スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

《日昌餐館》香港式茶餐庁@北京 

5月10日深夜に北京に戻ったので、翌11日は公安局に居留届の手続きに行かねばらならなかった。

中国在住の皆さんは毎度これをやっているかと思うが、中国では外国人は24時間以上滞在する場合には、入国の24時間以内に管轄の公安局に行き、滞在の手続きをしなければならないことになっている。(空港のイミグレの手前にも各国語で書かれている。もちろん日本語も有。)

これは、ホテルに宿泊する場合も同様だが、ホテルの場合はチェックインするときにこの手続きを同時に行っている。外国人が主に住むマンションでも、入居時にフロントでこの手続きをしてるはずなので、ホテルやサービスアパートメントに住む(泊まる)場合は公安局まで行かなくても良いが、わたしのように普通のマンションに住んでいたり、友人の家に泊まるような場合は、手続きをしなければならない。
(そのためにビザがあるんだから、こんな面倒くさい手続き、要らないと思うんだけどね~。)

まぁ、それで、入国24時間以内に行かなきゃいけないので、11日のAMに公安局へ行った。
今回は更新なので、

・パスポート
・パスポートのコピー(写真のページとビザのページ各1枚)
・マンションの管理部門が発行する居住証明(管理人室に行けばすぐに発行してくれる)

でOKだった。
初回はこれに、大家さんの身分証明書や部屋を借りる証明書などが必要だった。

公安は空いていて、書類の不備もなかったため、10分ほどで手続き終了。

中国で手続きがすーーーーーっと終わると、ほんっっっっとーーーーーーーーーーにほっとする。
むしろ、拍子ぬけするぐらいだ。
10分で終わって良かった良かった。

+++

公安局が朝陽公園西口付近にあるため、昼食はこの辺で食べることにした。

北京復帰後の第一食は、ずっと気になっていたこの店に行きたかった!

090512_richang (2) 
日昌餐館

“香港式の茶餐庁”と聞いていたので、あの香港の裏通りの喧噪の中で食べた料理を思い出し、ずっと行ってみたいと思っていたのだ。

ただ・・・今、この店を検索してみたところ、重大なミスを発見!

わたしが噂に聞いていたのは、よくよく調べてみると、「日昌餐庁」。
あれ?一字違う・・・。

中国のグルメサイトによると、「“不知道跟大名鼎鼎的‘日昌’是不是有关系”,反正做的东西都“差不多”。」(有名な“日昌”と関係あるのか不明だが、料理はだいたい同じ)という評価が書かれているが、ということはこれはニセモノ???

この店の中国人の口コミ評価も、あまり芳しくない。

むー・・・。

わたしは結構美味しいと思ったんだけどね。

そうと分かれば、次回は是非ホンモノの「日昌餐庁」に行ってみよう。

ちなみに、今回食べた料理はこんな感じ。
香港の茶餐庁の雰囲気は出ていたよ。

090512_richang (3) 
芥蘭菜(jie4lan2cai4)の炒め物 10元

090512_richang (4) 
これ、ニンニク炒めじゃなくて、この白い発酵した味噌のようなもので炒めてあった。
白い豆豉みたいな感じで、しょっぱい。
これがとても美味しかった。

090512_richang.jpg
三杯鶏(san1bei1ji1) 30元
土鍋の中で、ぶつ切りの鶏肉と生姜とニンニクを、
「麻油(ごま油)」「酒(米酒)」「醤油」で味付けした料理
日本人受けする味だと思う。
でも、これって台湾料理?
個人的には鹿港小鎮(べラジオカフェ) の三杯鶏が好き。
ここのは肉が小さめだったけど、味付けはOK。

090512_richang (5)
河粉(he2fen3)炒め 15元ぐらい
河粉と
は幅広のビーフン(ライスヌードル)のこと。
タイ料理で言ったらクイティアオ。
もっちりしていて美味しい。
この料理の味付けも麺も美味しく、特に豚肉が柔らかくて美味しかった。

+++

本家の「日昌餐庁」と比べるとどうなのかわからないけど、このお店の料理の単独評価としては、それなりに美味しいと思う。
近所の普段使いの店としてはいいんじゃないかな?

+++


《日昌餐館》

朝陽区朝陽公園南路1-5号
Ph:6593―1078

+++
 
当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。

《週刊中国的生活》 index:レストラン 
《週刊中国的生活》 index:中国茶 

+++



 


スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

私はよく、ホゥハイのところにあるのと、花園路(西のほう)にあるところにいくのですが、(ちなみに日昌餐庁のほうです)、スウィーツ?がおいしいです。ココナッツにフルーツがまぜてあるのはぜひ頼んでみてください!

>yiersan456

日昌餐庁のほう、早くリベンジに行きたいです!

ココナッツにフルーツがまぜてあるのって、「水果[手へん+労]というものでしょうか。
これ、中国のグルメサイトでも推薦メニューに入っていました。
とっても食べたいです!

それです!

プラスティックの麦茶入れるようなボトルで来るので、「多いよ~!」とか思ってると女2人でおしゃべりしながら完食しちゃいます。 女性とのほうがいいかもしれません。
食事中の箸休め的な役割もしてくれます!

が、帰宅後ココナッツミルクのカロリーたるやどんなもんや?と検索をしたらアカン…

>yiersan456 さん

お~・・・大きめなのですね!
ではでは、オーダー時にはスイーツの分も考慮しないといけませんね。

ココナッツミルクってやっぱりカロリー高いんですよね・・・。
タイカレー好きには厳しい現実…。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/443-c9063f6f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。