スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 中国語留学のサポートなら

母の比較的大きめな独り言。 

中国で買った「布団用の生地」で小さめのバックを作ったところ、いつのまにか母・K子が手に取り、鏡の前でポーズをとっている。

K子:「これ、派手かしら…」

K子:「裏の方が地味でいいかしら…」

K子:「カバンが小さいから意外と表の方でもいいのよね。」

と、かなり大きな独り言を発している。

あまりに大きな独り言なので、

わたし:「お母さんも欲しかったら、もうひとつ作るよ。」

というと、慌てて、

K子:「日本にいる時間が短いのに、時間がもったいないからいいよ~。」

と言いつつ、カバンを持って鏡の前で何度もポーズを取っているので、そこまで気に入ったのなら…と思い、急遽もうひとつ作り、母の日のプレゼントとした。

母の日のプレゼントはその時点で特に用意していなかったので、丁度良かったと言えば、丁度良かった。

090510_hahanohi (3) 090510_hahanohi (4)
左:母向け 右:自分用


改良点1:自分用のは持ち手の間の幅が広く、持った時本体にしわができるため、
新作では持ち手の間の幅を狭めた。
また、K子の希望により、持ち手も5センチ長くした。 


改良点2:母はA4書類を持ち運ぶことが多いというので、
A4対応で若干高さを高くした。

+++

K子の独り言は声がデカい。

その数日前、一緒に買い物に出掛けていたところ、花屋の前を通りかかった。
花屋は数日後の母の日に向けて、店頭はカーネーション尽くし。

K子はカーネーションを玄関に生けたかったらしく、店の人を中から呼び出し、カーネーションの値段を聞いたところ、2000円と言われた。

たまプラーザの生協では800円だったので、2000円という値段にビツクリ!

普通はただビツクリするだけだが、そこはK子。

K子:「え゛~~~~~~~!ニセンエン?!」

心の声をそのまま発声。ある意味、サトラレ状態。

花屋:「母の日ですからね~。(困)」

K子:「自分で買うのに~?」

花屋:「(苦笑)」

いやいや、自分で買うとか、花屋さんには関係ないから!

その場に居合わせているわたしとしては「わたしがプレゼントしようか?」と言ってみたものの、母は「高いからいい。」ということで、撤退。

K子、心の声、デカすぎ。

+++

母の日の前日の5月9日。

北京に戻る前日でもあり、それまでの雨も上がり天気も良かったため、最近の雑貨とスイーツ事情を調査するため、自由が丘に散歩しに行った。
駅を出たら、フリマ状態でおじさんが2人、花を売っている。
ふらっと見ていたら、カーネーションの鉢植えが300円。

え?3000円???

と二度見したが、300円。

速効購入し、街をぶらぶら歩いたが、他の店では1800~3000円の花束が売られている。
あのおじさん、なんで300円で売ってたんだろ。

カーネーションも、1000円以上したら「そんなにするんだったら美味しいランチを食べたいわ~。」と言われるので買わないところだったが、300円なら満足価格。

ってことで、母の日、無事にカーネーションとプレゼントを贈呈できた。

めでたし、めでたし。

090510_hahanohi (5) 
今年の母の日プレゼントセット。

+++

090510_hahanohi (6) 
自分用に巻きスカートも作成。
巻きスカートというか、ギャルソンエプロン風で、
下にレギンスなどを穿く感じで着用予定。

090510_hahanohi (7)  
以前プレゼントしたバッグ。

090510_hahanohi (8) 
当時、こういう製法に嵌っていた。

090510_hahanohi (10) 
自分用には、古い帯を切り取り、ビーズやスパンコールでデコった
バックを作成した。 (かなり以前)

+++

090510_hahanohi.jpg 
K子が作ったラズベリー・ムースケーキ。
出発の日に食べてきた。
美味しかった。

090510_hahanohi (2) 
大井町駅。

+++


 

当ブログにエントリーした情報をindexページに纏めました。

《週刊中国的生活》 index:レストラン 
《週刊中国的生活》 index:中国茶 

+++




スポンサーサイト

[PR] 中国語留学のサポートなら

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://weeklychinalife.blog103.fc2.com/tb.php/441-ba9ebbe7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。