24).jpg 

+++

【東郊市場へのアクセス】

バスだったので、市場まん前のバス停である「北京東站北」まで1本で行けたが、地下鉄の場合、「大望路」から歩いても10分ほど。
大望路(新光天地の前から伸びている道)をそのまま南へまっすぐ進めば市場に着く。
今は向って右手の元青果市場だったほうが工事中のようで、キッチン用品市場は左手になる。

090514(2).jpg
東郊市場前の陸橋から見た現代城。
あんな都会的な場所から徒歩10分に、こんなド☆ローカルな市場が
あるなんて、驚き!

市場内にもトイレはあるが、なんせド☆ローカルな市場。夏場はかなり厳しい。

トイレが不安な方は、市場内では我慢し、10分少々歩いて帰りに新光天地まで行けば、綺麗なトイレで用を足すことが出来る。

今回我々は午前中に市場を散策し、ランチは新光天地まで戻り、地下のフードコートで「麻辣香鍋」を食べた。
最先端のブランドを扱う新光天地と、ずっと変わらないような庶民の道具を扱う東郊市場。
両者同時に楽しむことが出来ることに、今の北京が象徴されているような・・・。

090514(20).jpg

+++
 
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。

《週刊中国的生活》 index:レストラン 
《週刊中国的生活》 index:中国茶 

+++

↓ 日本でもいろいろな蒸篭を売っているようです。


   

+++

 


スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

なんて偶然!

私も行ってきましたよ~。同行の北小街さんも蒸籠をさがしていて、彼女は周りに金具がついてて頑丈なのを探してたのですが見当たらず。私は・・・まあ、ブログみてやってください。蒸すのはあのウーウエン先生も絶賛してましたよ。楽しみにしています。

〉陸太太さん

偶然ですね~。同じ日だったのでしょうか?
蒸篭を使っての料理は想像以上に楽しいです!
陸太太のラストスパートはまだまだ続く?!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/447-da7551df

こんなもの買ってマダムの目指す道は!?

連続で買い物に繰り出しました。目指すは北京の台所、東郊市場。同行のお三方は「黄酒」を入れる瓶を探してる人、頑丈な蒸籠を探してる人。そして私は「見つけていいなと思ったら買う人」となっております(笑)。そんな私が買ったのは・・・「羊肉串」専用の・・・なんて...

  • [2009/05/17 07:58]
  • URL |
  • マダムの力宏な日々 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。